美容スペシャリストな自分になるために

2017年3月9日更新

セラピスト

未経験でも遅くはない! 主婦とセラピストを両立して働く方法とは


安らぎと癒しを提供する「セラピスト」は、女性から人気の高い職業の1つ。特に取得必須の資格がないので、「未経験」でも働けるんですよ。中には、主婦の方で空いた時間にセラピストとして働いている人もいるそう。主婦とセラピストの仕事の両立ができるんですね。
 
そこで今回は「セラピストと主婦を両立して働く方法」をご紹介。具体的にどのようにして両立できるのか、また元セラピストが職場に復帰する方法、主婦にはありがたい支援制度まで説明していきます。

セラピストと主婦は両立できるの?

主婦の方は育児や家事があるので、働ける時間にはどうしても制限がありますよね。ですが実際には、主婦でもセラピストとして働いている人はいるんですよ。例えば、午前中に家事など主婦としての仕事を終わらせて、午後からサロンに出勤して夕方の17時、18時くらいまで働いているそう。時間の都合さえつけば、両立して働くことは何の問題もないんですね。
 
アロマセラピーサロンやリラクゼーションサロンなどのセラピストを対象にした求人を見てみると、「主婦・ママさん歓迎」と謳っているところが多くあります。その勤務時間は「4、5時間からOK」や「週2、3からOK」など、主婦の方でも働きやすい条件になっているんですね。もし「働ける時間が少なくて不安…」という人は、サロンに相談してみるのもいいでしょう。セラピストは女性の多い業界で、主婦に対しても融通を利かせてくれる現場が多いので、都合のいい時間帯に働くチャンスは多いんですよ。
 

セラピスト経験者が職場復帰するには?

以前セラピストとして働いていたものの、出産や育児などで離職してしまった…という人もいますよね。もう一度セラピストとして働きたいのなら、上述したように「主婦・ママさん歓迎」といった記載がある求人に応募するといいでしょう。そこでセラピストの経験があると、「経験者」として待遇面で優遇されることもありますよ。例えば、未経験での入社になると、スタート時の時給は900~1,000円と定めているサロンが多いですが、実務経験があったりセラピストの資格を持っていると、1,000~1,500円と高めに設定されることもあるそう。
 
またサロンによっては30代、40代でも積極的に採用しているところもあります。主婦業が落ち着く時期は人それぞれですが、ようやく働けるようになっても「年齢のせいで働くサロンがない…」なんてことはないので、安心してください。
 
中には「どこに勤めればいいかわからない」という人がいると思いますが、そういった人に向いているのは“セラピスト向けの求人を紹介してくれる”登録制のサイトですね。ここは「未経験者」や「経験者」といった事情ごとにあなたにあった職場を紹介してくれます。もちろん「主婦」の場合でも、うまく両立して働けるような就業先を提案してくれるはず。
 

主婦に向けた支援制度

子どもを抱える主婦でも安心して働けるように、主婦に向けた支援制度を設けているサロンはいくつもあります。例えば、子どもから目が離せない年頃のお母さまでも働けるように、サロン内に「保養所」や「託児所」を設置しているところや、勤務後の育児に影響が出ないように「残業なし」としているサロンも多数ありますよ。また特にありがたいのは、児童手当を支給してくれるサロン。例えば扶養している子ども1人につき5,000円を支給してくれるようなサロンもあるので、シングルマザーの主婦の方にはとても助かる制度ですよね。
 
また時間があまりない未経験の主婦を対象にした「セラピストの研修」をしてくれるサロンもあります。講師のスタッフがセラピストに必要な基礎の技術や知識、接客マナー、集客ノウハウまで指導してくれるので、セラピストデビューをしたい主婦の方にはうってつけです。
 
画像出典:Ann / Sophia Helping Seniors Paint(from Flickr, CC BY 2.0)Cluster Munition Coalition / Art therapy(from Flickr, CC BY 2.0)US Embassy Canada / Healing(from Flickr, CC BY 2.0)

セラピストの関連求人

セラピストになるための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!