美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月16日更新

美容師

美容師さんっていつからいるの…? 美容師の歴史を学ぼう!


髪の毛は意外と早いスピードで伸びてくるもの。めんどくさくて、つい理容室や美容室に行かないでいると、だんだんうっとうしくもなってきますよね。はるか昔の人たちも、伸びてくる髪をどうにか手入れしていたはずです。では、はるか昔の時代にも美容師っていたのでしょうか?
 
ヘアカットが仕事として誕生したのは、なんと紀元前3000~4000年頃、文明が進んでいたエジプトだと言われています。今からおよそ5000年前のこと。その時代から現在まで続いているって、ちょっとびっくりですよね。今回はヘアカットのプロ・美容師の歴史を学んでいきたいと思います。

日本のヘアカットの歴史

日本でも、髪を手入れする仕事は1100年頃の鎌倉時代から確認されているのですが、現在の理・美容室とは仕事が少し違いました。日本では男性も女性も「髪結い」の文化があり、当時の、現代でいうスタイリストさんたちの仕事は髪を結うことだったのです。髪を結うサービスを行うお店の名前も「髪結い所」。
 
髪結いさんの仕事が現代の形に近づいてくるのは、明治時代の頃。髪型を自由にしてもよいという「断髪令」が出され、髪結いのヘアスタイルが文化だった日本に大きな転機が訪れます。その後は外国の文化がどんどん入ってくるようになり、徐々に個性的なヘアスタイルも誕生していきます。
 

美容師の誕生

初の美容学校誕生

外国文化の影響を受けて少しずつ現代の形に近づいてきたヘアスタイルですが、「美容師さん」の誕生はいつからなのでしょうか? 現在、理・美容師になるには勉強して免許を取得しなければなりませんが、大正時代には日本で始めての美容学校が誕生しています。1913年、東京に「東京女子美髪学校」が設立され、髪結いの技術も引き続き継承しながら、髪のプロが誕生していきました。この学校では髪に関するだけのことにとどまらず、すでに現在のエステに近いような施術も教えていたそうですよ。長い間髪結いの文化だった日本ですが、その後も同じような学校が次々と設立され、技術はぐんぐん上がっていきます。

「美容師」の誕生

皆さんは、理容室と美容室、どちらでヘアカットしてもらいますか? 理容室では、顔そりをやってもらうことができますが、美容師は顔そりをすることができず、両者は免許ではっきりと分けられています。日本では大正時代から学校が続々と誕生し、さまざまなヘアスタイルも生まれていきましたが、理容師・美容師が免許で区別されるようになるのは、まだもう少し先のこと。
 
1947年に理容師全般の職務や資格を規定する「理容師法」が誕生し、10年後、1957年になると理容師法から独立する形で「美容師法」が誕生しました。現在、この法律には理容師と比べて美容師の仕事を「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること」と定められています。“キレイにするためのヘアカット”が仕事の美容師ですが、約60年前に、今の形での美容師が誕生していたのですね。
 

カットの革命・ヴィダル・サスーンカット

皆さんは、普段ヘアワックスを使いますか? 毎日使うという人も多いと思いますが、ワックスを使わなくても、オシャレに見せられる髪形もありますよね。しかし、そんな髪型も美容師たちのカット技術のおかげ。1950年代に美容師が誕生した当時は、ヘアカットよりもスタイリングでキレイに見せるということが主流の技術でした。現在、美容室に行けばあたり前のようにパパッと髪を切ってもらえますが、その技術も、長い時間をかけて開発されてきたものなのです。
 
カット技術の革命とも言えるのが、ドライヤーやヘアアイロンのブランドで知られる、イギリス生まれのイスラエル人、ヴィダル・サスーンが編み出した「サスーンカット」です。現在世界中で主流になっている、髪の毛をブロック分けしてピンで留め、その髪の毛を、ハサミを持っていないほうの手の人差し指と中指で挟むように持ち、指のすきまから約1センチの厚さで引き出して切る技術は、彼が開発したものでした。日本には1980年代頃、この技術がヨーロッパから到来し、ヘアカットの技術は大きく進化していきます。
 

ヘアカラーの時代

サスーンカットによって格段的に進化したヘアカット技術。1990年代を迎えると、今度は日本でヘアカラーが大流行し始めます。カラーも始まるとなると、もう現在の美容室と全く変わりませんよね。1990年代のカラーブームは「第1次カラーリングブーム」と言われているのですが、2000年代をむかえると、今度は「第2次カラーリングブーム」がはじまります。カラーは髪を痛めるものですが、髪に優しいカラー剤や髪を痛めない美容師の技術の開発などが進み、ヘアカラーも一般的になってきたのです。
 


 
 
美容師の歴史を学んでみると、何千年も前からはじまったヘアカットは、近年ものすごいスピードで進化していることがわかります。これからも、美容師の皆さんの努力により、新しい技術やスタイルがたくさん生み出されていくのではないでしょうか。

美容師の関連求人

美容師になるための情報まとめ

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情

美容師ってモテそうなイメージがありますが、土日の休みが取りづらく、朝早く夜遅い職種なので、恋人を作る時間もないという人も多いようです。

空いた時間で学べる「通信制度」の秘密とは? 美容学校の「通信課程」について徹底分析!

美容学校と聞くと専門学校のように学校に通って、仲間達とヘアカットやスタイリング、カラーリングなどの実技を磨いていくイメージが強いですよね。かなり忙しいし、お金がかかるとも耳にした人もいるかもしれませんが、ちょっとお手ごろな「通信課程」があるのをご存知だったでしょうか?

ハサミは形だけじゃない! 切れ味や長く使えるかどうかは素材が重要

美容師の腕を大きく左右する仕事道具の“ハサミ”。ハサミの形や大きさによって切れ方や特徴が変わってきますが、実はハサミの“素材”にも大きな違いがあることを知っていますか? 素材によってハサミの切れ味が変わったり、どのぐらい持つかということが大きく変わっくるのです。

美容師のハサミってどこで買えばいいの? その疑問にお答えする“美容師のハサミの購入方法”

みなさん、普段ハサミってどこで買っていますか? 「いやどこでも売ってますよ」っていう返事が返ってきそうですが、実は美容師が使うハサミはどこでも売っていないんです! 最近では通販やネットオークションなどで比較的簡単に買えるようになってきましたが、基本的に美容師用のハサミって一般の人は購入できないんです。

自分にぴったりのシザーケースを選ぼう! 選び方とオススメブランド

美容師が仕事をするために必要不可欠な“ハサミ”。カットやヘアスタイルに合わせてハサミの種類を変えることも多いので、何本かを使い分けている人がほとんどですよね。でも、ハサミを変える度に収納場所まで行って取り替えるとなると、ちょっと面倒くさい…。

美容師に必要な最終学歴

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師になるためには専門の資格が必要です! 資格や取得条件など事前に確認しておきましょう

美容師として働くには、国家資格が必要です。そのためには、美容学校へ入って勉強しなければなりません。でも、美容学校に入るには中卒でも大丈夫なのでしょうか?そこで、美容師になるために必要な学歴についてお伝えします。

美容師になるには -美容師のお仕事

美容師というと華やかなイメージのある職業。 一方、生活に欠かせない身近な存在でもあり、人をキレイにする美容のプロとして、代表的な職種といえるでしょう。

美容師免許取得編 -美容師になるには

美容師になるための必須条件は、美容師国家資格を取得しなくてはいけません。受験者数は年々減少傾向にありますが、合格率は上がっています。

「美容師免許をなくした…」そんな時はすぐに再発行! 美容師免許の再交付や変更などの方法とポイント

美容師という仕事をするにあたって、美容師免許は不可欠です。国家試験合格後に申請手続きをしてやっと免許が交付されるので、初めての美容師免許の申請を困惑しながら行ったという人もいるかもしれません。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート! 初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。「これからがんばるぞー!」と意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

美容師のお給料が安いってホント!? 役職別に給与・年収の実態を知ろう!

体力仕事の上、お給料も安いと言われている美容師ですが、その給与が実際にどのくらいなのか正確な数字を知らない人も多いのではないでしょうか? ある程度きちんとした数字を知っておけば、自分の将来計画も立てやすくなりますよ。

国際化の波が美容師にも押し寄せる!? 転職にもプラスになる美容院での接客英語

美を扱う職業として大人気の美容師という仕事。自分の技術を高めるために、ヘアメイクアーティストとして海外に留学・就職する人も多いですね。そんな時に必要なのが“英語力”。

ここでのミスが一番の痛手!? 美容師国家試験当日の持ち物&服装に気をつけろ!

試験対策もばっちり済ませて自信満々! という状態でも、怖いのが“忘れ物”ですよね。学校の近くまで来て「あっ、あれ忘れた…」なんて思っても、戻るのには時間が無くて間に合わない…なんて、誰もが一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?

毎年2万人以上が受験する「美容師国家試験」の合格率や基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

実力が今、試される!「美容師国家試験・実技試験」について詳しく解説!

美容師国家試験の本髄とも言える「実技試験」。限られた時間の中で自分の納得いくものを仕上げるのは中々難しいもの。しかも、試験官の厳しいチェックが入っていると思うと余計に緊張しますよね。

過去問つきで解説! 美容師国家試験の“筆記試験”の詳しい内容をチェックしよう!

美容師になるために避けては通れない「美容師国家試験」。その関門のひとつ“筆記試験”は、まさに記憶力との勝負です。2年間、美容学校でみっちり覚えてきたことを何回も復習して覚えなければいけないので、勉強が苦手な人はちょっと憂鬱かもしれません。