美容スペシャリストな自分になるために

2016年4月16日更新

美容師

美容師のハサミってどこで買えばいいの? その疑問にお答えする“美容師のハサミの購入方法”


みなさん、普段ハサミってどこで買っていますか? 「いやどこでも売ってますよ」っていう返事が返ってきそうですが、実は美容師が使うハサミはどこでも売っていないんです! 最近では通販やネットオークションなどで比較的簡単に買えるようになってきましたが、基本的に美容師用のハサミって一般の人は購入できないんです。
 
じゃあどこで買えばいいの? という人のために、今回は美容師のハサミの購入方法をご紹介。通販はもちろん、実店舗での購入方法に加えて、中古販売などの情報も載せているので、参考にしてみてくださいね。ハサミのお手入れ方法、使い方や持ち方についても解説しているので、購入した後に読んでも役に立つはずですよ。
 

 

美容ディーラーから購入する

「美容ディーラー」という職業があるのをご存知ですか? 美容ディーラーとは、美容専門の商品やサービスをメーカーから買い取って、理容師や美容師、店舗やサロンに販売する人のこと。扱う商品もカラー材やシャンプーといったものから、ハサミやパーマのための器械など、幅広く扱っているところが多いようです。「美容ディーラー」とは理・美容師の人やサロンにとっての商社のような存在なんですね。そんな美容ディーラーは商品補充や新商品の説明などでサロンや専門学校などを定期的に訪問してくれるので、その時にハサミを購入することができます。美容ディーラーによって取り扱うハサミのメーカー種類は異なりますが、実際にハサミを見て購入できるのが嬉しいところですね。
 

じっくりゆっくり選びたい! という人にオススメの買い方とは?

美容ディーラーから購入する場合、実際のハサミを見ることはできますが、気になるメーカーや欲しい種類のハサミがないということも。時間も限られているので、その場で購入を決められないということも多いようです。安くても数万円、高ければ数十万円の買い物になるので、ゆっくりじっくり選びたいですよね。そんな人にオススメなのが、実店舗での購入です!
 
ただしこれらのお店は普通のお店とは違い、会員でないと入れないことがほとんど。美容用品の卸問屋がお店をやっていることが多いため、一般の人は入ることができない場合が多いようです。理容師や美容師に加えて、理容・美容に関係する職業の人、あるいはそれらに関連する分野の学生であれば会員として認められることが多いようなので、事前に登録しておくのが賢明。また、ハサミメーカーが運営しているショールームに出かけていき、相談や試し切りをさせてもらいながらじっくりと自分に合ったものを選ぶのもおすすめです。
 

岡本商會

大阪と東京に店舗をもつ美容専門の卸問屋。美容・ネイル・エステや化粧品を中心に美容用品を豊富に取り揃えています。もちろんハサミも取り扱っており、同社オリジナルのハサミに加えて、異なるメーカーのハサミを実際に手にとって見ることができます。会員以外の人はお店に入ることができないので、事前の会員登録が必ず必要。一部の商品は通販での購入も可能です。
 

マスダ増

1945年創業の総合卸売り商社で、ハサミなどの美容・理容材料に加えて、アクセサリーなどの装飾品も豊富に扱っている会社です。お店は東京都日本橋。同社は日本橋の店舗で登録手続きを行っていますが、美容用品のバイヤーかあるいは美容サロンに関係している人のためのお店のため、学生や一般の人は入店できないとのこと。会員登録には書類も必要なので、何が必要なのか事前に確認してから来店してみましょう。
 

GAMO B-zone

青山や横浜など、関東を中心に11店舗を展開するビューティープロショップ。日本国内の理容業・美容業の仕事をしているスタッフと、理容・美容専門学校の生徒さんのためだけの会員制ショップです。ハサミやコームなどの美容師には欠かせない仕事道具をはじめとし、美容関連の書籍なども取り揃えているB-zone。購入金額の10パーセントをポイント還元してくれる嬉しいサービスもあります。
 

ミズタニシザーズ

東京青山と千葉松戸にショールームを持つミズタニシザーズは、創業1921年の理美容師から高い信頼を受け続ける理美容鋏メーカーです。機能性とファンション性を兼ね備えたハサミは海外での評価も高い。青山通り沿いのミズタニのショールーム「モヨ・コネクション」では、実際にウイッグを切って150種類以上あるハサミを試ことができ、カスタマイズの相談も気軽にできる場所になっています。

光邦シザーズ

東京渋谷と大阪にショールームを持つ光邦シザーズは、職人の技術が光るフィット感の良さと、飽きの来ないデザイン、重みがあることで安定感の増す切れ味が人気で40年以上にわたり理美容師に信頼されてきたブランドです。ショールームでは、実際にハサミを試して購入することができる他、ハサミの修理についても対応しているそうです。

近くにお店がない! という人には通販がオススメ

付き合いのある美容ディーラーはいるけれど、気になるメーカーや欲しい種類のハサミを取り扱っていない…。あるいは、近くにお店がないという人は通販での購入を考えてみてはどうでしょう? 美容ディーラーが運営する通販サイトやメーカーが直接販売してくれる通販サイトなどでも、ハサミを購入することができます。
 

アクシスシザーズ

アクシスシザーズは、値段が高くて当たり前だったプロ用ハサミをネット通販&大量仕入れすることにより、低価格化を実現したハサミメーカーです。1万~3万円という安価な価格帯で買えるわりに、その切れ味と質には定評があります。関東の若手スタイリストを中心に人気急上昇中のメーカーです。


 

ハサミ屋はやし

ハサミ屋はやしは、鋏研ぎ師の店長が長年の経験から選び抜いた有名シザーメーカー14社2000種類以上を取り扱うプロ用ハサミの専門店です。実店舗は石川県にあります。メーカー、サイズ、形、価格帯から探せて目的のハサミを選びやすいサイトになっています。ハサミを最良の状態で安心して使えるようにと、出荷前に店長が丁寧に検品・調整してから出荷するというのが特徴です。


 
インターネット通販なら中古のハサミを購入することも可能。でも「値段は安くて良いけど、中古ってなんだか心配だなぁ」って、思っちゃいますよね。美容師用のハサミの中古を販売するのは、ほとんどが研ぎ師さん。そのため、販売されている中古品もあらかじめ研磨や調整をしてくれています。また、ハサミメーカー自身がリメイクした中古品やアウトレット品の販売などもあるので、安心して購入できます。
 
ほかにも、ネットオークションなどを通して個人から中古品を購入するという方法もあります。ただ、ハサミの状態や良し悪しが分かりにくいこともあるので、これら方法で購入するときには注意が必要です。
 

美容師が使うハサミの値段って?

ハサミ(シザー)は美容師にとって最も大切な商売道具のひとつ。美容師の使うハサミは髪を切るという用途に特化した専用のアイテムで、日常生活で使うハサミとは刃の形や材質、ハンドルの形などが異なっています。そのため値段も普通のハサミとは違い、相場としては数万円から数十万円までとかなり高額。また、ハサミの種類によっても値段の差があるようです。
 
最もベーシックなステンレスタイプのハサミだと、3~7万円ほどと比較的安く購入できます。ですがコバルト合金のハサミになると、5万円以上するものも多いようす。その代わり錆びないという特徴があり、切れ味も鈍くなりにくいというメリットがあるんですね。また、耐久性が高いダマスカス鋼という素材を使ったハサミの場合、10万円前後するものが一般的で、数十万円するような高価な商品も。そしてハンドルの形状によっても値段は異なり、持ち手がねじれていて様々な動きに対応してくれる3D型のハンドルがもっとも高価で、10万円以上するものも珍しくないようです。
 

美容師用ハサミの“研ぎ”について

美容師用のハサミは通常のハサミより切れ味が良いといっても、毎日使っていれば段々“研ぎ”が悪くなっていくもの。そこで最低でも一週間に一度はお手入れを行うことが推奨されています。自分でお手入れをする場合、シカなどの皮を油でなめしたセーム革とハサミ専用のオイルが必要になるので、事前に用意しておきましょう。
 
手順としては、まずはカットの際についた汚れをティッシュなどで落とすところからスタート。続いて、刃と刃が結びついている接点やネジにオイルを塗りましょう。ここまで準備できたら、次はセーム革を使って刃の接点を丁寧に磨きます。また、刃自体も刃元から刃先に滑らせるように拭き取り、最後にティッシュなどを使ってきちんと切れるかどうかチェックしてあげればOK。
 
また、より念入りなお手入れ方法として、お店でハサミを研いでもらうという方法もあります。大体数千円で研いでもらえて、1週間以内で手元にハサミが戻ってくるようなので、定期的にメンテナンスしたいところですね。

美容師用ハサミの持ち方・使い方について

美容師用のハサミは持ち方や使い方も、通常のハサミとは異なっています。まずは基本ですが、親指と中指ではなく、親指と薬指を通して持つのが一般的。この時、どちらの指もあまり深く入れずに細かなコントロールができるようにしておきましょう。そして実際にカットを行う際には、親指だけを動かすのがポイントです。親指を通したほうの刃を「動刃」、薬指を通したほうの刃を「静刃」と言うように、片方の刃だけを動かしてカット中に刃がブレないようにするんですね。
 


また、ハサミの角度を一定に保つことも重要です。様々な方向からカットをすることになりますが、その時にお客様の頭に対して刃が一定の角度になるよう心掛けないと、いびつな段が出来たりカットラインが斜めになってしまいます。とはいえハサミを自由自在に使うには、筋力やコツを身につけることが必要。自分の体の一部のように使えるようになるのを目指して、練習をしっかり積んでいきましょう。

美容師用ハサミの通販・中古品について

通販でハサミを買う際に気をつけるべきは、デザインや有名なブランドだからといった理由で選ばないことです。用途に合っているか、自分の手に合うかどうかが何より重要なので、素材や形状、サイズをよく調べてから購入するといいでしょう。
 
また、中古品でハサミを購入するという方法もありますね。とはいえ美容師用のハサミは繊細に作られていて、ちょっとした衝撃で不具合が生じてしまうもの。ネットオークションなど、商品の状態についてはっきり分からないものは避けたほうがいいかもしれません。
 
専門のハサミショップや研ぎ師、ハサミメーカーによる中古販売も行われていて、そうした場合にはきちんと研いでお手入れしてあることがほとんど。サイト内に説明があるはずなので、商品の状態が問題ないと確認してから購入するようにしましょう。
 


 
 
美容ディーラーから購入する、ショップで実物を見てみる、通販で探してみるなど、さまざまなハサミの購入方法を紹介しました。美容師のハサミを購入するときは高価な買い物になることが多いと思うので、いろいろな方法で探してみるのが良いかもしれませんね。

美容師の関連求人

美容師になるための情報まとめ

美容師とお客様が恋に落ちる!? 時間のない美容師の恋愛事情

美容師ってモテそうなイメージがありますが、土日の休みが取りづらく、朝早く夜遅い職種なので、恋人を作る時間もないという人も多いようです。

空いた時間で学べる「通信制度」の秘密とは? 美容学校の「通信課程」について徹底分析!

美容学校と聞くと専門学校のように学校に通って、仲間達とヘアカットやスタイリング、カラーリングなどの実技を磨いていくイメージが強いですよね。かなり忙しいし、お金がかかるとも耳にした人もいるかもしれませんが、ちょっとお手ごろな「通信課程」があるのをご存知だったでしょうか?

ハサミは形だけじゃない! 切れ味や長く使えるかどうかは素材が重要

美容師の腕を大きく左右する仕事道具の“ハサミ”。ハサミの形や大きさによって切れ方や特徴が変わってきますが、実はハサミの“素材”にも大きな違いがあることを知っていますか? 素材によってハサミの切れ味が変わったり、どのぐらい持つかということが大きく変わっくるのです。

美容師のハサミってどこで買えばいいの? その疑問にお答えする“美容師のハサミの購入方法”

みなさん、普段ハサミってどこで買っていますか? 「いやどこでも売ってますよ」っていう返事が返ってきそうですが、実は美容師が使うハサミはどこでも売っていないんです! 最近では通販やネットオークションなどで比較的簡単に買えるようになってきましたが、基本的に美容師用のハサミって一般の人は購入できないんです。

自分にぴったりのシザーケースを選ぼう! 選び方とオススメブランド

美容師が仕事をするために必要不可欠な“ハサミ”。カットやヘアスタイルに合わせてハサミの種類を変えることも多いので、何本かを使い分けている人がほとんどですよね。でも、ハサミを変える度に収納場所まで行って取り替えるとなると、ちょっと面倒くさい…。

美容師に必要な最終学歴

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師になるためには専門の資格が必要です! 資格や取得条件など事前に確認しておきましょう

美容師として働くには、国家資格が必要です。そのためには、美容学校へ入って勉強しなければなりません。でも、美容学校に入るには中卒でも大丈夫なのでしょうか?そこで、美容師になるために必要な学歴についてお伝えします。

美容師になるには -美容師のお仕事

美容師というと華やかなイメージのある職業。 一方、生活に欠かせない身近な存在でもあり、人をキレイにする美容のプロとして、代表的な職種といえるでしょう。

美容師免許取得編 -美容師になるには

美容師になるための必須条件は、美容師国家資格を取得しなくてはいけません。受験者数は年々減少傾向にありますが、合格率は上がっています。

「美容師免許をなくした…」そんな時はすぐに再発行! 美容師免許の再交付や変更などの方法とポイント

美容師という仕事をするにあたって、美容師免許は不可欠です。国家試験合格後に申請手続きをしてやっと免許が交付されるので、初めての美容師免許の申請を困惑しながら行ったという人もいるかもしれません。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート! 初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。「これからがんばるぞー!」と意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

美容師のお給料が安いってホント!? 役職別に給与・年収の実態を知ろう!

体力仕事の上、お給料も安いと言われている美容師ですが、その給与が実際にどのくらいなのか正確な数字を知らない人も多いのではないでしょうか? ある程度きちんとした数字を知っておけば、自分の将来計画も立てやすくなりますよ。

国際化の波が美容師にも押し寄せる!? 転職にもプラスになる美容院での接客英語

美を扱う職業として大人気の美容師という仕事。自分の技術を高めるために、ヘアメイクアーティストとして海外に留学・就職する人も多いですね。そんな時に必要なのが“英語力”。

ここでのミスが一番の痛手!? 美容師国家試験当日の持ち物&服装に気をつけろ!

試験対策もばっちり済ませて自信満々! という状態でも、怖いのが“忘れ物”ですよね。学校の近くまで来て「あっ、あれ忘れた…」なんて思っても、戻るのには時間が無くて間に合わない…なんて、誰もが一度は経験したことがあるのでは無いでしょうか?

毎年2万人以上が受験する「美容師国家試験」の合格率や基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

実力が今、試される!「美容師国家試験・実技試験」について詳しく解説!

美容師国家試験の本髄とも言える「実技試験」。限られた時間の中で自分の納得いくものを仕上げるのは中々難しいもの。しかも、試験官の厳しいチェックが入っていると思うと余計に緊張しますよね。

過去問つきで解説! 美容師国家試験の“筆記試験”の詳しい内容をチェックしよう!

美容師になるために避けては通れない「美容師国家試験」。その関門のひとつ“筆記試験”は、まさに記憶力との勝負です。2年間、美容学校でみっちり覚えてきたことを何回も復習して覚えなければいけないので、勉強が苦手な人はちょっと憂鬱かもしれません。