美容の求人、転職情報が満載! 求人・転職情報を毎日更新!

エステティシャンとは人を美しくする美容のお仕事

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

エステとは

美とはなにか、その美しさの性質はいかなるものか、といった問題について極める学問を‘美学(エステティック)’と言います。
エステティックの本質は、「美しくありたい」「若々しくありたい」という欲求や願望を実現することにより、人々に幸せと満足感をもたらすこと。
そのため、エステティックは病気や怪我の治療ではなく、「肌や身体を健康的で美しい状態に保持、保護すること」です。 現在、エステティックとは「全身美容」という訳語が当てられているように、髪を除く全身の手入れを指します。
さらに人の心に満足と心地よさと安らぎを与えるなど、リラクゼーション効果も期待されています。一般的に健康な人に対して行います。

お仕事内容

エステティシャンの仕事は、人が美しくあるためのお手伝い(ケア)をすること。
そのエステティックを行う店がエステティック・サロンであり、施術を行う専門技術者が、エステティシャンです。
より美しく見せることを目的とし、一人ひとりの異なる肌・身体・心の状態を踏まえながら、手技、化粧品、器具、機器等を用いて行います。
エステの領域は大きく分けると、4つ。

  • フェイシャル
  • ボディケア
  • 脱毛
  • カウンセリング

サロンによって、全てを行う場合と、一つの施術に特化しているサロンもあります。

フェイシャル

小顔ケア、美白ケアなどのフェイシャルトリートメントは エステティシャンの仕事の基本です。
ハンドのみならず、目的に合わせて器具や機械を使用して、顔を中心としたお手入れをするのが、エステティシャンとしての仕事の大前提です。

ボディケア

全身の肌の手入れとプロポーションに関わるケアも大切な仕事です。
マッサージをハンドで行う施術や、マシンを使って脂肪を除去する施術を行います。
マッサージ技術だけでなく、マシンも上手く使いこなす必要があります。

脱毛

部分的な脱毛から、体全体の脱毛を行います。専用ワックスを使う施術方法と、脱毛用のマシンを使用する方法があります。
安全に施術を行うために、取扱い技術を身につけておかなければなりません。

エステティシャンになるには

エステティシャンの資格には国家資格・公的資格はありません。
そのため、エステティシャンの仕事は資格がなくても始められる職業です。
スキルの目安として民間協会の認定資格を取得するエステティシャンが多数います。
エステティシャンは人間の身体にかかわる職業。
人体の構造や皮膚の知識、さらに仕事の道具である化粧品、美容機器の取扱いについての正しい知識が必要です。

スクールや専門学校、通信教育など教育機関が多数あり、エステティシャンの技術・知識を一から身につけられます。
近年では、エステサロンが自社でスクールやアカデミーを併設し、エステティシャンの育成を行っている所も多数。
個人サロンでも、未経験から受け入れ、研修、OJT教育を行うサロンが増えており、エステティシャンになる方法は広がっています。
様々なタイプのサロンがあります→ エステティシャン未経験者歓迎の求人情報はこちら

向いている人

エステティシャンは人を美しくする職業です。美容に興味があることはもちろん、自らも美容を心がけるなど、自己管理が必要です。 OLさんなど仕事を持った人の利用者も多いため、エステサロンのほとんどが営業時間は昼頃~21時、22時頃まで。予約制を採っているサロンが多いので、残業はほとんどありませんが、ほぼ立ち仕事ですので重労働と言えるでしょう。 体力と精神力、そして「お客様をキレイにして喜ばせたい、笑顔にしたい!」という気持ちのある方に、おすすめの職業です。

エステ業界の特徴と将来性

エステが一般的に広まり始めたのは19世紀後半から20世紀初頭にかけて。
現在では年齢も属性も幅広くなり、多くの女性が定期的にエステサロンへ通うようになっていたり、男性の利用者も徐々に増えています。
それに伴いエステティシャンは、今後ますます需要が増えると言われている職種です。
人気のエステサロン、エステティシャンのメディアへの露出も増え、エステ業界への注目度も上がっています。
女性が多く活躍している業界です。これを踏まえ、大手企業をはじめ、女性が働きやすい制度や福利厚生が整っているサロンが多数。
産休・育児休暇はもちろん、復帰もスムーズに行えるサポートがあるなど、長く活躍できる環境を提供するサロンが増えています。
健康や美への関心の高まりを受け、成長・進化し続けているエステ業界は市場規模も確実に広がることが見込まれます。

関連ページのリンク