美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月20日更新

エステティシャン

備えあれば患いなし! エステサロンやエステティシャン向けの保険


エステティシャンとして働いていると、どれだけ気をつけていても怪我や荷物の紛失といったトラブルは避けられないもの。トラブルが起こったとき、治療費や慰謝料といったものをお店や個人単位で負担するのはとても大変ですよね。ですが実は、そういったトラブルに備えられる、エステサロンやエステティシャン向けの保険があるんです。
 
エステティシャンの入れる保険にはエステティシャン個人の施術に関するものと、エステサロンの店舗に関するものがあり、またその補償内容も様々。ここではそうした保険の内容について、どんなトラブルに対応しているのかなどを具体的に見ていきましょう。

どういうトラブルが起こるの?

そもそも、エステサロンではどういったトラブルが起こりやすいのでしょうか? まずは起こりがちなトラブルの数々を紹介します。

施術ミスによるトラブル

直接お客様の肌に触れるエステは、ちょっとしたミスによって怪我をさせてしまうことが十分あり得ます。美容サービスの内容はエステサロンによって様々ですが、たとえば脱毛による火傷や、フェイシャル美容サービス(フェイシャルマッサージ、クレンジング、マッサージなど)で薬剤による炎症が起きるといったことが考えられます。

エステサロン内の事故

お客様が美容機器のコードに足を引っかけて転ぶ、濡れた床で滑ってしまう、段差につまずくなど、エステサロン内の設備によって負傷するのもよくあることです。

預かり品の紛失や破損

エステサロンでは来店されたお客様から荷物を預かり、クローゼットなどに保管するのが一般的。その際、何かの手違いで預かったものを汚したり失くしてしまうこともあり得ます。

化粧品が原因で起きるトラブル

化粧品はその人の体質によって合わない場合も良くある、デリケートなもの。サロンで化粧品などを販売・提供した際、炎症や肌荒れといったトラブルが起きる可能性があります。

その他のトラブル

駐車場内でお客様の自動車を移動しようとして、どこかにぶつけて傷をつけてしまうといった車のトラブルや、従業員がお客様のプライバシーを公衆の面前で話して、訴えられてしまうといったことも稀にあるようです。
 

保険の種類

そうした様々なトラブルに対応するための保険には、どういったものがあるのでしょうか? エステに関する保険には、エステティシャン個人の施術に関する保険と、エステサロンの店舗に対しての保険、また保険会社によってはそれらを組み合わせた保険プランなどもあります。

エステティシャン個人に向けた保険

「日本治療協会」が提供している、エステティシャン個人に向けての保険に「エステティシャン賠償責任保険」というものがあります。これは施術場所や営業形態に関係なく、エステ業務を行っている人が利用できるもの。内容としては、フォトエステ、セルライトへの施術、脱毛、ボディ美容サービス、フェイシャル美容サービスなどでお客様に損害を与えた場合の賠償を保証してくれるものです。1年あたり20,000円弱で入ることができるので、万一のために入っておくと安心ですね。

エステサロンの店舗に向けた保険

「日本治療協会」はほかにも、「エステサロン賠償責任保険」というエステサロンの店舗に対する保険も提供しています。内容としては、施設の欠陥や管理の不備による事故「施設賠償責任」に対する保証や、お客様から預かった荷物の紛失・破損「受託物賠償責任」に対する保証、店舗で販売・提供をした商品による損害「生産物賠償責任」に対する保証です。
 
また、この保険には加入条件として、店舗にいる1名以上のエステティシャンが「エステティシャン賠償責任保険」に加入している必要があります。そのため両者に併せて加入するのがオススメです。なお、年間保険料は1店舗当たり約25,000円程度で入ることができます。
 

複合的な保険

「サロン保険ネット」が提供している「サロン店舗賠償責任保険」は、エステサロンだけでなく理美容室やまつげエクステ、ネイルサロンといったサロン業務を行う店舗全般に対しての保険。個人についての補償と店舗についての補償、合計6つからお店に合ったものを組み合わせ、自由に保険プランを作ることができますよ。
 
6つの補償は、お客様を怪我させてしまった場合の「施術事故補償」、施設内で発生した転倒による怪我に対する「店舗管理事故補償」、店頭販売商品についての「生産物賠償補償」、そのほか「一時預かり品補償」、「火災・盗難損害等補償」や、火災などで店舗を修理するために休業した場合の損失をカバーする「休業損害補償」があります。
 


プランの例として、エステサロンであれば、「施術事故補償」+「店舗管理事故補償」+「生産物賠償補償」+「一時預かり品補償」がスタンダードプランとしてあり、年間約1万7千円ほどで申し込むことができます。開業の際に加入するのであれば、このスタンダードプランに「火災・盗難損害等補償」と「休業損害補償」をつける開業安心プランがオススメですよ。

そのほかのトラブルに関する保険

「AIU保険」で提供している「理美容・エステ総合賠償責任保険」には、お客様からお預かりした自動車に傷をつけてしまった場合の「受託自動車に関する賠償リスク」についての補償
や、従業員がお客様の名誉を棄損したり、プライバシーを侵害したりして訴えられた場合の「人格侵害に関する賠償リスク」に対しての補償などもあります。様々なトラブルを想定して、必要だと思ったら利用してみましょう。
 


 
 
施術に関するトラブルや自然災害、荷物の紛失といった万一の時に備える保険は、安心してエステサロン業務を行うために欠かせません。店舗の規模や来客数、従業員の人数などに合わせて、お店や働き方に合った保険プランを選びましょう。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。