美容スペシャリストな自分になるために

2016年7月7日更新

エステティシャン

あなたも20キロのダイエットに成功できるかも!? SNSで大人気のモデル・ヴィエンナの美容法


2014年の来日から大活躍中のタイ×香港のハーフモデル、ヴィエンナ。抜群のスタイルとまるでお人形さんのようなキュートな顔立ちは、女子たちの憧れの的です。彼女のツイッターのフォロワーは16万人を超え、そのメイクやファッションはつねに注目されています。
 
今ではスレンダーな姿を惜しげもなく披露しているヴィエンナですが、数年前まではなんと今よりも20キロも太っていたとのこと! 今回は美しいスタイルを手に入れるためにヴィエンナが実践したダイエット法やメイク法がどんなものなのか、見てみましょう。

ヴィエンナのダイエット法

水分補給

食事前に水分を摂ると満腹感が出やすいことから、ヴィエンナは食事前に必ず水か温かい飲み物で水分補給をしているそうです。「ジュース絶対に飲まない」「たくさん水分とる」と自身のTwitterで公表しているように、カロリーのない飲み物をたっぷり摂ることが大切ですね。また、水分を摂ると基礎代謝が高まり、痩せやすい体も作れます。水自体にはダイエット効果はありませんが、ダイエットの助けになることは間違いありません。

ストレスを溜めない

ダイエット中いちばんツラいのは、好きなものを自由に食べられないことですよね。かといって、なんでもかんでも我慢し続けていると、それがストレスになってダイエットの邪魔になってしまうことも。ストレスが溜まると基礎代謝が下がり、痩せにくい体になるので本末転倒なんです。
 
そこでヴィエンナが提案しているのは、「1/4ダイエット」。お菓子を食べたくなったら我慢せずに食べるんです。ただし、食べるのは1/4だけ。これならばお菓子を食べたい欲とダイエットしたい欲に上手く折り合いがつき、無理なく続けられそうですよね。

ダイエットごはん

「低カロリー・低脂肪・高たんぱくの食事をとる」「ごはんは玄米か雑穀米を選ぶ」「炭水化物減らす」とTwitterで言っているヴィエンナ。食事は毎日摂取するもので、体作りの基本になるので、確実に痩せたいならしっかりと食生活を管理しないといけないんですね。
 

適度な運動

「筋肉増やして痩せやすい体目指す」という目標を掲げるヴィエンナは、筋トレを積極的に行っています。筋トレは無酸素運動であり、直接的にはあまりダイエットと関係ありません。ですが筋肉を増やすと、基礎代謝も良くなるので、痩せやすい体を作りたいなら筋トレは必須。がっしりとしたマッチョな体つきになってしまうんじゃないの? と心配する人もいるかもしれませんが、女性はもともと筋肉がつきにくいので、アスリート並みの筋トレをしない限り、女性らしさを残しつつ筋肉をつけることができますよ。
 


20分以上続けると脂肪を燃焼する効果が期待できる有酸素運動も、ヴィエンナは欠かしません。週に2~3回ジムで1時間走り続けたり、ジムから45分かけて歩いて帰ったりしているようです。いきなりこれを真似するのは難しいと思いますので、まずはゆったりとしたペースでできるウォーキングから始めてみるのも良いかもしれませんね。

ヴィエンナのメイク法

ドーリーメイク

ヴィエンナのメイクで有名なものといえば、大きな目を生かす“キャットライン”です。キャットラインとは、目尻のあたりでキュッとアイラインを跳ね上げて作る、まるで猫の目のように見せるメイク。つり目を作るメイクなので顔立ちがキツく見えがちですが、ヴィエンナの場合はふんわりしたピンクのチークと愛らしい赤リップを組み合わせることで、ドーリーなかわいらしさを演出しています。
 

コスプレメイク

ディズニープリンセスが好きなヴィエンナは、わりと頻繁にコスプレメイクも披露しています。髪・眉・リップを赤で揃えたあとブルー系のアイシャドウを使うことでアリエル風にしたり、ブルーグレイのアイシャドウ+濃い目のアイラインに薄いピンクのリップを塗ってシンデレラ風にしたりと、まるで本物のプリンセスのようないでたちには「かわいすぎるって!」「メイクでいつもと全然違く見えた! キレイ」とうっとりする人が続出中です。
 


ドーリーメイクもコスプレメイクも、ポイントは目元です。アイシャドウでキレイにグラデーションを作り、アイラインを太くなりすぎないように目尻に向かってきっちりと引くとヴィエンナのような目元にできますよ。
 
 
ダイエットもメイクも、1日にしてならず。毎日のちょっとした努力の積み重ねによって、ヴィエンナは今の美しさを手に入れているんです。めんどくさーい! なんて思わずに、ヴィエンナを目指して今日からがんばってみませんか?

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。