美容スペシャリストな自分になるために

2017年2月21日更新

エステティシャン

サロン全体の運営から電話対応まで! 店長として働くエステティシャンのお仕事とは?


「フェイシャル」や「痩身」「脱毛」といったサービスによって、人々の“美”を手助けするエステティシャンですが、その働き方や役職は様々。エステティシャンの職場として一般的な「エステサロン」だけ見てみても、「アルバイト」から「チーフ」、「店長」まで様々な立場のエステティシャンがいます。
 
そこで今回は店長として働くエステティシャンについてご紹介。仕事内容や給料事情、また店長になる方法なども取り上げていきます。エステティシャンとしてキャリアアップを目指す方は是非参考にしてみてください。

エステティシャンが働くエステサロンの店長

ここではエステサロンで働く店長が、実際にどのような業務をこなしているのか紹介します。そもそも店長の基本的な役割はサロン全体の運営で、お店全体のサービスを向上し、売り上げをアップさせることが目的です。そのために店長は店舗の目標を設定したり、どのようなサービスを提供していきたいかというお店全体の方針も考えていきます。
 
また、そうした方針をお店のスタッフ全員に浸透させていくのも店長の仕事の1つ。持ち前のコミュニケーション力やトークスキルでスタッフ全体をまとめあげ、それと同時にスタッフのモチベーションを維持したり、優れた人材の育成にも取り組んでいかなくてはなりません。
 
その他スタッフ全員のシフト管理や電話対応、売り上げの集計や管理といった諸々の事務作業も立派な店長のお仕事です。これらの業務に加え、マッサージなどエステティシャンとしての実務をこなす場合もあるので、店長には管理能力からエステティシャンのスキルまで幅広い能力が求められるんですね。
 

エエステサロンで働く店長の給与

エステサロンで働く店長の給料事情は、サロンの規模や売り上げによっても様々なようです。しかし同じ正社員として働く他のエステティシャンとくらべると、やはり店長の給与は多めに設定されています。例えばあるサロンでは一般のエステティシャンの基本給が月に最低20万円なのに対し、店長の場合は少なくても25万は貰えるというところも。なかには入社6カ月で月給50万に到達するような店長もいるようですよ。
 
また「店長手当」という形で店長に給料を支払っているサロンもあります。エステサロンには「技術手当」や「店販手当」など、基本給にプラスしてもらえる様々な手当があるのですが、そういったものの1つとして「店長手当」、または「役職手当」がつくようです。
 

エステサロンで店長になるには?

では、エステサロンで店長として働くためにはどのような方法があるのでしょうか。エステティシャンの求人を見てみると、「エステティシャンのスタッフとして就職しキャリアアップ」するか、「いきなり店長として就職」するという二つの道があるようです。

 
まずキャリアアップしながら店長を目指すという方法ですが、エステサロンのなかには「スタッフ→チーフ→リーダー→店長」と同じスタッフの中でもランクを設けているところがあり、お店のなかでキャリアアップしていけるようになっています。上のランクに行くための条件はお店によって様々で、「カウンセリング」や「アロママッサージ」といった技術の他、法律や衛生管理などの知識も問われるとのこと。なかには上のランクに進むための試験や、講習などを行っているサロンも
 
次に店長としていきなり就職するという方法ですが、店長を募集しているサロンの求人をみてみると「店長、もしくは管理職経験のある方歓迎」や「ワードやエクセルの基本操作ができる方」といった様々な条件が掲載されてます。店長になるにはエステティシャンとしての経験も重視されるのですが、基本的な事務作業の能力や、マネージメント・店舗経営の知識も求められるようですね。
 
とはいえ、店長になるために必要な資格はとくにありません。店長として就職するには資格の有無よりも、イベントの企画・実行や、社員の労務管理、予算の決定といった「管理職としての経験」の方が求められているようです。また、スタッフ皆の声を聞いたり、顧客の要望を汲み取ったりするための、高いコミュニケーション能力やリーダーシップなども重要になってくるでしょう。
 
画像出典:WorldSkills UK / Aromatherapy(from Flickr, CC BY 2.0)The Canebrake / Massage Room(from Flickr, CC BY 2.0)Hotel Zora Primosten Hotel Zora Primosten / Massage_03(from Flickr, CC BY 2.0)

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。