美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月2日更新

アイリスト

アイリストなら常識! “まつ毛パーマ”の特徴や長持ちさせる方法


マスカラにホットビューラー、つけまつ毛やまつ毛エクステなど、まつ毛をキレイに整える方法にはたくさんの種類があります。その中の一つがまつ毛パーマ。知名度は低いですが、実はまつ毛に与えるダメージが少ないという利点があり、手軽に美しい目元を手に入れることができるんですよ。
 
まつ毛パーマは、専用のパーマ液を使いまつ毛にカールを記憶させる施術のこと。自分のまつ毛を最大限利用して、自然で美しいパーマを手に入れるために、メリット・デメリットや長くまつ毛パーマを維持する方法などを見ていきましょう。

まつ毛パーマってどんなもの?

ロットやビューラーで好みのまつ毛の形に合わせて、まつ毛パーマ液でカールをつけることをまつ毛パーマと言います。時間が経っても取れにくいビューラーをする、と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。キレイな目元を保ちつつメイク時間も短縮できるので、メイクに時間をかけたくない、ナチュラルでキレイなまつ毛を手に入れたいという人にはオススメですよ。
 
まつ毛パーマの施術方法には2種類あり、ロッドを巻く方法とビューラー式に挟む方法があります。ビューラー式に挟む方法は、そこまでまつ毛に角度がつかなくても化粧が楽になる程度の仕上がりになればいいと考えている人にオススメ。ロッドを巻く方法は、カールの角度がつきやすいので思いっきりまつ毛を上向きにしたい人に適しています。ロッドを使う場合は、技術者のテクニックによって仕上がりが大きく変わってくるので、サロンがどちらの施術方法を使っているのか確認することも大切ですよ。
 

まつ毛パーマのメリット

まつ毛パーマのメリットはとにかく楽なこと。それでは一体どんな部分で楽ができるのでようか? ここではまつ毛パーマの快適さについて紹介していきたいと思います。

長時間キレイなカールが保てる

個人差があるものの、まつ毛パーマは1カ月以上カールが持続します。同じようにサロンで施術してまつ毛を整えるまつ毛エクステが3週間前後しか持たないのに比べて、一度施術したら長い期間維持できるのがまつ毛パーマのいいところ。サロンに行く頻度が少なくなるのはとても楽ですよね。

化粧の時間が短縮できる

まつ毛をカールさせているので、当然ビューラーを使う時間が短縮できます。中にはまつ毛を持ち上げることで二重になる人もいるので、専用のテープや化粧品で二重をつくっていた人にとってはその時間が短縮できるのでお得ですね。

お手入れが簡単!

まつ毛パーマは自分のまつ毛をカールさせているだけなので、目元を触ったりメイクを落としたりするときに気を遣いすぎなくても大丈夫。クレンジングや洗顔についても、いつも通りに行っていいというのはうれしいですよね。また、まつ毛パーマには水や湿気に強いという利点も! ビューラーだと雨や汗で下がってくるまつ毛がずっと上を向いていてくれるわけですから、思わずテンションも上がってしまいます。
 

まつ毛パーマのデメリット

楽でいいこと尽くしのまつ毛パーマですが、もちろんデメリットもあります。次は、まつ毛パーマのデメリットや注意点について紹介していきたいと思います。

まつ毛が痛む

まつ毛エクステやつけまつ毛に比べるとダメージは少ないものの、専用の薬剤を使っているのでこの薬剤次第ではまつ毛に大きなダメージが加わってしまうことも。刺激の強い薬剤を使っているサロンを避けるために、サロンに行く前に口コミなどをチェックしておくことも大切ですよ。

まつ毛自体の量と長さは変わらない

自分のまつ毛にカールをかけているだけなので、基本的に長さやまつ毛の量は変わりません。まつ毛エクステやつけまつ毛のように、アイラインやマスカラなしでばっちりアイメイクができる、というわけではないので注意しましょう。

まつ毛がばらけてしまう

3週間くらい経つと、新しく生えてきたまつ毛が伸びてカールの向きがばらばらになってしまうことも。まつ毛の向きには個人差があるので気にならない人もいますが、できるかぎりばらけるのを防ぎたい人はカールの当て方をナチュラルな程度にとどめておいた方がいいですよ。

目のトラブルの原因に!

炎症を起こしていたり目にかゆみがあるときなど、目が弱っているときにまつ毛パーマをすると、さらに悪化させてしまう原因に。まつ毛パーマの薬剤は通常のパーマ剤よりさらに強い薬品を使っているので、目に入るととても危険です。自分でまつ毛パーマができるキットなども売っていますが、なるべくサロンで施術してもらうようにしましょう。
 

まつ毛パーマを長持ちさせるためには?

せっかくパーマをかけたんですから、なるべく長い間パーマを維持したいですよね。何回も施術しているとどうしてもまつ毛にダメージが出てしまうので、1回の施術でなるべく長期間持たせられる方法を紹介していきます。

なるべく引っ張ったりこすったりしない

まつ毛をそこまで気にして生活しなくていいのもまつ毛パーマのメリットですが、それでも引っ張りすぎやこすりすぎはパーマが取れる原因になってしまいます。なるべくまつ毛を触らないように注意しましょう。

うつぶせで寝ないように注意!

まつ毛パーマは寝ている間にダメージを受けていることも。特にうつぶせに寝てしまう人はまつ毛がつぶれて、その形で癖がついてしまいます。寝相はどうしようもないかもしれませんが、なるべく気をつけてみてください。一度濡らしたり、美容液をつけることでまつ毛を整えることもできるので、きちんとケアするようにしておきましょう。

まつ毛トリートメント

まつ毛のダメージ予防としてまつ毛トリートメントもオススメ。乾燥しているまつ毛はちょっとした刺激で切れやすくなってしまうので、朝晩まつ毛トリートメントをすることでまつ毛をキレイで健康な状態に保てますし、健康なまつ毛はカールも長い間持続してくれます。
 


 
 
ナチュラルでくるんと上向きのまつ毛を手に入れられるまつ毛パーマは、オフィスワークをしている女性や男性に人気が高いそう。目立つのは避けたいけれど、さりげなくキレイなまつ毛を手に入れたいという人はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アイリストの関連求人

アイリストになるための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。