美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月11日更新

ネイリスト

プチプラからネイリスト御用達のハイブランドまで! ネイルポリッシュのブランド


シャネルやクリスチャン・ディオールといったハイブランドのものから、100円均一ショップで売っているプチプラのものまで、ポリッシュの種類はとてもたくさんあります。ポリッシュはいくつあっても欲しくなってしまうけど、どれが良いのか迷っちゃいますよね。
 
たとえばボーダーネイルを作るなら2色以上のポリッシュが必要になりますし、グラデーションネイルにいたっては3~4色使うことも! そこで、ネイルアートをする上でどんなポリッシュがオススメなのか見ていきましょう。

ハイブランドはさすがの発色

シャネル

鮮やかなレッドの「エクスプレシオン」をはじめとするCHANELのポリッシュは、ビビットカラーがそろっています。発色の良さはもちろんのこと、四角くてころんとした容器が可愛いということで人気。派手めな色だけではなく、ヌーディなベージュ「フレンジー」や「スクレ」といった色もあるので、TPOに合わせて使い分けると良いですね。
 

イヴ・サンローラン

重ね塗りするごとに違う表情を見せてくれる「ラ ラック クチュール グロッシー」が大ヒットしてします。爪にシロップを落としたような甘く透明感のある仕上がりに。高級感のあるゴールドの容器も人気のひとつ。限定品が多く早めに売り切れてしまうことが多いので、ゲットしたい人は公式サイトなどでチェックしましょう。
 

クリスチャン・ディオール

ナチュラルなカラーを取り揃えているのがディオールのポリッシュ。ほんのりピンクや上品なベージュなど、日常使いしやすいものが多いです。プロ仕様のブラシで塗るとジェルネイルのような仕上がりになるので、ネイル初心者でも塗りやすいかもしれません。毎年限定品が出るので、そちらにも注目したいですね。
 

街で買えるお手頃ポリッシュ

アナ スイ

ドレスやベルをかたどったキュートなボトルがアナ スイの何よりの特徴です。カラー展開もとても豊富で、2015年から発売されたBELLS RINGだけでもなんと56色もあります。プレーンなものだけではなく、ラメが入ったものもあるので、ポップなネイルを作る上で活躍しそうですね。
 

RMK

RMKのポリッシュは、パール系、ラメ系、クリア系の3つの質感から選べます。発色が美しいイエローやチェリーといったビタミンカラー、ミルキーなパステルカラーが人気。爪の健康に一役買ってくれる、保湿効果の高いマカデミアナッツオイル配合なのがうれしいですね。また、塗りやすい平筆タイプなのも人気の理由です。
 

リンメル

キャンディのようなかわいいカラーから、大人っぽいスモーキーなカラーまで、種類豊富なリンメル。リンメルのポリッシュには、珍しいグレー系統があります。高配合された顔料のおかげで、1度塗りでも美しく発色します。速乾性にもすぐれているので、ネイルを塗った後の待ち時間が短く感じられるかもしれません。また、お値段が600円(税抜き)というのもお財布に優しくてありがたいですね。
 

コーセー ネイルホリック

350円前後のプチプラでありながら日本製であるというのが、ネイルホリックが人気の理由です。豊富なカラー展開に加えて、2015年にはフローズンシュガーのような質感のポリッシュも発売されました。トップコートな不要な上に、リムーバーで簡単に落とせます。手軽にネイルを楽しむなら、ぜひとも購入しておきたいアイテムですよね。
 


 
 
高いものになればなるほど高品質になるかと思いきや、プチプラでも良いポリッシュはたくさん。どうしても欲しいと思うカラーはハイブランドで、お試しで使ってみたいものはプチプラのもので、というふうに使い分けをすることをおすすめします。いろいろなものを使って、皆さんが自分に合ったポリッシュが見つかりますように!

ネイリストの関連求人

ネイリストになるための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。