美容スペシャリストな自分になるために

逆に困惑してしまう「私服OKの面接」! どんなことに気をつければいいの?


リクルートスーツをばっちり揃えて、就活のための準備は万端。でも企業側から「面接は私服でも良いですよ」などと言われ、逆に困惑してしまった…そんな経験をしたことがある人も多いんじゃないでしょうか。
 
そこで今回は「私服OKの面接」の時に気を付けておきたいことをご紹介。具体的な服装のチョイスや避けたほうがいい服装、ファッションセンスが問われるアパレル企業の面接で気を付けるべきことなどを取り上げていきます。

着ていく服はオフィスカジュアルが無難

一般的な職業の面接で私服OKと言われた場合、カジュアルな印象になりすぎないオフィスカジュアルを着ていくのが無難です。そのため女性ならジャケットかカーディガンがオススメで、派手すぎないデザインのものを選ぶとよいでしょう。さらに清潔感を演出するため、カラーは白や黒、ベージュなどシンプルで落ち着いたものを選ぶと面接官に好印象を与えられるはず。もちろん、露出が多かったり着崩れてしまう服はNGです。カジュアルでありながらもある程度は真面目さをアピールできるような服装がベストだと言えます。
 
ちなみに男性の場合、オフィスカジュアルの基本はジャケット。ボトムはデニムなどのワーク系は避け、チノパンやスラックスを選ぶとよいでしょう。ジャケットの中には襟のついたシャツを着ればベストですが、基本的にはシンプルなものなら何でも大丈夫です。ただし無地のものでも、襟元が大きく開いたものは不真面目な印象を与えてしまうので避けるのが無難。
 

「私服でも良いですよ」と「私服で来てください」の違いに注意

この2つの違いで一番気を付けなければならないのは、スーツを着ていってもいいのかどうか。基本的には「私服で来ても大丈夫ですよ」と言われた場合には、企業側からの配慮だと思われるのでどちらでも構いません。ファッションに自信がないという人は「面倒だからスーツ!」でも大丈夫です。しかしこの場合、おそらく同じ面接に臨む人のほとんどがスーツで来ると予想されるため、「個性をアピールするために私服をチョイス」なんて戦略も良いかもしれません。浮いてしまうのは避けるべきですが、ほどほどに目立てるように考えるとよいでしょう。
 
その一方、「私服で来てください」と言われた場合には事情が変わってきます。企業側に「面接を受けた人に社風を理解させるため」や「その人の個性を見たいから」といった狙いがあると予想されるため、スーツ着用は避けたほうがいいんです。

脱いだコートはどうすればいいの?

冬場の私服面接などでやり場に困るコートですが、室内に入るまでは脱いだコートは腕にかけておくのが基本的なマナーです。部屋に入ったあとは面接官から指示がある場合もありますが、特にない場合は綺麗に折りたたんでカバンの上に置いておきましょう。なお、コートは会社に入る前には脱いでおくのがベスト。間違ってもコートを着たまま受付に行ってしまってはいけません。
 
また、着ていくコートはシンプルなものが好まれます。スーツでの面接の時にも着られる「トレンチコート」はもちろんおすすめ。その他オフィスカジュアルで鉄板とされるピーコートなども選択肢に含まれます。
 

センスが問われるアパレル系の面接

アパレルなど私服のセンスが問われる職種の面接では、着てくる私服も評価項目に入ります。なので気合の入ったファッションに仕上げたいところですが、多くの人がやってしまいがちなのは“奇抜すぎる”ファッションになってしまうこと。アパレルといえども面接の場であることには変わりないので、落ち着いた服を着てくるのが大前提。その上でセンスのある服装を求められるので難しいところです。
 
そこでアパレル系の面接では、サンダルやアロハシャツなどラフすぎる格好は避け、清潔感のあるキレイ目な服装をチョイスしましょう。またハットやピアスといったNGアイテムがあったりするので、個性を出すためには事前の情報収集が重要となります。