美容スペシャリストな自分になるために

会社で友達を作るにはどうすればいいの? 作り方・付き合い方のポイントとは!

出典:ぱくたそ(www.pakutaso.com) [photo すしぱく/モデル 大川竜弥・Lala*]


会社での休憩時間やアフターファイブ、あなたはどう過ごしていますか? いつも一人でランチを食べ、仕事が終わったらまっすぐ帰宅してしまうという人も多いかもしれません。会社は学校や遊び場ではないのだから、そこで友達を作る必要はない、職場に友達はいらないという考えも確かに一理あります。
 
ですが、会社に友達がいると仕事をする上でお互い助けあったり、励ましあったりと支えとなる場面が多くあるもの。いい職場環境は、いい人間関係から作られるものでもあります。そこで今回は会社での友達の作り方、そして付き合い方を見ていきましょう。

会社に友達がいるといいワケ

そもそもなぜ会社で友達を作ったほうがいいと言われるんでしょうか? まず会社に友達がいると、職場でのストレスが大きく軽減されるという点が挙げられます。休憩時間に他愛ない雑談や愚痴を聞いてもらったり、忙しいときには苦労を分かちあえるのはとても心強いもの。失敗したときや上司に怒られたときに慰めあうことができるのも魅力ですね。お互いに支えあえる友達が会社にいることは、自分のためにもいいことばかりです。
 
そして、友達と一緒に仕事をすることによって、仕事の効率アップにもつながります。自分のことをよく分かってくれている相手であれば、細かい説明をしなくても意図を汲んでくれたり、また遠慮なくアドバイスをしてくれたりと、一歩踏み込んだ関係であるからこそ仕事が捗りやすくなるはずですよ。
 

出典:ぱくたそ(www.pakutaso.com) [photo すしぱく/モデル 大川竜弥・OZPA]

友達を作るためにはまず会話から

では実際に職場で友達を作るために、何をすればいいのでしょうか。まず大事なことは、会社内の色々な人と積極的にコミュニケーションをとることです。挨拶から始まり、連絡や伝達事項だけでなく、「今日のスカート、似合ってますね」「そのキーホルダー可愛い!」など、目についたものを褒めてみたり、「眠そうだけど大丈夫?」など普段と違う様子を気にかけてみたりと、相手をよく見れば会話のきっかけはどこにでも潜んでいるはずです。
 
少しづつ距離が縮まったと感じたら、今度は「お昼一緒しない?」とランチに誘って、仕事中より長い時間会話を楽しんでみましょう。食べ物の好みやファッションの話、異性の好みなど、まずは自分の話から持ち掛け「あなたはどう思う?」と相手の話を引き出すのがポイント。始めから相手の趣味を根掘り葉掘り聞きだそうとすると、相手も聞かれたくないことがあるかもしれないので注意が必要です。また、自分の話ばかりになると相手を飽きさせてしまうのでバランスが大切ですね。
 
そして、ここで何か共通の趣味や好みを見つけられれば、もう友達になれたも同然です。アフターファイブにショッピングに出かけたり、共通の趣味についての情報交換をしたりと、毎日の会話がぐっと盛り上がるはず。なお、仕事中に気軽に話しかけることができない場合は、会社の新年会や忘年会、社員旅行などの行事に積極的に参加してみましょう。仕事から解放された同僚となら、もっと打ち解けた話ができるかもしれません。
 

出典:ぱくたそ(www.pakutaso.com) [photo すしぱく/モデル 大川竜弥・Lala*]

職場でできた友達との付き合い方

以上の方法で職場に友達ができた人、また以前から仲のいい友達が職場にいる人でも、会社での友達との付き合い方はプライベートとは違う配慮が必要です。仕事中の雑談は度が過ぎると仕事に支障をきたし、周りや上司に迷惑が掛かります。会社はあくまで仕事をする場所なので、仕事とプライベートでしっかり線引きできるように気をつけましょう。
 
また、せっかく仲良くなったから休日にも会いたい! とこちらが思ったとしても、相手にも相手の都合があるもの。中には休日に職場の人と会うと仕事を思い出すから嫌だ、と感じる人もいます。相手との距離感を見極めるのも、いい友達づきあいのためには必要です。
 
もし会社の友人が人事異動や転職などで同じオフィスや会社から去ってしまうことになっても、そこで疎遠にならずに関係を続けていくことをオススメします。今はメールやSNSなど連絡をとるのは簡単なので、定期的に近況報告をしたり会う機会を設けられるといいですね。もしかしたら友達の友達は友達、といった要領で人脈が広がるチャンスかもしれませんよ。