美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月8日更新

特集

最強の美容技・ブラシーボ効果! 思い込むだけでキレイになるってホント!?


 あなたはプラシーボ効果という言葉を知っているだろうか。本当は薬でも何でもないものなのに、絶対に効くと思い込むことによって効果を発揮してしまうという“偽薬”効果が、プラシーボ効果と呼ばれている。「ホントにそんなことありえるの…?」と疑ってしまう人もいるだろうが、ネット上にはこの方法を活用してキレイになったという声が多く上がっている。
 
 プラシーボ効果は病気を治すためだけでなく、美容にも活用できる。たとえば世間には、様々な美容効果を謳うサプリメントや美容食品などがあふれている。その効果を信じて、「これを飲めば絶対に痩せられる!」「お肌がツヤツヤになるはず!」と思いながら使うことによって、実際にダイエット効果や美肌効果が得られるというのだ。逆に「こんなの効くわけない」と疑いながら使うと、本当は商品の効果が高かったとしても十分に効果が発揮されない…なんてこともありえるとか。
 
 さらに、プラシーボ効果はスキンケアやマッサージなど、普段のお手入れを行う際にも有効。このコスメを使えば必ず肌荒れが良くなるとか、小顔マッサージをすれば本当に顔が小さくなると信じて毎日お手入れをしている内に「あれ、本当に美人になってるかも…?」と効果が実感できてくる。
 
 また、メイクをする際には鏡を見ながら「私はかわいい」と何度も唱えてみよう。プラシーボ効果が発揮されれば、単なる思い込みではなく、実際にかわいくなっていくことができるそうだ。その他にも、プラシーボ効果で食事をしても太りにくくなるという驚きの説まで。「こんなに食べたら太るかも」と罪悪感を抱きながら食べると本当に太っていくが、「普段運動してるから太らない」と固く信じていればなぜか太らない、と経験者は語っている。人の体はストレスを感じると暴食したり、代謝が悪くなったりして太ってしまうもの。そんな「ストレス太り」を避けるためにも、思い込みの力は有力だと考えられる。
 
 それでもやっぱり「思い込むだけでキレイになれるなんて信じられない!」という人はいるだろう。だが、「絶対に痩せる」と思ってダイエットに臨めば、きっとモチベーションも長続きするはず。ネガティブでいるよりもつねにポジティブでいたほうが美人に近づけると、様々なモデルも語っている。本当だとすればまさに最強の美容法なので、試してみてはどうだろうか。
 
画像出典:Miranda Roux / Mirror (from Flickr, CC BY 2.0)