美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月12日更新

特集

あの芸能人も愛飲してる!? 美味しいだけじゃない「甘酒」の美容効果!


 栄養価が高くカラダにいいと最近じわじわ注目を集めている「甘酒」。ビタミンB群やアミノ酸、オリゴ糖などの栄養素を含んでいることから“飲む点滴”とも言われており、その美容効果から芸能人の間でも人気が広がっている。
 
 まずは具体的に、甘酒にどれほど高い美容効果があるのかご紹介しよう。甘酒の栄養成分について調べると、肌の調子を整えてくれるビタミンB2を中心として、ビタミンB1、ビタミンB6と、ビタミンB群を豊富に含んでいることが分かる。また、肌の乾燥を防ぎ潤いをキープしてくれる必須アミノ酸や、シミ・くすみを予防し美白効果をもたらしてくれるコウジ酸など、とにかく美容にいい成分のオンパレードなのだ。
 
 アラフィフにしてツヤツヤな肌と衰えない美しさが印象的な女優・永作博美も、甘酒の愛飲者だ。以前出演したテレビ番組で、「甘酒豆乳」にハマっていることを明かして話題になったのだが、これが美肌効果抜群らしい。作り方はいたって簡単で、コップ1杯の豆乳に甘酒を大さじ2杯ほど混ぜるだけ。甘酒の成分に加え、豆乳に含まれる大豆イソフラボンがコラーゲンの生成を促進。ハリのある肌へ導いてくれるだけでなく、豊富なビタミン類が肌荒れを回避させてくれるそうで、最強の美容ドリンクとすら評されている。
 
 さらにもう一人、“奇跡のアラフォー”と呼ばれる井川遥も毎朝甘酒を飲んでいるそう。朝に飲む甘酒は基礎代謝を上げてくれるので、実はダイエットにも効果的。しかも甘酒に豊富に含まれるオリゴ糖や食物繊維が腸内環境を整えてくれるので、便秘改善にもつながって朝から軽やかで気持ちよく一日を過ごすことができるのだ。
 
 そのほか、最近疲れていると感じる人は夜に甘酒を飲むのもおすすめ。あまり知られていないが、甘酒にはストレスを軽減するアミノ酸「GABA」も含まれていて、心身をリラックスさせてくれたり、質のいい睡眠へと導いてくれる入眠効果があると言われている。いろいろ考えごとをして眠れない人や、眠りが浅い人は是非試してみてほしい。
 
 甘酒を自分で作るのが面倒という人は、コンビニなどでパックや缶入りのものが売られているので、まずは市販品から気楽に始めてみるのもいいかもしれない。これほどお手軽かつ安くて簡単な美容法を試さない手はないだろう。