美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月16日更新

特集

あなたは飲み会のたびに損をしてるかも!? 働く女性のやりがちな“会社の飲み会マナー違反”を一挙紹介!


 忘年会のシーズンが近づき、そろそろ仕事仲間との飲み会が増えてくるこの季節。友人との宅呑みや合コンなど、プライベートでの飲み会では百戦錬磨の女性でも、会社の飲み会では「大変な失敗をしてしまったことがある…」なんて人は多いはず。そこで今回は働く女性のやりがちな、絶対NGな“会社の飲み会マナー違反”を紹介。飲み会での立ち回りの参考にしてほしい。
 
 まず紹介するのは飲み会が始まる前のマナー違反。仕事熱心な女性がついついやってしまいがちなのは、「化粧直しをしないで参加」することだろう。日中の仕事が忙しく、働いた後そのまま飲み会へ直行しなければいけない時などには、どうしてもサボりがちになるもの。しかしファンデーションが落ちてくすんでいたりすると、周りの人に不潔な印象を与えてしまい、飲み会後の印象にも悪影響を与えてしまう。身だしなみをしっかりチェックして、万全な格好で飲み会に臨もう。
 
 次に紹介するのは飲み会が始まってからのマナー違反だ。乾杯の後すぐに「ひとりで飲み食いに走る」人を多く見かけるが、これはやってはいけない。女性だからはしたないとかそういう問題ではなく、やはり飲み会はコミュニケーションの場。食事とお酒は他の人のペースに合わせ、普段は中々話さない人とも積極的に会話を楽しもう。また、「酔った勢いでマナーが疎かになる人」ももちろんNGだ。いくら無礼講の場でも、後々の印象を考えたら本当に“無礼”なふるまいをするメリットはほとんどない。どんなに酔っていても記憶が鮮明な人は一定数いるので、「皆酔っぱらった時の記憶なんてほとんどないから大丈夫でしょ!」と高を括るのは危険なのだ。
 
 そして、無事に飲み会を乗り切った後にも地雷は潜んでいる。飲み会がひと段落してお店を出た後には必ず「気づいたら消えてる人」が現れるものだが、自分がそうならないように要注意だ。解散する前に皆でいったん集まって一本締めしようという時に「さっきまでいた子が消えてる!」なんてことになったら印象最悪。いくら酔っていても挨拶は社会の基本、必ずひと声かけてからその場を去ろう。
 
 飲み会から一夜明けた後にも、「あからさまに二日酔いアピールする人」など印象の悪い行動はいろいろある。だが、そう難しく考えずにマナーを守って振る舞えれば、楽しい上に社会生活を円滑にしてくれる最高のツールにもなりうる。「お酒くらい自由に飲ませろよ!」と言いたくなるかもしれないが、そこをなんとか我慢して、飲み会を有意義なものにしようではないか。
 
画像出典:Takamorry / WordBench懇親会 (from Flickr, CC BY 2.0)