美容スペシャリストな自分になるために

Q&A

爪白癖とは?

爪白癬は爪が白癬に感染してしまうことです。爪白癬になると、爪の表面の色は濁った黄白色になります。爪が厚くなって、爪の表面が崩れたようにぼろぼろになり、爪の周りで炎症が起こしてしまうことがあります。また、「爪の水虫」と呼ばれています。白癬菌はカビの一種なので、高温多湿の環境で成長しやすいです。