アイリスト・まつげエクステ・アイデザイナーの求人・転職・募集

アイリストの求人

毎日更新!2018年11月18日 (日) 掲載店舗 4329
北海道・東北
関東
甲信越・北陸
  • 山梨県
  • 新潟県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
東海
関西
中国・四国
  • 岡山県
  • 広島県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州・沖縄
その他
  • 海外

アイリストとは

まつげエクステンション(まつエク)、まつげパーマ・カール、まつげカラー(カラーエクステ)などの、まつげ専門技術者をアイリスト(または、アイデザイナー、アイスタイリストなど)と呼びます。と呼びます。
アイリストには特別な国家資格はありませんが、数年前から急激にまつげエクステが主流になり、多くの問題が起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつ毛エクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、必ず『美容師免許』を持っていないと、施術が出来なくなっています。
「美容師免許があればなれる」とは言っても、美容師とは仕事内容も異なり、習得しなければならない技術も全く別ものです。美容師免許を持っていても、アイリストの技術は一から習得しなければなりません。
技術はもちろん、目や試薬に関する知識や、誰もが美しいと思えるデザイン性、仕上げた目元を長持ちさせるための技術など、多くの事を自分から学ぼうとする姿勢が、とても重要になります。
こういった専門的な技術を学ぶ必要がある為、実際美容師免許を持っているだけでは、独学でアイリストになるのは難しいですが、まつ毛エクステのスクールに通うと、専門的な技術を十分に習得する事が出来ます。
ただ、スクールに通ったからといって、国家資格が取れる訳ではありませんが、ディプロマを得ることができます。
実際にサロンで働く際には、何も知らない美容師有資格者よりも優遇されたり、これからさらに伸びていくであろうまつげエクステ業界では、必ず武器になるのではないでしょうか。

仕事内容について

まつげエクステの施術が主なお仕事になります。 アイラッシュサロンやまつエク専門店などでは、「カウンセリング→デザイン→施術」といった流れで仕事が進みます。 カウンセリングでは、お客様の要望を伺うだけではなく、衛生面でのアドバイス、トラブル時の対処法や保証等についても説明します。
デザインでは、お客様の目の形や仕上がりイメージ(ナチュラル系・セクシー系・キュート系)を考慮して形や素材を決めていきます。 代表的なデザインは、Jカール・Cカール・CCカール・Dカールなどがあり、人工毛の種類には、シルク・ミンク・セーブルなどがあります。 デザインが決まったらいよいよ施術です。医療用の保護テープを貼り、ツィザーを使って自まつ毛1本1本にグルー(接着剤)で人工毛をつけていきます。 だいたい100本で1時間〜1時間半ほどが施術時間の目安です。アイリストには、技術だけでなく、早さや安全への気配りも求められています。

仕事探しについて

未経験からでも挑戦しやすく、細かくてシンプルな施術なので手先が器用な人なら比較的短い期間でプロとしてデビューしやすいアイリストの仕事。 どのサロンでも施術方法やメニューがそこまで大きく異ならないことが多いので、一度技術を身に着ければ結婚や出産でブランクがあっても復帰しやすい仕事でもあります。 なので、就職するサロンを選ぶ際には「産休や育休の取得実績がある」「時短勤務が可能」など長く続けられやすいかどうかも考慮すると良いでしょう。 アイリストは全体的に美容師やネイリストと比べても人数が少ないので、自分の希望通りの就職先で働けることも多いはず。

転職事情について

狭い場所でも施術をすることができるのがまつエクの特徴。 最近では、まつエク専門サロンの他にも、美容室の一区画を借りて営業をしたり、ネイルサロンに併設して営業を行うこともあります。 美容師免許を持っていれば未経験から挑戦できることも多いので、美容師から転職をするというケースも多く見られます。 また、ネイリストのように手先が器用で細かい作業が好きな人にも向いている職種です。 1人に対する施術時間が平均1時間半と短く、座って仕事ができて比較的給料が高いことも多いので、安定した職種として美容業界でも人気を集めています。 美容師免許を持っていて、何か他の仕事に役立てたい場合にはぜひアイリストへの就職を検討してみましょう。

お役立ちコンテンツ

就活講座