美容スペシャリストな自分になるために

Q&A

咬爪症とは?

咬爪症(こうそうしょう)は爪を噛んで爪の形が変形することです。ひどい咬爪症の場合は,患者が爪を噛みすぎて、爪の周りの皮膚も傷ついてしまうケースもあります。それによって、口中の細菌が傷口から侵入して、さらに他の病気になる可能性もあります。