美容スペシャリストな自分になるために

Q&A

卵殻爪とは?

卵殻爪(らんかくそう)は爪が薄くなって弱くなる病気のことです。爪が卵の殻のように薄いので、英語は「egg shell nail」と呼びます。卵殻爪になると、爪が割れやすくなり、他の爪の病気になる恐れがあります。また、卵殻爪がなると、爪先が前に曲がる症状が見られます。