美容スペシャリストな自分になるために

Q&A

エステティシャンになるための面接は、何に気を付けるべき?

接客業であるエステティシャンの面接は、とにかく採用担当者に好印象を与えることが大切です。暗い表情では相手を不安にさせてしまうので、明るい表情で自信を持った話し方を心掛けるようにしましょう。既にエステティシャンとしてサロン経験がある人は、過去の職場での実績やこれまで努力した取り組みもしっかりと伝えることが大切。

 

また、女性を美しくすることが仕事のエステティシャンは、しっかりとした話し方やスムーズな受け応えだけでなく見た目の清潔感も求められます。そのため、派手な服装ではなく黒やグレーのスーツを着用すると良いでしょう。

また、エステサロンで働く場合は髪を夜会巻きにまとめることが多いので、面接の際にも夜会巻きをしていくと印象が良いですね。

 

面接が終わる際には、「本日はお時間をいただきましてありがとうございます。」と丁寧にお礼を伝えるようにしましょう。最後の最後まで気を抜かず、笑顔を絶やさないことが何より大切ですよ。