美容スペシャリストな自分になるために

Q&A

エステティシャンとして転職したいが、どのように履歴書を書いたら良いか?

エステティシャンへ転職を考えている人は、具体的なエピソードを書きましょう。経験者であれば、「今まで行ってきた技術をどのように活かしていきたいか」「どのようにサロンに貢献していきたいか」など書いてみるのも良いでしょう。

 

エステティシャンは初めてだけど、美容師などの美容業界から転職する人などは「美容師経験などで培ったコミュニケーション力」をアピールするなど、職種は違えども学んだ部分を武器に履歴書を作り上げましょう。美容学校で学んだ皮膚理論や接客マナーなど、エステティシャンになっても活かせる事がありますので、これまでの経験なども具体的に書いて採用担当者に伝えられると良いですね。

 

また、「なぜエステティシャンになりたいのか」を明確に添えるのも効果的です。ただ「なりたい」「やってみたい」という事だけでは、採用側の心は掴めません。自分の経験を元に文章を書き、「自分の肌にコンプレックスがあって…一度行ったエステサロンで改善された」など、エステティシャンを志そうと思ったきっかけを書くと「お肌の悩みを抱える人の気持ちもわかるエステティシャンになってくれるのでは?」と感じてくれるはず。