美容スペシャリストな自分になるために

Q&A

アイリストになるための面接、どんな服装が正しい?

アイリストとして働く場合、服装は自由というサロンが多いですよね。ただ、自由と言われたとしても「本当に何を着てもOK」というわけではありません。接客業であるアイリストに大切なことはやはり清潔感なので、面接の際には特に清潔感のある服装を心がけましょう。

 

具体的には、ジーンズやTシャツ、膝より短いスカートなどのカジュアルすぎる服装はNG。白やパステルカラーのブラウスに、ボトムスは黒のパンツや長めのスカートなどが適しています。また、デリケートな目元に触れる仕事なので長く伸ばした爪も絶対にNG。ネイルが許されるサロンだとしても、なるべく短く切ってシンプルなワンカラーやグラデーションのデザインにしましょう。

また、アイリストとして働こうとしているのにまつ毛がスカスカ、という事態も避けたいですね。面接する相手もプロのアイリストであることが多いので、面接前にはしっかりとまつ毛の手入れをしておきましょう。