フェイシャルの第一人者今野華都子のスペシャルインタビュー

vol.1 世界一のエステティシャン 今野華都子

主婦から世界一に登り詰めたその秘訣とは?

Q.初めて経営した店舗があっという間に美容通などの間でうわさになり、いきなり伝説的なサロンになったとか。一体、どんなキャリアを積んできたのですか。

ありがたいことです。2004年の第一回LPGインターナショナルコンテスト(フェイシャル部門)で日本最優秀賞、 次いでフランスでの3ヶ月の審査の後、世界110カ国中、第一位となる最優秀グランプリを獲得することができました。 せっかくの機会ですから、その表彰式の合間に、ヨーロッパ各国の エステ を自分で体験してみました。 足を運んだのは、ガイドブックに載っている高級なところや化粧品会社がやっている大きなコスメサロンといったところです。 そうやって周ってみて感じたことがあります。

それはなんでしょうか?

私が世界一ということではなく、日本人の繊細な心が評価された、ということです。 例えばあるサロンでは、私が「寒い」といってもなにもしてくれませんでした。 他の国でもスチームを受けているときにほったらかしにされ、熱湯がかかりました。 日本ではこんなことはあり得ませんよね。四季がある日本だからこそ、そういった心が育まれたのだと思います。 日本人のおもてなしの心は他の国のエステティシャンにはまねのできないものだと改めて実感しました。

なるほど。ただ、そんな日本でエステティシャンとして活躍していたとはいえ、世界一にはそう簡単になれるものではありません。一体その秘訣は何なのでしょう。

日々目の前のことをキチンと丁寧にこなすこと。ただそれだけです。

「技術は愛情」だと私は考えてます。

おいくつでエステティシャンになられたのですか?

私がエステを始めたのは45歳のとき。その前は6畳一間の部屋を借りてまつげパーマをやっていました。そのときにあるお客様にエステ的なことをして差し上げたらすごく喜ばれました。それで本当にやるなら勉強しなければいけないということで通信教育で資格を取るための勉強を始めました。

Q.世界一の出発点は45歳、しかも通信教育ですか。何か、苦労はありませんでしたか?

遅いと思われるかもしれませんが、そんなことは全然関係ないと思います。45歳だからこそできることもある。同じような年代の人の気持ちが理解できたりすることが、かえってエステでは役に立つこともありますから。ですから、さきほど秘訣は「目の前のことをきちんと丁寧にすること」と言いましたのも本当にその通りなんです。とにかく「お客様に喜んでいただきたい」その思いからスタートし、日々勉強し、考えながらこれまでやってきました。そんなひとつひとつの積み重ねなんです。あえて技術的なことを言うならば、自分の想いが手を通して愛情になったものが技術、つまり「技術は愛情」だと私は考えています。

Q.これまでに辛いこと苦労などはなかったですか?

辛いとか苦しいというのは、全部自分の中にあることなんです。他のものや人と比較するからそう思うんであって、目の前にあることを受け入れれば辛いとか苦しいなんてことはあるはずがないんです。

目の前のことをきちんとこなすことが世界一の秘訣。

目の前のことを受け入れる、ですか。すばらしい姿勢だと思います。ただ実際そうは言っても、世の中嫌なことは多いですし、なかなかそこまでの域には到達する事ができるものではありません。

私は幼少から体が弱く、いつも「人は何のために生きているのか」と考えていました。いまも血圧は上が60で下が40。毎日起きるのも本当に大変です。でも起きなければ当然、寝たまま。何も始まりません。目の前のことをきちんとやるということは、全然難しいことではなく、誰にでもできるはずです。もしも何か不満や辛いことがあったとしてもその前にまず、自分の目の前のことをキチンと丁寧にやることです。

今野社長にとってエステとはなんでしょうか。

きれいになることは優しさを作ります。優しさは余裕を生みます。もしもそういう人が、隣の席に座っていたらどうでしょう。ご自分も優しい気持ちになりませんか。そういうことって波動のように伝わっていくと思うんです。何かをする時ってやっぱり外側が大切で「完璧」な時と「駄目」な時では、やる内容が違ってくると思います。だから私はエステを通じて、その人がいい人生を勇気を持って踏み出していける後押しをさせていただければ、と思っています。それが出来るのが、エステだと思います。

このサイトは健康美容業界への就職、転職を考える人が見ています。最後にそういう人たちになにかアドバイスやメッセージをお願いいたします。

今やっている仕事が嫌になったり、辛いという人もまずはいま目の前にあることをキチンと丁寧にやってください。今日それが出来れば翌日、そしてその次の日も…。その先には必ずちゃんと答えがあるはずです。何に向かっていけばいいか迷っている人もいると思います。突出したものを持っていないことがその要因だとしても、それは全然後ろ向きに考えることでないと思います。優しいとか負けん気が強いとか、そういうことも個々の能力。その能力を磨いて高めて、それを世の中に還元して喜んでいただく、これが究極の幸せ、私はそう思っています。

CARNA(カルナ)

CARNA(カルナ)

ラグジュアリーな空間の中で、健康と美と癒しを追求することができるフィットネス、スパ。一人ひとりに対応したメニューでライフスタイルをサポートをしてくれる。
http://www.carnaweb.com/

タラサ志摩ホテル&リゾート

日本では珍しい本格的タラソテラピーを味わう事ができるリゾート施設、美しい海の間近で極上のリラックスを手に入れることができる。
http://www.thalasso.co.jp/

Voice―夢のカタチ― Backnumber

  • スピリチュアル エステティシャン
    鈴木サリ
    正直言って、セラピストになりたいと思ったことは一度もありませんでした。それよりもむしろ夢見る夢子ちゃんで・・・
  • ヘアサロンオーナー
    美香
    この世界に入った理由は、美容室への不満だったんです。いろいろなヘアサロンに行きましたが、疲れた女性を癒してくれる・・・
  • トップネイリスト
    高野尚子
    エステに行き始めたのはコンプレックスを解消するのが目的でした。思春期ってどうしても太り始めるワケですけど・・・
  • カリスマヘアアーティスト
    川畑タケル
    むかしから海辺でやりたいとは思っていた。中学時代にサーフィンをはじめて30年。海は僕にとって基準。いくつかの候・・・
  • 世界一のエステシャン
    今野華都子
    2004年の第一回LPGインターナショナルコンテスト(フェイシャル部門)で日本最優秀賞、次いでフランスでの3ヶ月の審査の後・・・