2018年【東京版】最低賃金改定前後比較

2018年度最低賃金改定による美容業界の給料調査【東京版】(美プロ調べ)

2018年10月において「2018年度最低賃金改定による美容業界の給料調査」を実施。本調査は、美容業界専門の求人サイト『美プロ』に掲載されている求人募集時の給料を抽出し、最低賃金改定前と改定後による金額の比較を行ったものです。尚、2018年10月1日より東京都の最低賃金は958円から985円(2.8%↑)へと改訂されました。

【調査結果の概要】
改定前である7月と改定後である10月の給料は以下の通りの結果となった。

正社員

・美容師求人

   + 150円/月(7月:218,976円 10月:219,126円)0.06%↑

・エステティシャン求人

   + 7,643円/月(7月:210,991円 10月:218,634円)3.6%↑

・ネイリスト求人

   +5,357円/月(7月:198,099円 10月:203,456円)2.7%↑

・アイリスト求人

   +6,250円/月(7月:232,826円 10月:239,076円)2.6%↑

注)当グラフにおける正社員の月給額は時給額×平均出勤日数22日×平均労働時間8時間にて算出しています。

【調査の概要】

対象期間

2018年7月・10月

調査方法

2018年7月、10月時点で『美プロ』に掲載されている「東京都」の「美容師・エステティシャン・ネイリスト・アイリスト」求人原稿における「正社員」の給料を抽出。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】

全研本社株式会社 eマーケティング事業本部 HRビジネスパートナー事業部

担当:営業部 TEL:03-5324-2586 E-mail:info@kenkou-job.com