美容スペシャリストな自分になるために

2016年10月10日更新

芸能

古着のセーターを着こなす浅野忠信の姿に「渋すぎる…」と感動する人続出!

浅野忠信


 浅野忠信といえば、映画『御法度』や『アカルイミライ』、『私の男』など様々な名作に出演し、国内外の映画賞を数々受賞してきた名俳優の一人。すでにアラフォーに突入しているにも関わらずまったく衰えないどころか、一層渋さを増していくが、SNSで披露するファッションセンスも注目を集めている。先日も大人っぽいセーター姿を見せつけて、「渋すぎる…」と感動する人が続出していた。
 
 10月1日、浅野はTwitterとInstagram上にセーター姿の写真を投稿した。そこで披露されているのは、真っ赤なクルーネック(丸首)のセーターにベージュのパンツを合わせたとても秋らしい“暖色”ファッションのコーディネート。ファンからは「渋くてかっこいい!」「とってもいいカラー」「寒い季節になりますね、赤すごい似合ってます!」と絶賛の声を集めていた。
 
 今回のシックなファッションは、これまで浅野が披露してきた服装とはちょっと趣きが違ったもの。浅野は以前インタビューに答えて、プライベートで着るのはTシャツやネルシャツにジーンズ、スニーカーといった組み合わせばかりで、それは「若い頃からずっと変わらない」と語っていた。SNS上ではそうしたカジュアルなファッションだけでなく、パンク系やアーミー系を着こなした姿を披露することもあるものの、今回のような“渋すぎる”服装は珍しく、ファンを喜ばせることになった。
 
 また、今回の写真には「古着屋でセーター買ったった!」というコメントがつけられているので、古着を着こなしていることが分かる。それについても、「浅野さんって古着とかも着るんだね!」と意外に思う人が多いようだ。
 
「ちなみに、浅野といえばモデルの中田クルミとの熱愛が度々報道されていますよね。実は中田は古着屋のバイヤーとして働いていたことで知られています。二人は古着を上手く着こなすファッションセンスで共感するところがあったのかもしれませんね」(芸能ライター)
 
 インタビューで「買った洋服の袖を切ってみたり、伸ばしてみたり、今でも自分でアレンジして着るのが大好き」と発言したこともあるほど、ファッションにこだわりを持っている浅野。今回の写真で、浅野には渋いファッションも抜群に似合うと分かってしまった。映画で見せる俳優としての浅野忠信とは違った姿を見られるSNSを今後も要チェックだ。
 
画像出典:浅野忠信 Twitter