美容スペシャリストな自分になるために

2016年10月22日更新

芸能

金爆・喜矢武豊のV系メイクがワイルド美しい! “X JAPAN・PATA”なりきりメイクに「かっこよすぎでしょ!」と絶賛の声続出

喜矢武豊


 ゴールデンボンバーのメンバーである、“キャン”こと喜矢武豊が10月16日にTwitterで“X JAPAN・PATA”風のメイク姿を披露。すると、「キャンさんかっこよすぎでしょ!!」と、いつもと違うメイク姿に絶賛の声が上がった。
 
 この日、ゴールデンボンバーはヴィジュアル系音楽フェス「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」に参加。メンバーそれぞれがX JAPANのコスプレを披露し、ボーカルの鬼龍院翔はToshl、(エア)ギター担当の喜矢武豊はPATA、(エア)ベース担当の歌広場淳はTAIJI、(エア)ドラムを暫定的に担当している樽美酒研二はYOSHIKIになりきった。そしてイベント後、喜矢武はTwitter上に、X JAPANになりきったゴールデンボンバー4人の写真とTAIJIに扮した歌広場淳とのツーショット写真を公開したのだ。
 
 写真に写った喜矢武は、紫のアイシャドウに目の周りを黒く縁取ったアイメイクと、ブラックの口紅というメイクで登場。ひび割れのような傷メイクを入れることも忘れていない。また、ヘアスタイルはサイドを刈り上げにし、真っ赤なロングヘアを大きく逆立たせていて、どこまでもPATAになりきっている。これには、「きゃんさん、やばいくらいかっこいい~」「うわぁ更にイケメンになってる…これ以上イケメンになってどうするんだww」「うおおおおおおおおかっこいい! 超似合う!」とファンも大興奮していた。
 
 ゴールデンボンバーといえばエアバンドとして、今では音楽界のお笑い担当のような立ち位置になっており、他バンドに比べてルックスを取り上げられることが少なかった。喜矢武もこれまではルックスに大きく注目されることがなく、ファンの間で隠れイケメンとして知られている程度だった。しかし今回のメイク姿が披露されると、「めっちゃキレイ! メイク似合いすぎてる」「普通に美形だ」「ワイルドでカッコイイ!」「クオリティの高いメイクですね!」など、そのルックスを褒め称える声が続出。ワイルドかつ美しい姿で多くの人を魅了してしまったようだ。もしかしたらこれをきっかけに、イケメンとしての地位が確立されていくかも…?
 
画像出典:喜矢武豊 Twitter