美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.10

作成:2017.07.07

セラピスト

キャリアオイルの使い方【美容アイテム大辞典】

キャリアオイルとは

パッションフルーツオイル

 

キャリアオイルとは、スキンケア用品としても人気の植物油のことです。現在、注目を集めている美容アイテムです。エッセンシャルオイルとの相性がよく、アロママッサージでも使用されています。キャリアオイルの語源は「キャリー(運ぶ)」という説の通り、美容成分を肌の深層部までしっかり運んでくれるということから名付けられているそう。

キャリアオイルには、たくさんの種類があります。どの植物から抽出するかによって特徴が異なるので、あなたのお肌にピッタリ合うキャリアオイルをチェックしていきましょう。

キャリアオイル選びのポイント

オリーブオイル

 

代表的なキャリアオイルは大きく分けて6つです。それぞれの特徴と効果をご紹介します。

保湿&美肌効果の高いキャリアオイル3選

4アプリコットカーネルオイル

あんずの種から抽出されたもの。肌に保湿力を高めるオイルです。しっとり柔らかで、ハリのある美肌を目指す人におすすめ。

スイートアーモンドオイル

アーモンドの種から抽出されたもの。アーモンドのいい香りが漂うこのオイルは、アロマテラピーでよく使用されています。なめらかな質感で保湿効果抜群のオイルですよ。

ホホバオイル

砂漠に生息する植物「ホホバ」の実から抽出されたもの。うるおいを与える効果から、肌トラブル解決やヘア・頭皮ケアに使用されます。匂いが少ないのが特徴です。

美容&健康効果を兼ね備えたキャリアオイル3選

オリーブオイル

オリーブから抽出されたもの。肌のバリアの役割をし、乾燥を防いでくれる効果から化粧品にも含まれることが多いオイルです。悪玉コレステロールへの効果から、食用としてもよく使用されます。

ココナッツオイル

ヤシの実から抽出されたもの。ココナッツの匂いが好きな人向けのオイルです。酸化しにくいのが特徴で、肌のお手入れに最適。また、食事にも取り入れやすいですよ。

マカダミアナッツオイル

マカダミアナッツから抽出されたオイル。ナッツの香りが好きな人向きです。肌なじみの良いオイルで、荒れた肌にもしっかり浸透してくれますよ。コレステロール値を下げる効果もあります。

キャリアオイルの使い方

オイル

 

保湿アイテムとして

保湿効果の高いキャリアオイルは、お肌の保湿に最適なアイテムです。人の肌がとくに乾燥するのは、洗顔後や入浴後。水分が蒸発してしまう前に、キャリアオイルを塗ることで、柔らかなしっとり肌を目指せます。順番は化粧水、キャリアオイル、乳液の流れがベストです。

もし「オイルをそのまま塗るのはベタベタしそうで抵抗がある」という方は、美容液や乳液と混ぜて使ってみてください。

マッサージオイルとして

香りがよく美肌効果もあるキャリアオイルは、マッサージオイルとしても使える優れものです。ポイントはエッセンシャルオイルと組み合わせて使うこと。キャリアオイルに1%の割合でエッセンシャルオイルを混ぜて使用します。1%の目安は、10mlのキャリアオイルに対しておよそ2滴くらいです。簡単にオリジナルのマッサージオイルを作れるので、ぜひ試してみてくださいね。人肌に温めてから使用すると、気持ちいいですよ。

ヘアケア品として

頭皮や髪まで守ってくれるのがキャリアオイル。シャワー後に傷んだ毛先や乾燥しがちな頭皮に塗ると、ドライヤーの熱ダメージを防げます。毛先がまとまらない、または髪全体がうねってしまうという人におすすめの使用法。頭皮の乾燥やそれに伴うフケにお悩みの方は、シャンプーする前にキャリアオイルで頭皮マッサージすると、清潔でうるおいある頭皮になれます。

Author:美プロ編集部

関連求人を都道府県から探す

セラピストの仕事に就くための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!