美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月16日更新

ブライダル

実はたくさんあるブライダルの資格…取得すれば就職も有利に!


ブライダル業界の仕事に必須となる資格はありません。他の業界を見ると、例えば美容師になるには美容師免許を取得しなけばお客様の髪を切ることはできませんが、ブライダル業界では必ず学校へ行くといった必要もなく、誰でも飛び込んでしまえる世界だと言えます。
 
しかし、華やかな結婚式を作り上げるブライダルは人気の業界。少子化の影響もありこれからは挙式数が減るため先細りが予想され、その分、就職状況も厳しくなる可能性も。そこで、実力と業界への熱意をアピールするのが資格です。国家資格はありませんが、国内外のブライダル団体による民間資格は多数あるので、今回はその中で主な資格を紹介していきます。

職種と資格

ブライダルの資格を取得しようと思い、インターネットなどで情報を集めてみると「ウェディングプランナー」と名のつく資格ばかりが目につきませんか? 人気の職種だということもあるのですが、ブライダル団体の資格にはプランナーのための資格がとても多いんです。しかし、プランナーの資格が他の職種では全く役に立たないかというと、そんなことはありません。結婚式全体の進行を把握し、他の職種のスタッフと連携して式を作り上げていくのがプランナー。プランナーの資格にはブライダルに関する幅広い知識が求められるので、希望職種が決まっていなくても取得しておくと、きっと役立つでしょう。
 

日本ブライダル文化振興協会(BIA)認定資格

BIAは、国内のホテルや式場、ブライダルに関わる企業が約500社加盟している、ブライダル業界で最もメジャーな団体です。当然、資格の知名度もダントツ。まずはBIAが発行する資格を紹介します。

アシスタント・ブライダル・コーディネーター(ABC)検定

ABC検定は、ブライダル・ホテル・観光系専攻のBIA会員専門学校 2年次修了予定者を対象に行われる、基礎的な実務への幅広い知識を問われる検定です。実務未経験者を対象にしているので、実技試験は省かれ、筆記試験のみの検定となります。BIA会員の学校は全国各地にたくさんあるので、この資格をきっかけにブライダル業界に就職したという方も多いのではないでしょうか。

イントロダクション・トゥ・ザ・ブライダル・コーディネーター(IBC)検定

IBC検定は、ブライダル業界への就職を目指す「社会人」や「新卒を控えた短大・四大学生」を対象に行われる検定です。BIAが認定する学校で、所定の課程を修了することで受験資格を獲得できます。認定されている学校の数は10校と少ないのですが、受験には現場での研修という課程も設けられ、ABC検定よりも実践的な能力が求められる資格となります。
 
また、他にもBIAが開催する講座を受講することで認定される「BIAブライダルコーディネーター」、ABC検定の上級資格となる「BIAブライダル・コーディネーター(中級)」「BIAブライダル・マネージャー(上級)」といった資格もあります。
 

ウエディングプランナー資格(JADP)

JADPは様々な専門職に資格を提供する「日本能力開発推進協会」による資格。ブライダルの歴史や慣習、業界の基礎知識から接客技術まで、これからプランナーを目指す人々のための検定となります。受験には協会が指定するカリキュラムを修了しなければならないのですが、専門学校に通う必要はなく4カ月という期間で受験が可能。受験料も安く、「未経験から業界に入りたいが、専門学校にいく余裕はない…」という方にオススメの資格です。
 

全米ブライダルコンサルタント協会(ABC)認定資格

将来は海外のウェディング現場にも挑戦したい! という方には、外国の業界事情も学べる
ABC協会認定の資格がオススメ。外国の協会と聞いて、「英語ができない…」という不安が頭をよぎったかもしれませんが、ABCは日本オフィス主催の資格があり、語学力の心配はいりません。ABC協会の特徴は、プランナー・スタイリスト・フラワーデザイナー・ブライダルコンサルタントなど様々な職種に対応する資格が充実していることです。難易度も「アシスタントレベル」「プロフェッショナルレベル」などあり、初心者から実務経験者まで幅広く対応していますよ。
 

IWPAウエディングプランナー日本資格

海外にも支部を置く、IWPA国際ウェディングプランナー協会が提供する資格です。国際的な資格となりますが、誰でも受験することが可能で、実務経験も問われません。インターネットによる自宅受験も可能なので、時間がなく、とにかくすぐにでも資格を取得したいという方にはオススメです。
 


 
 
他にも、ブライダルフラワーコーディネーター協議会(BFCA)が認定する「BFCA検定」や、日本ホテルレストラン経営研究所が認定する「ウエディングサービス検定」、日本ブライダルスタイリスト協会が認定する「JBSA認定ブライダルスタイリスト」など、職種に応じた民間資格も。ブライダル業界への就職を目指す方は、資格取得もぜひ一度考えて見ましょう!
 

ブライダルの関連求人