美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.09.27

作成:2017.09.21

ブライダル

じわじわと人気を集める婚約式とは?結婚式とどう違うの?

徐々に人気を集めてきている婚約式

婚約式とは

日本では婚約したことを親族に伝える際は「結納」を行ないますが、キリスト教圏でも似たような儀式があります。それが「婚約式」です。婚約式は、結納のように家同士の結びつきが強い印象を与える儀式と違い、友人・知人・親族の前で婚約したことを伝える形式。あくまで婚約の報告と内輪でのお祝いをすることであり、バージンロ―ドを歩いたりドレスを着たりということ行いません。また、「結納金」も要らず、食事や余興などもしなくて良いので気楽に式を挙げることができます。

結納よりも気軽にできる

結納に重きを置く世代はまだまだ多いもの。けれど、若い世代にとってお金も時間も人手もかかる結納は気が重いでしょう。婚約式はカジュアルにできる上に結納の代わりになるため、年配世代にも満足してもらいやすいと言われています。「2度目の結婚なのに大きな式を挙げるのは避けたい」「友人・知人から何度もお祝儀をもらうのは気が引ける」と考える再婚カップルにも婚約式はオススメ。

婚約式のやり方

婚約式は教会で行われるのが一般的。聖職者が立ち合い、神様と参加者の前で婚約の意思を伝えます。キリスト教の宗派によって違ってきますが、主に聖書の朗読や讃美歌、誓約書へサイン、記念品の交換と言った流れで進行。最近では、クリスチャンでなくても婚約式が挙げられる教会や結婚式場、ホテルが増えてきているそうです。

婚約披露パーティー

婚約式後は婚約披露パーティーを行ないます。婚約した本人同士が行なうこともあれば、友人たちが企画してくれるところも。欧米では女性側の家で行われるそうですが、日本ではレストランやホテルを利用するカップルも多いそうです。親しい友人や知人、親族を招待しましょう。パーティーが始まったら、互いを紹介しあい、男性は女性へエンゲージリングを贈り、女性は男性へ記念品を贈ります。

婚約と結婚の違いを調査!

婚約とは?

婚約とは、カップルが結婚の約束をすることを言います。結婚のように式や書類を必要とせず、口頭での約束も「婚約した」と言うことになります。

結婚とは?

日本の法律上、結婚は「婚約」と呼ばれており夫婦であることを指すものです。「婚姻届」を役所へ提出することで結婚したと認定。結婚すると以下の変化が見られます。

  • 苗字が同じになる
  • 生活、扶養、相続、同居の義務と権利が発生

「婚約」のない「結婚」はありえない

見知らぬもの同士がいきなり夫婦になることはありません。2人の関係性を深めていき、将来「結婚」の約束をすることで「婚約関係」となります。その後、2人が住む市区町村の役所へ婚姻届けを提出すれば正式に「結婚(婚約)」して夫婦になったと認められるのです。

結納について

日本では婚約の儀式として「結納」と呼ばれる儀式があります。結婚する2人の、親族関係を「結び」互いに贈り物を「納める」ことで、新郎と新婦の両家が正式に結婚の約束をしたと認められる儀式です。

地域によって、しきたりややり方に細かい違いが出てきますが、主に「正式結納」「略式結納」の2つに種類が分かれます。

正式結納

仲人が新郎新婦の両家を往復して結納品を届けます。正式結納が本来の意味での結納ですが、現在では仲人を立てる結婚自体が少ない、実家が遠方と言った場合もあり、ほとんど行われなくなっています。

略式結納

新郎新婦のどちらかの家、もしくはホテル・料亭などの個室を借りて両家一同が揃い、結納品を交換。現在は略式結納スタイルが主流となっています。

素敵な結婚をするために

婚約は未来の2人を結ぶ大切な儀式、2人だけでなく招いたゲストも幸せな気持ちにしてくれます。盛大な結婚式も良いですが、まずは婚約式を挙げて2人やゲストの一体感を高めてみてはどうでしょうか?きっと思い出深い物になりますよ。

Author:美プロ編集部

関連求人を都道府県から探す