美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.30

ブライダル

ウェディングプロデューサーって、どういう仕事?

ウエディングケーキ

 

ウェディングプロデューサーとは

寝転がる花嫁

 

ウェディングプロデューサー(ブライダルプロデューサー)の仕事内容は、主に挙式や披露宴の運営や進行などがメインとなります。ウェディングプロデューサーとウエディングプランナーとの違いはさほどありませんが、会場のセッティング・それぞれのスタッフへの指示・指揮・進行など、トータル的にプロデュースを行います。

また、宴会担当・チャペル担当・調理担当・フラワーコーディネーター・カメラマンなど、外部のスタッフも含めた全員とのコミュニケーションを円滑にとりながら進行を進めていくため、幅広いコミュニケーション能力とバランス感覚がなければ務まりません。さらには、ハプニングに備えて臨機応変な対応も必要になります。

ウェディングプロデューサーの資格制度

ウエディングケーキ

 

ウェディングプロデューサーの資格制度は、全日本冠婚葬祭互助協会(全互協)が認定している「冠婚葬祭互助会業界統一」の基準を満たしていることが条件になります。

ウェディングプロデューサーの資格制度

  • 冠婚葬祭に関する知識やマナー
  • マーケティング理論
  • カラーコーディネート
  • 照明技術
  • 婚礼に関する知識や常識

チーフ級とマスター級に、階級も分かれています。

チーフ級

新人~主任クラス

マスター級

チーフ級の資格と、5年の実務経験が必要(将来的に、支配人管理職ポストに就かれる方が対象)

ウェディングプロデューサーに活かせる資格

この他にも、ウェディングプロデューサーに活かせる資格にはどういうものがあるのでしょうか。

ウェディングプロデューサーに活かせる資格

  • アシスタントブライダルコーディネーター検定
  • マナープロトコール検定
  • アシスタントホスピタリティコーディネーター
  • レストランサービス技能検定
  • ホテルビジネス実務検定
  • 色彩検定

ブライダルに関する幅広い知識が必要になってくるため、様々な資格を持っておくと、仕事の幅も広がってきます。

挙式や結婚披露宴において、活躍するウェディングプロデューサーは、ブライダルシーンではなくてはならない存在。披露宴の出来は、ウェディングプロデューサーの腕に掛かっていると言っても過言ではありません。それくらい重要な役割を担っています。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す