美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.10.12

ブライダル

結婚式で乾杯の挨拶をするときのポイント

成功させるためのポイント(短く簡潔に、乾杯するタイミングが分かるように)

1.短く簡潔な挨拶にする

ダラダラとあいさつを行うのではなく、なるべく簡潔なあいさつを心がけましょう。式のはじめからあまりにも長いあいさつをすると、グラスを持って乾杯を待っているゲストの方を疲れさせてしまいます。時間で言うと1分~1分30秒、文字で言うと300文字くらいがベストです。

2.タイミングの良い「乾杯」

結婚式でありがちな乾杯時のタイミングのずれ。皆のいきがあってこそ気持ちよく式をあげられますよね。皆さんの息を合わせるにはいつ「乾杯」をするかが明確にわかるようにしましょう。タイミングが合わないと、「乾杯」がバラバラになってしまいます。「それでは」「ご唱和ください」といった前置きを置いてから「乾杯」をするといいでしょう。

挨拶の構成(1.自己紹介、2.ゲストへの配慮の言葉、3.祝辞など)

挨拶の内容に迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。乾杯の挨拶は構成をしっかり固めることが重要です。まずは構成を考えてから、その構成ごとに何を話すか考えるとスムーズにいきますよ。

1.自己紹介

始めに自己紹介から行いましょう。名前はもちろん、新郎と同じ会社に勤めていることや、新郎新婦どちらかの上司であることなど、関係性も付け加えるのが一般です。

2.年長者の方・ゲストへの配慮の言葉

披露宴にはさまざまな方がいらっしゃいます。新郎新婦の両親や上司、先輩など列席している状況です。「僣越ではございますが新郎のご指名により~」「沢山の諸先輩方がご列席されている中で~」など、目上の方への配慮の言葉を一言プラスしましょう。

3.祝辞を述べる

新郎新婦、そのご家族に向けて、お祝いの言葉を贈りましょう。

「○○君、△△さん、ご両家ならびにご親族のみなさま、本日は誠におめでとうございます。」

「○○君、△△さん、ご結婚おめでとうございます。ご両家ならびにご親族のみなさまにおかれましても、心からお祝い申し上げます。」

といった定型文でかまいません。

4.エピソード

新郎新婦とのエピソードを話しましょう。

新郎新婦の人柄がわかるスピーチや、新郎新婦との具体的なエピソードがベストです。注意点は複数の内容を盛り込まないこと。1つに絞り、ゲストが何を良いたいかわかるスピーチにしましょう。

5.乾杯の音頭

「乾杯!」の前に「ご唱和をお願いします」といった前置きを置いてから乾杯しましょう。

服装にも気を付ける

結婚式の乾杯の挨拶を任されたら、スピーチの内容だけではなく服装にも気を遣いましょう。大勢の人の前に立つとなると、マナーの良いものを身に付けないと恥をかいてしまうこともあります。どこに気を付けるべきなのか紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

男性

黒のスーツやダークスーツ、ディレクターズスーツやディナージャケットといった準礼装をしましょう。なるべく無地のスーツ、ネクタイは白が好ましいと言われていますが、決まりはありません。自分なりにお洒落をするのももちろんいいでしょう。しかし、カジュアルな式以外に明るい色のスーツを着るのは好ましくないと言われています。また、喪服を想像させる黒のネクタイも避けるようにしましょう。

女性

地味すぎず、派手すぎないドレスを選びましょう。女性の場合は基本的なマナーが守られた服装であれば良いとされています。新婦よりも目立つような色のドレスは避けるようにしましょう。

Author:美プロ編集部

expand_less