美容スペシャリストな自分になるために

面接の時マフラーやコートってどうすればいいの? 知っていると差がつく面接時の防寒具マナーとは


本格的に冷え込んできて、重ね着が増えてしまうこの季節。面接に挑む方には「面接会場での防寒具ってどうすればいいんだろう?」といった、冬ならではの悩みが出てくるはず。面接では防寒具にも特有のマナーがあるので、知らないままではそれだけで他の人と差がついてしまうかもしれません。
 
そこで今回は面接時の防寒具マナーを見ていきましょう。会社に入るときから、面接を終えて会社を出るときまで、順に説明していきます。また、「あんまり重ね着するとマナーとか面倒くさいから薄着でいきたい!」という人にオススメな方法も取り上げます。

防寒具の基本は「屋内では着ない」

冬の面接でまず最初につまずいてしまうのが、「防寒具っていつ脱げばいいの?」という問題。結論から言えば、コートなどの防寒具は会社に入る前に脱いでしまうというのが基本マナーです。間違っても防寒具を着込んだ格好で受付まで行かないように気を付けましょう。とはいえ、会社に入る前といっても、入り口の目の前でこれ見よがしに脱ぐと人事の人などに見られてしまう可能性があるので、あまりおすすめ出来ません。会社から少し離れたところで脱いでしまい、手にかけた状態で会社に入るのがスマートです。
 
また、防寒具をスーツの下に着込んでいくという場合もあるはず。ですが種類によっては着ぶくれしてみっともないですし、面接時に適した格好とは言えません。その上、咄嗟に脱いだり着たりできないのも不便ですよね。あまり重ね着せずに、スーツの上は防寒機能が優れたコート一つというスタイルが好ましいでしょう。
 

面接時の取り扱い方

コートなどの防寒具を脱いで会社に入ったら、手にかけて会社内を移動するのがマナー。ですが、肝心なのはいざ面接が始まってからの防寒具マナーです。一般的にコートなどを置いておく場所は、入室時に指示がある場合が多く、そういった時は「ありがとうございます」とひと声かけて置かせてもらいましょう。そして、とくに指示がない場合はカバンの上に畳んで置くのが無難なのですが、汚く畳んでしまうとだらしない性格だと思われてしまいがちなので、注意してください。おすすめなのはコートを2つ折りにして、鞄をハンガーに見立て“置く”というより“掛ける”やりかた。しっかり安定するため、面接の途中でコートがずり落ちて集中がそれる心配もないので、是非試してみてください。
 
また、マフラーや手袋などの小物は鞄の中に入れてしまうのがベストです。ただ、どうしても入らないときには、コートと同じように手にかけて持ち歩きましょう。そして面接時には鞄の上に置くようにすれば、マナー違反にはなりません。とはいえこちらはあくまでベターな方法なので、できればマフラーや手袋をしていく場合には鞄の中身に余裕を持たせておきましょう。
 
もちろん、面接が終わって退出してからも気が抜けません。防寒具は「屋内では着ない」という基本を思い出し、間違ってもエレベーター内などでコートを羽織る、なんてことをしないように。着る時も脱ぐ時と同じで、会社を出てから少し離れたところで着るのが鉄則です。
 

「防寒具のマナー面倒くさい!」という人にオススメの方法

ここまで見てきたように、防寒具はどんなに着込んできても、面接時には結局のところお荷物となってしまいます。「そんな気苦労をするくらいならいっそ寒い思いをするほうがマシ…」という人もいるかもしれませんが、風邪を引いてその後の就職活動に響いてしまったら元も子もありません。そこでオススメなのが、最新の防寒アイテムを使うという方法。上手くアイテムを活用すれば、着ていく防寒具を減らすことができるはずです。そこで以下では「コート1枚で面接に望むためのおすすめアイテム」をご紹介します。

腰保温用ベルト(サンライズ)

アルカリ単3電池で8時間お腹周りを温めてくれる優れものです。フィルム状の薄いヒーターが使われているため、スーツの下に仕込んでも違和感がなく、面接時に脱着の必要がないのが良いですね。薄いながらも電気の力でしっかり温めてくれるので、ひょっとしたらスーツ1つで面接会場に行けちゃうかもしれません。

「温感スプレー ぽっぽっぽ」(ビッグバイオ)

エステ用品にも使われている「バニリルブチル」という成分と「生姜」の力で、衣類にスプレーすると温感効果を得ることが出来ます。直接肌に触れる部分にスプレーするとなお効果的ということなので、シャツの内側などに使用すると良いですね。
 


 
画像出典:Diariocritico de Venezuela / RUSSIA-WEATHER-COLD (from Flickr, CC BY 2.0)Mystery People / Scarves against the cold (from Flickr, CC BY 2.0)Diariocritico de Venezuela / RUSSIA-COLD-WEATHER (from Flickr, CC BY 2.0)