美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.07.05

セラピスト

食欲増進にはベルガモットオイル!? 目的に合わせてマッサージオイルを選ぼう

マッサージオイルの種類別の特徴を紹介。初心者におススメな万能オイルから、食欲増進・肩こり・乾燥肌などに効果を期待できるオイルを取り上げていきます。自宅でオイルマッサージを始めたいという人は参考にしてみてください。

初心者におススメな万能オイル!

 


マッサージをしながらリラックス効果も期待できる“オイルマッサージ”は多くの人に注目されており、最近では自分自身で行うという人も少なくありません。しかしマッサージに使うオイルには色々な種類があるので、最初はどれを買えば良いか目移りしてしまう人もいるでしょう。
 
最近人気の高い「ホホバオイル」は、低刺激で使いやすいため初心者におススメ。顔や頭皮など全身に使えるので、かなり汎用性の高いオイルと言えます。そのためホホバオイルの愛用者からは「子どもと一緒に使ってます!」「家族全員で使えて最高! みんな肌もっちもち」との声も。オイルマッサージが初めての人はホホバオイルから試してみると良いかもしれません。
 
また同じく初心者向けの万能オイルとして有名なのが「ラベンダーオイル」。こちらも幅広い肌質の人が使うことができ、殺菌作用があるため肌のトラブルに効果を発揮するそうです。緊張を緩和させるリラックス効果も期待できるので、睡眠が浅くて悩んでいる人にもうってつけ。ラベンダーの香りで癒されてみてください。

オイルの力で食欲増進!? 様々な効果があるマッサージオイル

「最近食欲がない…」と悩んでいる人は、「ベルガモットオイル」を使ってみましょう。消化器系の不調に効果があると言われており、食欲の増進などが期待できます。しかしベルガモットオイルは“光毒性”という特徴をもっており、太陽の下で使うと紫外線と反応して肌にダメージは与えてしまう恐れも。ベルガモットに限らず柑橘系のオイルは光毒性を持つものが多いので、取扱いには注意が必要ですね。
 
肩こりや腰痛などを抱えている人には「ローズマリーオイル」がおススメ。薬草としてもお馴染みのローズマリーには沈痛効果があるとされているため、慢性的な痛みの改善に使えるそうです。しかしローズマリーオイルは刺激が強めなオイルなので、人によってはアレルギーなどのトラブルに繋がってしまうかもしれません。使用する際にはパッチテストを忘れずに行い、子どもに使う時は必ず医師に相談しましょう。
 
その他、保湿力が高く乾燥肌の人におススメな「アボカドオイル」や、美容効果の高い「ローズヒップオイル」など種類は様々。1つのオイルだけではなく、自分の体調によって使い分けてみてください。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

セラピストの仕事に就くための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!