美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.03.01

作成:2017.02.20

セラピスト

アーユルヴェーダのセラピストとして活躍したい!

エステを受ける女性

 

アーユルヴェーダとは?セラピストとしての資格は必要?

アーユルヴェーダとは、世界三大医学の1つで、インドで生まれた世界最古の伝統医学です。サンスクリット語で、Ayuh=生命、Veda=知識・科学という意味を表し、「生命そのものを科学する医学」という意味を持ちます。アーユルヴェーダは、健康や若さを保つことを目的とする予防医学で、非常に洗練された健康法です。

日本では、アーユルヴェーダのセラピストとして活動する場合、民間の資格が必要となります。また、治療行為を行う場合は、医師免許が必須。本場のインドでは、アーユルヴェーダ専門の国家資格が存在しており、治療を行うこともできます。

マッサージを受ける女性

 

アーユルヴェーダのセラピストは、どのようなところで働けるの?

アーユルヴェーダのセラピストとして活動する場合、どのような場所で働くことができるのでしょうか。

アーユルヴェーダのセラピストとして働ける場所

  • マッサージ店
  • エステサロン
  • 整体院、接骨院
  • ホテル、温泉施設
  • 個人サロン

アーユルヴェーダのセラピストとして、様々な場所で活躍することができます。ご自身に合った場所を探して、施術経験を積みましょう。

アロマキャンドル

 

個人で開業するために必要な技術、道具、設備とは

アーユルヴェーダのセラピストとして個人で開業するためには、どのような準備が必要なのでしょうか。ここでは、必要な技術や道具、設備をご紹介します。

必要な技術

  • アーユルヴェーダの基本的な考え方、理論を理解する
  • アーユルヴェーダの技術であるアビヤンガ、シロダーラを習得する
  • 半年以上のボディーワーク経験

必要な道具

  • ベッド
  • シロダーラポットと台
  • ハーブオイル
  • オイルを湯煎する器具
  • タオル
  • 紙ショーツ
  • ベッドシーツ
  • ガウン

必要な設備

  • 最低6畳以上のスペースや部屋
  • ヒートマットやドームサウナ
  • シャワー設備
  • トイレ
  • 洗濯機
  • 音響

アーユルヴェーダのセラピストとして開業する場合、このような知識や道具、設備などが必要となってきます。最低限必要な道具は、オイルとシロダーラポット。この2つがあれば、施術自体は可能です。

自宅サロンとして開業する、お金をかけて本格的なサロンを立ち上げるなど、それぞれの目的や好みに合わせて、開業を考えてみてはいかがでしょうか。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

セラピストの仕事に就くための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!