美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.10.13

作成:2017.10.12

ブライダル

ブライダルプランナーへのプレゼントを見つけるヒント

心付けの相場は?

心付けは、お世話になった方に贈る感謝の印のことです。結婚式を挙げるうえで一番お世話になるのがブライダルプランナーでしょう。心付けは必ず渡さなければならないものではありませんが、「幸せのおすそわけをする」という意味を持つので、できることなら渡したいものです。

一般的な心付けの相場は5,000~10,000円と言われています。「寿」や「御祝儀」と書かれたポチ袋やご祝儀袋に四つ折りにたたんで入れるのが一般的です。お札は新札を用意しましょう。袋の表書きには新郎が右側になるように両家の姓を書いてください。

心付けを渡す際に気を付けること

結婚式の会場によっては、費用の中にスタッフへの謝礼金があらかじめ含まれている場合があります。その際には断られてしまう可能性が高くなるといってよいかもしれません。もともと現金でお礼をもらうことを禁止している会場も存在するほどです。会場が禁止をしているのであれば、いくらお世話になったからといっても、無理に渡すことは考えないようにしましょう。

現金以外でのプレゼントは?

現金でのお礼ができない場合は、お菓子を贈ると受け取ってもらいやすくなります。「お世話になりましたので」と付け加えれば相手も受け取りやすくなるでしょう。会場のスタッフと分けられるお菓子がおすすめです。

ブライダルプランナーのみにお礼をしたいのであれば、ブライダルプランナーに合ったものをプレゼント。例えば、髪の長いプランナーであれば髪をまとめるヘアアクセサリーを。いつもパタパタと忙しそうだと思ったら、疲れを癒すために入浴剤をプレゼントするのもおすすめです。そこに新郎新婦の手紙を添えれば、ブライダルプランナーの一番の宝物になることでしょう。

ブライダルプランナーの中には「ボールペンや文房具など、仕事で使える道具をいただけてうれしかった」という方もいるそうです。

プレゼントを渡すタイミングは式当日か後日がベスト

ブライダルプランナーにお礼を渡すタイミングは、式当日の挙式後か後日贈るのが一般的です。当日の場合は「今日はお世話になります」といった言葉を添えて、後日なら「結婚式当日はお世話になりました」と挨拶がてら渡すと良いでしょう。結婚式の前日までは準備であわただしくなるので、受け取るタイミングとしては好ましくないので注意してください。

お礼やお心づけは、必ず渡さなくてはならないものではありません。ブライダルプランナーの中には、結婚式までカップルのために尽くすことが仕事だからと考える方もいることでしょう。ですが、感謝の気持ちがこもった手紙やアクセサリーなどのプレゼントは、新郎新婦が幸せな結婚式を迎えられたことを伝えるツールとなります。お世話になるブライダルプランナーに合ったプレゼントを渡せるとよいですね。

Author:美プロ編集部

expand_less