美容スペシャリストな自分になるために

更新:2020.06.18

作成:2016.10.19

小ネタ

けつアゴって何?アゴが割れる原因と治療法


 

人間なら誰だって、自分の体のどこかしらにコンプレックスを抱えているもの。しかしその中でも、いわゆる「けつアゴ」に悩まされている人は多いのではないでしょうか。

今回は割れたアゴに関して徹底解析。そもそも「けつアゴ」とは何なのか。原因や治療法も見ていきましょう。

 

INDEX
■けつアゴ、正式名称は「割れ顎」
■けつアゴになる原因は?
■けつアゴって痩せたら治るの?
■けつアゴの治療法はあるの?
■けつアゴをメイクでカバーする方法
■けつアゴの人がしてはいけない事とは?
■個性の1つとして受け入れてみては?

けつアゴとは?正式名称は「割れ顎」

正式名称を「割れ顎」というこの形はアゴの中央部分に凹みがあり、見た目がまるでお尻のように見えることから、「けつアゴ」「尻アゴ」などと呼ばれている。割れ顎は、縦に2つに分かれているように見えることから、その名前が付けられました。

 

けつアゴと聞くと真っ先に“ザキヤマ”ことアンタッチャブルの山崎弘也を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、他にも水嶋ヒロや三浦春馬、平愛梨や松井玲奈など、けつアゴの美男美女は多いのです。とはいえ、けつアゴというネーミングが良くないのか、大抵の人はそれを必死に隠そうとしているようですね。

 

ちなみに、男性に多いというイメージが強いですが、実は女性にも一定数存在します。女性は顔の周りの皮下脂肪が多く骨の形があまり主張されないため、アゴにくぼみがあるとしてもあまり目立たないというのがそう思われる理由。

けつアゴになる原因は?

遺伝による、先天的な原因

けつアゴになるには2つの原因があると言われています。1つは先天的な原因で、生まれつきの遺伝子によるもの。純血の日本人ではなく、ハーフやクォーターなど海外の血が混ざっている人はけつアゴになりやすいとも言われています。また、アゴの骨部分である下顎骨は幼い時に発達しますが、この発達が不完全に終わると下顎骨に凹みが発生して、けつアゴになってしまうのです。

おとがい筋の発達による、後天的な原因

もう1つの理由は後天的なもので、「おとがい筋」という筋肉が発達することでけつアゴになることがあります。おとがい筋はあご部分に左右1つずつあるので、この筋肉を鍛え過ぎると、おとがい筋のない真ん中部分が凹んだようになってしまいます。そのため今はけつアゴではない人も、今後けつアゴになる可能性は十分にあるのです。

 

「それならおとがい筋を衰えさせればいいのでは?」と思った人もいるのではないでしょうか。ですが、そうではないのです。おとがい筋は口まわりを支える重要な筋肉なので、衰え過ぎると今度は二重アゴになったり、口角が下がって表情が硬くなったりというデメリットが発生してしまいます。おとがい筋を鍛え過ぎるればけつアゴになるし、鍛えなさ過ぎてもそれはそれで別問題が発生するというから考え物ですよね。

 

ちなみに、おとがい筋は主に噛むことによって発達する筋肉。かつては噛む回数の少ない穀類や魚といった食材がメインの食生活だった日本人ですが、最近は肉をはじめとした食事が増えたことによっておとがい筋の発達がしやすくなってきています。それに伴って、アゴに凹みができる人の割合も増えてきているのですね。

けつアゴって痩せたら治るの?

けつアゴは、前述したように遺伝によるものや骨格の問題にあるため「痩せたら治る」というわけではありません。一般的に「けつアゴ」と呼ばれるものの中には、骨割れタイプ肉割れタイプのものがあります。

 

この肉割れタイプという場合には、痩せて「目立たなくなる」可能性はありますが、肥痩に関わるかはわからないのです。そもそも、骨割れタイプなのか肉割れタイプなのかよくわからないという事もありますよね。その場合、アゴの割れている部分を手で触って骨の形を確認してみてください。骨割れタイプなら、骨に凹凸を感じるかと思います。

 

ちなみにアゴの骨格は、優性遺伝の確立が高く両親のどちらかが「けつアゴ」であれば遺伝する可能性が高いのです。

けつアゴを治したい!治療法はあるの?


 

けつアゴで悩ましいのは、ヘアスタイルやメイクで隠すことができず、自力で治すのも難しいということ。「それじゃあけつアゴの私はどうすれば良いのよ…!」と叫びたくなる人もいるかもしれませんが、解決策はあるのです。

ヒアルロン酸の注射

有名な方法では、ヒアルロン酸の注射。あごの凹み部分にヒアルロン酸を注入することで、凹みを矯正してアゴを目立たなくする方法です。1回の手術時間は10分程度であり2万円前後で受けられる最も簡単な方法なので、プチ整形気分で気軽に施術を受ける人も多いのですが、数カ月で効果が切れてしまうのが難点。

 

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分のため、時間の経過とともに自然と体内に吸収されてしまうのです。痛みを感じることなく手軽に受けられるのがメリットですが、ヒアルロン酸注射による改善を望む場合は、数か月に一度の注射を続けていく必要があるでしょう。

アゴの骨を削る・切る

他には、根本的な解決方法としてアゴの骨を削る・切るという治療法もあります。口の中を内側から切開してアゴの先端部分の骨を削る、もしくはアゴの中央部分の骨を一部切り取って金属などで固定するという方法です。いずれも切開するのは顔の内側のため外から傷跡が見えることはありませんし、永久的に確実に治療をすることができます。ちなみに、この治療法の費用は100~150万円ほどかかることが多々。本来の骨を削るという大掛かりな手術のため、費用も高額なのですね。アゴの形を矯正できるだけでなく、骨を削ることによって顔自体を小さくすることができるのがこの治療法のメリットです。

 

もちろん手術前には麻酔をするため痛みを感じることはありませんが、麻酔が切れた後はしばらく痛みを感じたり、腫れによって上手く食事をすることができないことがあります。腫れが引くまでに1週間以上かかることもあり、その間はなるべく安静にしておくのが一番なので、年末年始や長期期間中を選んで手術を受けるのが良いでしょう。

シリコンを入れて形を整える

続いては、シリコンプロテーゼという材質を顔の中に入れ込む治療法。シリコンプロテーゼは人工関節として医療現場で使用されることも多いため、アレルギー反応を起こす恐れもなく、時間の経過とともに体内に溶け込んでしまうこともありません。また、1ミリ単位での調整ができるため、自分の好みの形に微調整した上でアゴの形を整えることができます。下唇の粘膜を内側から切開して挿入するため、もちろん顔の外側から傷跡が残ることもなく、手術後の痛みや腫れも少ないのが特徴的です。

 

単にアゴの形を整えるだけではなく、顔を横から見たときに美しいとされている「Eライン」に近づけることもできるため、人気の高い治療法です。値段は30万円前後とやや高額ですが、半永久的に効果を持続させることができますよ。

 

このように、すでにけつアゴだという人は整形外科などの医療機関で医師に相談するのがベストです。また、解決策は注射や手術だけではなく、メイクでカバーするなど様々な形でコンプレックスをなくしていくのもひとつの手ですよ。

けつアゴをなかったことに!メイクでカバーする方法


 

けつアゴがコンプレックスの人にとっては、2つに割れたアゴは何としてでも隠したいところ。ですが、ヒアルロン注射や顎を削る手術は怖くて出来ない…

 

そんな人は、メイクで隠しちゃいましょう。コンプレックスを隠して可愛く見せるためにあるのが「メイク」。けつアゴをカバーするメイクのポイントを見てみましょう。

 
【用意するもの】

  • 肌の色よりワントーン暗いファンデーション
  • 小麦肌に近いコンシーラー
  • オレンジ色のチーク
  • 少し明るめのファンデーションかハイライト

 
【メイク方法】

  1. すっぴんの状態に、肌の色よりワントーン落としたファンデーションをアゴに塗る
  2. 小麦肌のコンシーラーをアゴに塗る
  3. 他の場所となじませるために、オレンジ色のチークでぼかす
  4. 軽く明るめのファンデーション(or ハイライト)を塗る

 

これで出来上がりです。気を付けたいポイントは4項目の明るめのファンデーション。付けすぎると、逆に光の加減でけつアゴが目立ってしまう事もあります。様々な角度から光を当てて確認してみてくださいね。

けつアゴの人がしてはいけない事とは?


 

「けつアゴだから嫌だな…」とコンプレックスに感じてしまえばしまう程、無意識に「アゴ」を触ってしまうものです。けつアゴの治療法として、美容整形や骨を削る手術などが存在しますが、日常生活でも避けた方が良い行動があるのです。

 

また、メイクでけつアゴを隠す場合にも、気にしすぎてアゴを触ってしまうようであればファンデーションなどのメイクが取れてしまいます。海外では、けつアゴがセクシーと感じられる事もあるので、チャームポイントとして少しずつ考え方を変えていくというのも良いのではないでしょうか。それでは、日常生活での注意点を見て行きましょう。

アゴを無理矢理おさえる

アゴが気になって、ボコっとしている骨を無意識におさえてしまう事があるのではないでしょうか。骨をおさえる事が癖になってしまっている場合には、無意識のうちに数回もおさえたり強い力がアゴにかかっていたりする事が考えられます。

 

このような事が習慣付いてしまうと、けつアゴを悪化させてしまいます。理想のアゴに近づけたい一心でおさえてしまうのかもしれませんが、骨には余計な刺激を与えないように心がけましょう。人の身体は、傷付いた部分を修復しようとする力が働くので、その際に元より大きく凹凸が出来てしまう可能性もあります。

アゴを引っ張る

アゴをおさえる癖のある人と同様、アゴを引っ張る行為も禁止です。アゴの中心が凹んでいる事で、アゴをつまみやすくなったり引っ張ったりしてしまいます。

 

このような行動を続けるとけつアゴのラインが目立つようになってしまいます。また、無意識に何度も引っ張ることで肌の細胞が壊れてしまいニキビや吹き出物の肌荒れを起こす原因ともなります。気になって触ってしまう気持ちもわかりますが、案外、人は気にしていないものです。

個性の1つとして受け入れてみては?

ここまでけつアゴのことを紹介してきましたが、結論、アゴに凹みがあるからと言って見た目以外の健康上の問題は何もありません。自力で筋肉を退化させたりアゴの形を変えることはできませんが、今以上に目立たせたくなければ、何より気にして触らないことが一番。他の筋肉と同じように、刺激されることによっておとがい筋も発達しやすくなるのです。

 

日本人の中ではけつアゴ=恥ずかしいというイメージが定着していますが、海外では実は色気があって美男美女の象徴ともされているのです。実際、日本の芸能人の中にもけつアゴの人は多くみられますよね。鼻の形や目の大きさがそれぞれ違うように、アゴの形だって人それぞれ個性があるのは当たり前のこと。自分がそこまで気にならないのであれば、美容外科で無理やり形を変えるのではなく、1つの個性として受け入れてみても良いのでは?

Author:美プロ編集部