エステティシャンの休みとは

エステティシャンの休みとは

勤務時間が長く、休みも少ないと言われているエステティシャン。 ここでは、エステティシャンの休みについてご紹介していきます。

エステティシャンの勤務時間

起床  

エステティシャンが働く、エステサロンの平均開店時間は朝の11時、閉店時間は夜の20時か21時と言われています。

たとえば11:00~21:00まで営業のお店だとすると一日の大体の流れは、

        
  • 10:00 出勤・開店準備
  •     
  • 10:30~ ミーティング
  •     
  • 11:00 開店
  •     
  • 11:00~21:00 サロン業務
  •     
  • 21:00 閉店・閉店作業
  •     
  • 22:00 帰宅

上記のようなすごし方が多いです。

ちなみにお客さんの予約が入っていないときにもお休みしているのはなく、技術向上の為の研修を先輩と一緒に行ったり、お客さんの使うタオルの洗濯などのサロンワークをしています。上のような営業時間内で8時間勤務のシフト制で働くことも多く、早番(10:00~19:00)・遅番(13:00~22:00)などに分けられたりします。

「他の仕事より残業が多い」というイメージを持たれることの多いエステティシャンの仕事ですが、残業ほぼなしというサロンも徐々に増えてきています。

なぜ残業をしているのかも重要になってきますね。

理由はふたつあります。まずひとつめはお客様の予約が多かったとき、施術を行うために生じる残業。 もうひとつは、業務時間外に研修受けたり個人の技術練習をするためのものです。 予約が多いときには当然残業が増えます。

 

重要なのが、個人練習をやるために行う残業について。 新人のときにはどうしても練習をしなければならないのでかなりキツく感じられますが、レベルが上がると練習をする必要がなくなるので、新人のときに比べてかなり楽になります。 エステティシャンの残業が多いというイメージには、技術を覚えるのが1つの要因だったりします。 残業の実態については以下の記事で詳しく書いています!

 

エステティシャンの休みとは

ベッドで雑誌を読む女性  

朝10時~夜10時までの 勤務時間が、一般的といわれているエステティシャン。サロンは、土日祝日も営業しているため、基本的に平日が休みとなります。

オフィスで働いている方が週に2日、土日休みであるように、エステサロンで働いているエステティシャンも平日のうち2日間を休みとしてとれるようです。

休みの種類には、完全週休2日制と週休2日制があります。

  • 完全週休2日制・・・週に2日が必ず休み
  • 週休2日制・・・・・7日に2日の割合で休み

もし、週に2日確実に休みたい方は、完全週休2日制のエステサロンを探すと良いでしょう。

変則的に変わってしまう休みが嫌な方は、休みを固定してもらうようにすると良いでしょう。

土日休みはとりにくい

美容業界全体の共通事項として言えるのが、基本的には土日休みはとりにくいということでしょう。美容師なら月曜日か火曜日、エステティシャンなら金曜日を外した平日が休みになる場合が多く見られます。

お店側も、なるべくなら週末の忙しいときには出勤してもらいたいと考えることが多い為、このような休みの取り方になります。 ただ、最近では日曜定休サロンなども見られるようになってきました。

 

月6日~8日程度

スケジュール平日休みのおすすめの過ごし方5選

  1. オフィス街を散歩・そのままランチ
  2. → ラッシュを過ぎた朝の時間、オフィス街を散歩してみましょう。ビジネスマンたちやサロンの他のスタッフが忙しく働いている中で、自分は優雅に時間を過ごしているという幸せを実感できるはず。

  3. 話題のショッピングモールへ行きお買い物
  4. → 土日には人でいっぱいのショッピングモールも、平日の早い時間に行けばゆったりと買い物ができるでしょう。人がいっぱいでお店に入れないなんてこともなく、ストレスフリーでお買い物を楽しんで下さい。

  5. 少し離れた観光地まで、日帰りドライブ
  6. → 平日なら道路だってすいすい。お気に入りの音楽をかけて、少し離れた場所までドライブをしてみてはいかがでしょうか。 アウトドア派の方におすすめの過ごし方です。春にはお花見・秋には紅葉に行くなど、季節を感じられるスポットに是非訪れてみて下さい。

  7. 雨の日には家でテレビをみて過ごすのも
  8. → 天気が悪い日やあまり体調が優れない日には、家でのんびりテレビ番組を観て過ごしてみて下さい。土日休みの人達は、夏休みや年末年始以外の平日に、お昼のテレビ番組をみることもないはず。 ここでも優越感に浸りながら、最新のニュースやスポットをチェックするのも良い過ごし方でしょう。

  9. 明るい時間からお酒を楽しむ
  10. → まだ外が明るいうちから、好きな本でも読みながらお酒をたしなむ、贅沢な時間の使い方です。 これも、他のビジネスマンはみんな忙しく働いている中で自分はゆっくり過ごしているという喜びを感じることのできる過ごし方でしょう。

  11. たまには実家に顔を出してみる
  12. → 近くのケーキ屋さんで手土産を持って実家でゆっくりティータイム。電車やバスもすいているので、快適に長距離を移動できるはず。 平日休みは実家に行って親孝行をするチャンスです。

エステティシャンの仕事は体を使うので、休みの日は一日ゆっくり体を休めるのも良いですし、他の土日休みの人には出来ないことをして過ごすのも良いでしょう。

計画的に過ごすことで充実した休みを

ヘアカット

休みが平日に限られてしまうエステティシャンですが、平日休みだからこそできることも沢山あります。体力を使う仕事の為休みを寝て過ごすのもひとつの方法ではありますが、プライベートをより充実させるためには、休みに何をして過ごすのか予め決めておくのは良いことです。1ヶ月のシフトが出たら、その月の平日休みの日には何をしたいか考えるのも楽しみの一つになりそうですね。 次の休みには美容院に行く、その次の休みには土日に行列ができる人気店でランチをする、来週の休みは映画を観に行くなど、予定を組んでおくと充実した休みを過ごすことができるでしょう。

人の少ない中でゆったり観られる話題のあの映画も、平日限定の人気レストランのランチも、土日休みの人には味わえない、平日休みの人にだけ与えられた特権です。

充実したプライベートを過ごすことで、リフレッシュしてまた仕事を頑張ることができるはず。

ただ、あまりにも予定を詰め込み過ぎてしまうと疲れてしまいますから、時には家でゆっくり過ごす日もつくるのも良いかもしれませんね。

まとめ

エステティシャンの休みは基本的に平日。ただ、一般的なビジネスマンとは違う平日休みも、自分で過ごし方を計画したり平日にしかできない場所に行くことで、自然と楽しく過ごすことができるはずです。

「労働時間が長そう」「休みが少なそう」と思われがちなエステティシャンですが、女性の多い職場の為、女性が働きやすいということも事実。

最近ではママさんスタッフの為に産休制度や育休制度を導入したり、労働時間に関しても時短勤務や扶養内での勤務を認めているサロンが多数あります。

週休二日制・完全週休二日制のエステサロンも増え、通常のビジネスマンと同じくらいの休みがとれるようになったことで、女性が長く働けるような労働環境に変わってきているのが現状です。

今後はもっと充実した待遇や休みが増えていくことで、エステティシャン全員が仕事と家庭を両立できるような働き方ができる日も近いかもしれませんね。

エステティシャンになるための情報まとめ

お役立ちコンテンツ

就活講座

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
  • 岡山県
  • 広島県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州・沖縄
その他
  • 海外