エステティシャンの向き不向きについて

エステティシャンの向き不向きについて

本当に自分がエステティシャンに向いているのか、わからずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか?せっかく憧れて自ら選んだ仕事なのに自信のないまま続けていては、なかなかスキルアップできません。

ここでは、自分は向いていないかもと不安を抱えるエステティシャンやこれからエステティシャンを目指そうとしている人に知っておいてほしい、エステティシャンに向いている人と向いていない人について、お話ししていきます。

ヘッドエステをする女性  

仕事内容

華やかな職業というイメージのあるエステティシャン。

あらゆる「美」を提供するエステティシャンは、まさに美のスペシャリストと言っても過言ではありません。

常に最新の美容に触れることができて、無料もしくは社割で自身もキレイになれる機会があるエステティシャンのお仕事は女性にとって憧れの職業のひとつです。

しかし、華やかなイメージの反面、失敗が許されないシビアな職業でもあります。

エステサロンにご来店されるお客様のなかには、ご自分の身体にコンプレックスを持つ方や何らかの肌トラブルのある方などもいらっしゃいます。

エステティシャンはそんなお客様のお悩みや、さまざまなご要望をお伺いして美容器機や手技を使った施術を通してそれを改善・解消していくお仕事です。

1日の仕事の流れ

9:00 出勤

出勤後はまずサロン内の清掃を行います。その後、当日の予約内容確認し、最初のお客様の施術内容に応じて必要な道具のセッティングなども行います。

9:30 ミーティング

注意事項や予約内容を全員で確認し、共有します。

10:00 オープン

担当のお客様にカウンセリングを行い施術ルームへと案内します。その後は予約状況に合わせて施術、片付け、セッティングなどを行い、休憩は交代で取ります。部分脱毛といった比較的短時間のものから、全身のボディーケアまで、施術時間はまちまちですが、1日に3~4名程度の接客が見込まれます。

19:00 クローズ

1日の売り上げを報告した後、店内の清掃や翌日の準備と予約の確認をしてから退勤します。

新たな機械や技術の導入の際には閉店後に研修を行うこともあります。

エステティシャンに向いている人

聞き上手な人

コミュニケーション能力に長けている人は、聞き上手とも言われます。

エステティシャンはカウンセリングをしながらお客様の要望や悩みを上手く聞き出し、改善に導かなければなりません。

そのため、話を引き出し、適切な施術を行うためには重要なスキルなのです。

現時点で聞き上手と自信がある人はあまりいないと思いますが、この能力はエステティシャンの仕事をしていけばついていくものなので、今聞くのが下手だからと言って諦める必要はありません。

前向きで明るい人

お客様は悩みを抱えて来店される人が、ほとんどです。それに対して、共感しながらも一緒に落ち込んでしまってはきれいになれるイメージがわきません。ハードな施術内容であっても、一緒に乗り切りましょうと、励まし合える関係をつくれるかが大切になります。

美容に興味のある人

いつもキレイでいたい、スタイルを維持したいという人にエステティシャンはピッタリの職業です。

普段から美容のトレンドに敏感だったり、新しい美容法があるとすぐに試してみたり、美容への関心が高ければそれだけお客様とお話する際に適切な情報を提供することができます。

人のために一生懸命になれる人

エステティシャンは人の美容のために尽くすお仕事です。

さまざまな悩みや要望を抱えたお客様に親身に接し、お客様のちょっとした変化に気づいて美しくなったことを一緒に喜べるような人がこのお仕事には向いています。

施術が終わった後のお客様の笑顔や喜ぶ姿がエステティシャンにとって何よりのやりがいです。

体力に自信がある人

お客様の健康や美に携わるお仕事なので、エステティシャンが疲れた顔をしているわけにはいきません。

人気サロンですと予約が途切れず一日中立ちっぱなしで休憩もあまりとれないなんてことも珍しくはないので、普段から健康に気遣い、ある程度体力をつけている人がエステティシャンに向いています。

エステティシャンに向いていない人

コミュニケーション能力の低い人

極端に人見知りの人は、お客様との間に壁を作ってしまいます。エステティシャンの仕事はお客様のコンプレックスを引き出すカウンセリングに始まり体を預けていただく仕事なので、そこには信頼関係がなければうまくいきません。

お客様とうまく話せないという人は、コミュニケーションに関する本を読んだり先輩スタッフに相談したりと積極的にカウンセリング能力を上げる努力をしましょう。

それでもやっぱり苦手だという人は、フレンドリーな客層が多くお客様の方から話しかけてきてくださることも多いアットホームな個人店サロンなどが向いているかもしれません。

 

美容に興味の無い人

エステティックサロンには美しくなりたいという気持ちを持ったお客様が多くご来店されます。

なので、エステティシャンは常にお客様の規範となるような美しさや美意識を持っていることが理想的です。

美容に全く興味の無い人や身なりに無頓着な人には向いていないお仕事と言えるでしょう。

美容には全く興味が持てないという人は、接客を必要としないオフィスワークや事務のお仕事を探してみるのもいいかもしれません。

 

共感能力の低い人

エステティシャンにとって、お客様の悩みやご要望に寄り添いお客様の結果を心から喜べるという共感能力は必要不可欠なものです。

お客様のコンプレックスに一緒になって向き合い、目標に向かって親身に尽くす事でお客様との信頼関係も築くことができ「この人だったら任せられる」と感じていただくことができます。

お客様の為に努力できなければ、お客様との良い関係を築くことはできません。どうしても共感能力に自信がない場合は美容器機の正しい使い方をレクチャーするようなインストラクターのお仕事に挑戦してみるのもいいかもしれません。

 

体力に自信の無い人

エステティシャンは、体力がなくては勤まらないお仕事です。

一日中立ちっぱなしだったり、全身を使って圧を加えてマッサージを行ったりと、体力のない華奢な人にはかなり辛いお仕事になります。

けれども、エステの学校や研修では、力のない人でもお客様に気持ちがいいといってもらえるコツをレクチャーしてもらえるので、体力に自信の無いという人は一度、エステサロンや、学校で相談してみてはいかがでしょうか?

中には、全然疲れない施術方法を教えてくれるエステの学校もあったりします。

また、自分で働き方の調節ができる業務委託やアルバイト・パートといった働き方であれば、お休みの融通を聞かせながら自分のペースで働くことが可能です。

 

笑顔が感じられるやりがいのある仕事

お客様のお悩みに一緒に向き合って二人三脚で親身に改善・解消に取り組んでいくエステティシャンのお仕事は大変なこともたくさんありますが、結果が出た時の喜びは何にも代えがたいものです。

ご来店当初は自身の身体にコンプレックスや悩みを抱えて自信なさげだったお客様が、自分の施術やアドバイスによってどんどん明るく綺麗になっていき、笑顔を取り戻していく姿にエステティシャンとしての喜びや誇りを感じます。

「あなたがいてくれたから頑張れた」「本当にありがとう」など、お客様から頂く感謝の言葉と心からの満面の笑みに出会えた時に、今まで頑張ってきてよかったと何よりのやりがいを得ることが出来ます。

向き不向きはあって当然

話を聞く人  

物事にはなんでも向き不向きがあるように、エステティシャンという仕事にも向いている人と向いていない人がいます。向いていない人も紹介しましたが、当てはまるからといって落ち込む必要はありません。

向いていないと挙げたものは仕事をしている内に身につくスキルであるので、努力をすれば変えていけることも。前向きに捉え、プロのエステティシャンになるために努力しましょう。

エステティシャンになるための情報まとめ

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
その他
  • 海外