エステティシャンが面接ですべき逆質問って?

エステティシャンが面接ですべき逆質問って?

はてなはてな  

エステティックサロンの面接で大切なのは、そのサロンに入社したいという意気込みを面接官に伝えることです。そのサロンで働きたいというあなたの意欲を相手に伝えるのに最も効果的な方法が「逆質問」です。

面接の最後に聞かれる「何か質問はありますか?」に対して「いえ、特にありません」と返すのは非常にもったいない事です。逆質問の機会は、自分の就業意欲やPRポイントを補強する意味でも非常に重要です。

ここでは、エステティシャンが面接ですべき逆質問についてみていきましょう。

逆質問は面接でも重要な要素

まず、逆質問がなぜ重要なのかを考えてみましょう。面接官はなぜ最後に逆質問を求めるのでしょうか。

一通り面接が終わった後に聞かれる「何か質問はありますか?」には、今まで説明したことがちゃんと相手に伝わっているのかという確認の意味や、入社に対して疑問を残したくないという会社側の意図ももちろんあります。しかし、一番重要なのは逆質問の機会を与えることで、あなたの人となりをもっとよく知りたいという意図があるのです。

会社側は、あなたがどのようなことを気にしているのか、入社の意欲は高いのか、会社の風土にあっているのかといったことを知りたいと思っています。それを知るのに効果的なのが逆質問なのです。

逆質問でのマナー

逆質問をする場合にもある程度のマナーがあります。会話を広げてなるべく和やかに面接を終えるためにも、以下のような質問はなるべく避けた方が良いでしょう。

面接管が既に話したことを繰り返し質問するのはNG

当たり前のことですが、聞くことが思いつかないからと言って面接官が既に話したことを繰り返して聞くのは良くありません。あなたが話をまったく聞いていなかったという印象を面接官に与えてしまうので、注意してください。

調べればわかることを聞くのはNG

「どんな企業理念をお持ちですか?」「どんなサービスを提供していますか?」などホームページで調べればすぐに分かるようなことは質問を避けた方が良いでしょう。調べればすぐに分かるようなことを質問するのは、あなたが会社の事をまったく何も調べていないという印象を与えるので、就業意欲が低いと判断される可能性があります。

逆質問①新卒の場合

新卒生の場合は実務経験も社会経験もまだないので、とにかくその会社で役に立ちたいことをアピールするような質問が良いでしょう。入社後のイメージを膨らませるような質問だと就業意欲が高いとみなされ好印象を持たれやすいです。

入社までに勉強した方が良いことがあれば教えてください

そのサロンで早く活躍したい。なんでも率先して学んで早く一人前になりたいという気持ちが表れており、面接官に好印象を与えられる質問です。

仕事でやりがいを感じたエピソードがあれば教えてください

面接官の経験を引き出すような質問だと、面接官も応えやすいので話も広がりやすいです。また、実際の勤務時のエピソードが聞けるので就業した際の参考にもなる質問です。

将来的にはキャリアアップして活躍したいと考えていますが、評価制度について教えてください

評価制度や昇進制度についての質問は、その会社で長く働いていこうという意欲が感じられる質問です。そのサロンでバリバリ活躍していきたいという気持ちを面接官に伝えられる良い質問です。

逆質問②転職の場合

エステティシャンの転職の場合は、より具体的に自分がそのサロンで働くことをイメージさせるような質問が良いでしょう。経験を活かして即戦力としてすぐに活躍できるという事が伝われば、面接官にも好印象を与えられます。

1日に1人あたり何人程度のお客様を施術していますか?

現場の状況を具体的に質問することで、面接官によりリアルに自分が働くという事をイメージさせることができる質問です。

1日の具体的な仕事の流れを教えてください

具体的な仕事の流れを聞くことで、そのサロンでの仕事内容が見えてきます。会社側からすれば、仕事内容を詳細に説明しておくことで入社後のミスマッチを防ぐことが出来るので、相手に不安を残さない良い質問です。

御社で活躍されている方々の特徴を教えてください

現在活躍している人の特徴を聞くことで、自分がそのサロンで早く活躍したがっているという事を伝えることが出来ます。また、活躍できるポイントも分かるので入社後に活かすことが出来る質問です。

逆質問③ブランクからの復帰の場合

ブランクがあるエステティシャンの場合は、働いていた経験をアピールする質問や、ブランク期間が長い場合は研修を受けて積極的に勉強していくという姿勢を示せる質問が良いでしょう。

○○の資格を御社で活かす事はできますか?

資格を持っている場合は、さりげなくそのことをアピールする質問も良いでしょう。実務経験がある場合も「○○の業務に携わっていましたがその経験を活かせますか」と聞くことで実際に業務経験があるということをアピールできます。

研修制度はどのようなものがありますか?

実務経験が乏しい場合や技術に不安のある場合でも、研修制度のあるサロンであれば学ぶ意欲をアピールすることができます。

私のスキルや経験で不足に感じたところがあれば教えてください

一歩踏み込んだ質問ですが、実際に面接官が不安に思っている点があるのであればこの質問を機会に自分の就業意欲をアピールすることが可能です。

事前にとったメモを使って逆質問をしよう

面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれてスラスラと質問が出てくる人は少ないと思います。良い質問というのはとっさには思いつきませんので、事前の準備が不可欠です。あらかじめそのサロンについてホームページなどで調べて、質問をいくつか用意していく方が良いでしょう。事前にメモをしておけば、質問事項を忘れることもありません。

また、面接中に気になったことは随時メモを取り、後でそのことについて質問するというのも良いでしょう。面接中にメモを取っていることで面接官にやる気を見せることもできますし、書くことによって頭の中を整理して話す事が出来るようになります。

まとめ

新卒や中途、ブランクがある方などそれぞれの置かれている状況によってもアピールできるところは異なります。しかし、共通して言えるのはどんなサロンも働く意欲のある人を欲しいと思っているということです。

エステティシャンのお仕事は、癒しやコンプレックスを抱えて来店するお客様を美しくして幸せな気持ちにしてさしあげること。そんな素敵なエステティシャンになりたいと思うあなたの素直な気持ちが伝われば、あなたの魅力はきっと面接官にも伝わるはずです。

エステティシャンになるための情報まとめ

お役立ちコンテンツ

就活講座

北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
  • 岡山県
  • 広島県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州・沖縄
その他
  • 海外