美容スペシャリストな自分になるために

2016年6月6日更新

アイリスト

最悪失明も!? まつ毛エクステ・まつ毛パーマの怖いトラブル


目元を美しく、華やかにしてくれるまつ毛エクステやまつ毛パーマなどの、まつ毛への施術。しかし、今問題になっているのが、まつ毛への施術による目のトラブル。施術をするのは身体の中で一番弱い目と密接な場所。トラブルにより、最悪失明してしまう可能性もゼロではないのです。
 
今回は、まつ毛への施術における目のトラブルについて紹介していきたいと思います。どのようなトラブルが起こりうるのかをきちんと把握し、まつ毛エクステやまつ毛パーマを安全に楽しめるようにしていきましょう。

まつ毛エクステのトラブル

まずは、まつ毛エクステで起こってしまうトラブルについて紹介していきます。独立法人国民健康センターによると、まつ毛エクステがブームになった2010年から、毎年100人以上もの健康被害の相談が寄せられているとのこと。これすら氷山の一角であり、実際のトラブルはこの数倍になるといわれています。

目のトラブル

まつ毛エクステの施術では、エクステを目に付けるためにグルーと呼ばれる接着剤を使用します。このグルーが、施術後に生活する中で目に入ってしまうことで、目の充血などのトラブルが起こってしまいます。また、直接目に入らなくても施術中に揮発したグルーなどの薬品によって目が充血することも。充血のみで痛みがない場合も、放っておくと重要なトラブルにつながる可能性があります。1日以上充血したままの場合はすぐにオフして、病院で目薬などを処方してもらうようにしましょう。痛みがある場合は施術中に角膜を傷つけてしまっている可能性が高いようです。すぐに病院で診てもらうようにしましょう。放っておくと、角膜炎や結膜炎など重大なトラブルにもつながってしまいますよ。

目の周りのトラブル

テープを目の周りにはったりピンセットで目にエクステを付けるという作業をすることで、目の周りの皮膚がかぶれたり、傷ついたりするなどのトラブルが起きてしまうことも。目の周りの皮膚は他の部分と比べて弱いので、ちょっとしたことで傷ついてしまいます。また、薬品が合わない場合はアレルギーによって目の周りが腫れてしまうことも。生活している中で、グルーが水や汗とともに流れてアレルギーが起こることが多いので、施術後しばらくは、目や目の周りに何か異変はないか気を付けながらの生活を心がけましょう。

まつ毛が抜ける

グルーはまつ毛に1カ月近くエクステを付けられるくらい強い薬品なので、薬品がついているエクステを付けていることは、常に自分のまつ毛を痛めているということです。付けている期間が長いほど、自まつ毛がどんどん弱ってしまい、切れたり抜けやすくなってしまいます。また、エクステをオフするときに一緒に抜けてしまうことも。健康な自まつ毛を保つためには、日々のケアをしっかりと行うことや、エクステを付け替える周期をきちんと管理することが大切ですよ。
 

まつ毛パーマのトラブル

まつ毛エクステとは違い、自まつ毛に直接カールを加えるまつ毛パーマ。まつ毛パーマでは、まつげエクステと少し違うトラブルが起こりやすいようです。

目や目の周りのトラブル

まつ毛パーマは施術にパーマ液を利用しています。これによって、目の充血やかゆみ、目の周りの腫れやかぶれが起きてしまいます。また、ロッドを肌に接着させて施術するため、肌がかぶれてしまうことも。ロットはアレルギーなどの対策のため様々な種類が用意されているので、アイリストはロッドの特徴などをきちんと把握して使い分けるようにしていきましょう。

まつ毛が折れてしまう

まつ毛のカーブや長さに合っていないロッドを使用したまつ毛パーマは、まつ毛が折れる原因に。まつ毛に角がついてその部分から折れてしまったり、まつ毛がチリチリになってしまうことも。これらは、慣れない施術者がロッドを毛先まで丁寧に扱わないことで起きてしまいます。もちろん折れたりチリチリになったまつ毛を修正することはできますが、ダメージの原因になってしまうので、ある程度期間をおいてから修正した方が良いでしょう。
 

トラブルを防ぐためには?

まつ毛エクステやまつ毛パーマをしたいと思ったときに気を付けてほしいことは、サロン選びです。まつ毛エクステ・まつ毛パーマのは法律で美容師の免許を持つ人しか施術を行ってはいけないことになっています。しかし、実情は美容師免許を持たずに施術をしている場合もあり、大きな問題となっています。施術者の技術不足はトラブルに直結します。必ず美容師免許を持つ人に施術してもらうために、ウェブで調べたり問い合わせるなど、下調べなどを行うようにしましょう。また、異変を感じたらすぐにオフして病院に行くのも大きなトラブルにしないために大切なこと。施術してすぐに同じサロンでオフしてもらうのが気まずいな…と思った場合は、オフのみで施術してくれるサロンなどを利用してみては?
 


 
 
とても大事な目に施術を行うまつ毛エクステやまつ毛パーマ。施術する側も、施術される側もトラブルについて理解し、意思疎通を図ったうえで施術を開始するべきです。それが、安全にまつ毛エクステやまつ毛パーマを楽しむための一番の方法ですよ。

アイリストの関連求人

アイリストになるための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。