美容スペシャリストな自分になるために

更新:2020.06.16

作成:2017.04.27

アイリスト

1日2分で目が大きくなる!? 『林先生が驚く初耳学!』に驚きのトレーニング法が登場!


 

目の大きさ」は女性にとって最も重要な関心ごとの一つ。目が大きいか小さいかによって、顔の印象はガラッと変わってきますよね。目を大きく見せるために毎日つけまつ毛をしたり、マスカラをつけたりと頑張っている人も多いと思います。

 

テレビ番組でも紹介された「1日数分行うだけで簡単に目を大きくできる方法」を紹介します。その他にも「目を大きくするマッサージ」をおこない、目のまわりのむくみをとってパッチリ目元を演出しましょう。

 

INDEX
■まぶたの筋肉を鍛える「顔ヨガ」
■気持ちよくキレイになれる「頭筋ストレッチ」
■1分でできる「むくみ取りマッサージ」
■眼輪筋を鍛えることが大切

1日2分で効果アリ!? まぶたの筋肉を鍛える「顔ヨガ」

テレビ番組『林先生が驚く初耳学!』では、普段のメイク落としとつけまつ毛によって目が小さくなってしまうことを紹介。番組に登場した研究者は「目を擦ってメイクを落とすことで、まぶたを持ち上げる筋肉がダメージを受ける」「つけまつ毛の重みでまぶたの裏側の筋肉が伸びてしまう」と解説していました。

 

そこで番組では、簡単にまぶたの筋肉を鍛えられる「顔ヨガ」が紹介されることに。そこで紹介されたトレーニングを見て行きましょう。

 
【1日2分!まぶたの筋肉を鍛える方法】

1.両手をおでこに当て、口を大きく開ける。

※この時に、額とほほの筋肉が動かないようにします。

2.この状態を保ったまま目を大きく開けて10秒、目を細めるのを10秒キープする。

 

1回1分、朝晩にやるだけで「次の日には目が大きくなる」そうです。簡単そうに見えるトレーニングですが、普段動かさない筋肉を使うので意外に大変。「顔ヨガ」に挑戦した俳優・安田顕は、涙目になりながら「凄い疲れますね」とコメント。とはいえその分効果があったのか、顔の筋肉が「ポカポカしてます」とも言っていました。

 

お茶の間では「目が大きくなる体操、毎日やっていく!」と「顔ヨガ」に興味を持つ人が続出。さらに「うわ! これすっごい目開く感じする!」と実際に挑戦してみた人の声も上がっています。朝に1分、夜に1分行うだけなので、続けられそうなトレーニングですね。

気持ちよくキレイになれる「頭筋ストレッチ」


 

同番組では数年前にも「目を大きくする方法」が紹介されていました。その名も「頭筋ストレッチ」というトレーニングで、1日3分でできる簡単な方法です

 
【頭筋ストレッチ方法】

  1. 頭頂部の「ザビエルゾーン」とフェイスラインから側頭部にかけての「カチューシャゾーン」を、30秒ずつ指で揉みほぐします。
  2. 続いて1分ほど、指の外側を使って「カチューシャゾーン」を引き上げるように動かします。
  3. 同じ部分を手のひらで圧迫しながら3回まわし、引き上げる動作を1分続ける。

 

「頭筋ストレッチちょっとやっただけでめっちゃ気持ちいい」「こういうのを求めてた!」と絶賛の声が上がっていたので、パッチリとした魅力的な目を手に入れたい人はぜひ一度お試しあれ。

メイク前の1分で「むくみ取りアイマッサージ」

続いては、メイク前にできるアイマッサージを紹介します。女性はメイクする前に、顔のマッサージをする事で血色が良くなります。

 

お肌の血色が良いとメイクした後も健康的に見えて、表情も明るくなります。その中でも、目のまわりをマッサージする事で「むくみ」が取れてパッチリとした目元になるのでメイク前にひと手間加えてみてくださいね。

 
【むくみ取りアイマッサージ方法】

1.人差し指の第二関節で目の上のくぼみ(アイホール)を押します。

2.目頭から目尻に向かって少しずつズラしながら圧を加えます。

3.人差し指の腹を使い、下まぶたの目頭を押します。

4.目頭から目尻に向かって少しずつズラしながら圧を加えます。

※下まぶたは皮膚が薄いので強く押さないようにしてください。

5. 人差し指の第二関節でこめかみを押します。

これだけで、老廃物も流れ目元がスッキリしますよ。むくみも取れてメイクしやすい状態に!

 

目を大きくする方法はいくつもありますが、顔の老廃物を流すことで簡単にパッチリ目元の出来上がりです。アイマッサージには、むくみを取るだけでなくリラックス効果も期待できるので疲れが溜まっている時にも試してみてくださいね。

眼輪筋を鍛えることが大切


 

目の周りにはドーナツ状にぐるりと囲むように眼輪筋という筋肉が存在し、主にまばたきをする時に使われています。

この眼輪筋を鍛えることによって、目を大きく見せることが出来るのです。反対に、眼輪筋を使わないことで弱らせてしまうと、目の下にたるみやクマができたり二重の幅が狭くなってしまったりといった症状が出てきます。また、眼輪筋には涙の量を調節する役割もあるので、眼輪筋が衰えることでドライアイにもなりやすくなるのです。

<眼輪筋を鍛える方法>

眼輪筋を鍛えるためには、以下のような方法がありますよ。通勤前や就寝前のちょっとした時間でも鍛えることが出来るので、ぜひ空き時間に取り入れてみては?

  1. 目に力を入れてぎゅっと閉じる
  2. 一気に目を大きく開ける
  3. ゆっくりと寄り目にして元に戻す
  4. 顔を動かさず眼球だけ右に向ける
  5. 同じように眼球だけ左に向ける
  6. 目をギリギリまで細め、そのまま5秒程キープ

1~6までの流れを、3セット繰り返しましょう。朝に行うと、寝起きの頭もすっきりしますよ。また、時間がない時には片目ずつウィンクをするだけでもOK。意識をせずにまばたきをしているだけではどんどん弱ってしまうので、たまに意識をして眼輪筋に力を入れてあげることが大切です。

 

また、眼輪筋を鍛えることで、以下のような嬉しい効果が期待できますよ。

・目がぱっちりと大きく見える

まぶたを押し上げる力が強まることで、目もしっかりと見開かれるようになります。結果的に、目が大きく見えるのです。

・顔が明るく見える

目の周りの血流が促進されるので、くすみやクマなども無くなり顔全体が明るく見えるようになります。目の周りの肌トーンも明るくなり、エイジングケア効果も期待できますよ。

・メイクのノリが良くなる

疲れがたまっていたり血流が悪くなっていたりすると、アイメイクも綺麗に映えません。眼輪筋のトレーニングでしっかり血流を流すことで、メイクのノリも良くなること間違いなし。

・疲れ目が解消される

スマホやパソコンを使い続けていると、疲れ目から頭痛や肩こりも引き起こしてしまうはず。眼輪筋を鍛えることで涙の量をしっかり調節できるので、目も疲れにくくなります。

美容整形をしなくても、目を大きくする方法は実はたくさんあるのです。たとえ美容整形をしたとしても、目の周りの筋肉が少ないと綺麗な目元をキープすることができなくなってしまいますよ。

 

目が大きくなるだけでなく、疲れにくくなったりエイジング効果が期待できたりする嬉しいトレーニング方法をぜひ試してみてくださいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。