美容スペシャリストな自分になるために

経理になるには未経験では難しい? 状況別の経理になるための方法や業界情報!


経理とは会社や企業のなかのお金の流れを管理するお仕事のこと。女性に人気の仕事のひとつで、経理職に就くために資格の勉強をしているという人も多いですよね。ですが経理になるにはどうすればいいか、あなたははっきりとご存知ですか?
 
そこで今回は経理職の求人に関する業界状況や、経理として働くための具体的な方法をご紹介。未経験から経理を目指すためのポイントやコツも取り上げているので、自分の状況にあわせて参考にしてみてくださいね。

経理職をめぐる業界状況

経理の仕事をするには「公認会計士」や「税理士」といった専門的な職業に就く方法もありますが、そのためには国家資格が必須で、高いスキルも求められます。そこでより一般的に行われているのが、会社の経理部門に就職するという方法です。
 
また、経理部門の仕事は「経理事務」や一般事務の仕事内容に含まれることもあるので、事務職の求人についても少しご紹介します。事務や経理はどんな会社にも必要とされる仕事なので、いつの時代でも安定して一定数の求人が存在するもの。とはいえ事務職は女性人気の高い職業で、ほかの職種と比べて求人倍率も高いため、実際に採用に行き着くのは限られた人だけとも言われています。
 
しかし事務職全般と比較すると、経理や会計の仕事は専門的な知識が必要になるので、倍率が低い部類に入ります。経理の仕事をメインでしたいという人は、経理に特化した求人に応募すれば採用の確率が高くなると言えるでしょう。
 

経理になるための具体的な方法とは

それでは具体的には、どんな風に経理として働き始めることになるんでしょうか。ここでは学校を卒業してから「新卒採用」で就職するという方法と、経理に関する経験を積んでステップアップするために転職を選ぶという方法の2つを見ていきましょう。

新卒採用から経理に

経理になるための最もメジャーな方法は、高校・専門学校・大学などの学校を卒業するタイミングで経理や会計を扱う職業に就くというもの。学校で経理に関して学んでいたり、専門の資格を取得していれば優遇されることが多いのが特徴です。新卒採用の場合はほとんどが未経験からのスタートになるので、仕事を始めてすぐは事務系の仕事を行い、慣れてきたら経理や会計の専門的な業務を任されていくという流れが一般的だと言えます。

経験を積んでキャリアアップ

また、すでに経理として働いた経験があるという人は、キャリアアップや収入アップのために転職するという方法もあります。経理の仕事内容は職場が違っても、基本的には共通していることが多いので、実務経験がある人は就職の際にかなり有利になるようす。就職活動の際には具体的にどんな業務を行っていたのか、どんなスキルを培ってきたのかを説明するのがポイント。自分の経理としての経験やスキルを履歴書に書いたり、面接で話すと良いでしょう。さらに取得が難しい資格や英語力が必要とされる求人もありますが、そうした求人は給与が高くなる傾向にあるので、収入アップを狙っている人にはオススメです。
 

未経験から経理への転職ってできるの?

経理の求人には「未経験OK」「年齢不問」などと書かれていることも多いので、ほかの職種や他業種からの転職も不可能ではありません。ですが実際には経験者や有資格者が優遇される場合が多いので、まったくの未経験から経理の仕事に就くのは難しいかもしれません。もし未経験から経理の仕事に就きたいと思ったら、「日商簿記」など経理に関する資格を取得しておくことをオススメします。
 
また、ExcelやWordなどのパソコンスキルを持っていることやコミュニケーション能力もアピールポイントになります。経理と直接関係がなくても、自分の得意な分野や強みがあればそれもプラスになるので、これまで経験してきた仕事の中から自分の長所を探して伝えてみるのも良いですね。実質的な経理の仕事は入社してから覚えるというパターンも多いので、まずは採用側に雇ってもらえることを目指してみましょう。
 
画像出典:Brentano / Report260 – Volume II (from Flickr, CC BY 2.0)Sykez Tom / CaLcuLaTor(from Flickr, CC BY 2.0)Me-Liss-A / IMG_0012 (from Flickr, CC BY 2.0)