美容スペシャリストな自分になるために

経理って何をする仕事なの? その仕事内容や必要なスキル、キャリアプランを知ろう!


経理職と言えば、女性向けの求人が多く、性別に関わらずにチャンスをつかめる仕事の一つ。そのため女性からの人気が高く、やりがいのある仕事に就きたいと考えている人にはうってつけの職種です。
 
ですが経理がどんなことをする仕事なのか、具体的には知らないという人も多いのではないでしょうか? 今回はそんな人に向けて、経理の仕事内容をまとめてご紹介。必要なスキルやキャリアプランについても説明していきます。

経理職の仕事内容

経理職というのは、簡単に言うと会社で生じたお金の流れを管理する仕事です。具体的な仕事内容は企業によって異なりますが、社員が申請した経費の精算や、ほかの会社との取引で生じた入出金の管理をする「出納業務」が主な仕事内容。また、会計ソフトなどを使って帳簿をつけたり、請求書や決算書類を作成したりするのも経理の仕事です。
 
また、企業の規模によっては経理だけでなく財務や会計の仕事を任されることもあります。財務とは一言でいうと、会社の資金繰りをする役割を負っている役職です。会社を経営していくための資金計画を立てて、必要な予算を編成。資金を銀行から調達したり、社債を発行したりするのが基本的な仕事内容で、そうした資金繰りのほか資金の管理も行います。
 
そして会計は会社の財務状況や収支について記録し、それを経営者や税理士、株主といった関係者に報告するのが主な業務内容です。そのために財務諸表を作成するので、簿記の資格が必須となるのも大きな特徴ですね。
 

具体的な仕事の流れ

では経理職とは、具体的にどんな風に仕事を行うのでしょうか? もっと具体的に見ていきましょう。日々行う業務としては、現金の出し入れをチェックして記録する「出納業務」や、会社の取引で得られた売上や仕入れで生じた支出を記録し、帳簿を作成することが挙げられます。また、月ごとにも売上分がきちんと入金されているかチェックしたり、仕入れ分の支払いを行ったりする業務があります。そのほかにも社員に支払う給与を計算したり、「貸借対照表」や「損益計算書」を作成して、会社の業績を記録するのも重要な役目ですね。
 
また、企業では決算月から1年を会計年度として、その中間地点で「中間決算」、締めくくりには「期末決算」が行われます。さらに上場企業では1年を3カ月ごとに分けて四半期決算が行われ、その都度の業績が発表されます。なお、決算月を何月に設定するかは会社の裁量に任されていますが、ほとんどの会社が3月決算を選んでいるのが現状です。こうした決算のスケジュールと合わせて、経理職の仕事は忙しくなります。
 

必要なスキル・キャリアプラン

一見ハードルの高い仕事のように見えるかもしれませんが、「未経験可」の求人も珍しくありません。といっても専門的な能力が求められる仕事なので、あらかじめ資格を取ったり準備をしてから就職活動を始めたいところですね。
 
職種的に求められるスキルとしては、まず基本的なところではPCスキルが挙げられるでしょう。データ管理や書類を作成するためにWordやExcelを操作できることは必要不可欠ですし、可能であれば会計ソフトの使い方も分かっていると強みになります。そして会社の経営に関わる重要なデータを扱うため、ミスは絶対に厳禁となる仕事。そのため注意深く仕事ができることや、責任感をもって仕事に当たることが求められるんです。
 
また、できれば簿記の資格も取得しておきましょう。業界的には最低でも「日商簿記」3級程度の知識を持っていることが望ましいとされていて、2級を持っていれば優遇されるというケースもあるようです。
 
さらに会計や会社の経営についての知識を身につけて、専門の資格を取得することで独立して働く道も見えてきます。「公認会計士」や「税理士」といった会計専門職にはそれぞれ国家資格の取得が必要ですが、収入も高いので経営職からキャリアアップする道としてかなり人気があります。ほかにも「ファイナンシャルプランナー」や「経営コンサルタント」など、様々な会計系の仕事があるので、希望の職種を探してみてはいかがでしょうか。