美容スペシャリストな自分になるために

2016年7月19日更新

セラピスト

二児の母とは思えない! スタイル抜群・熊田曜子の“グラビアアイドル流”産後ダイエット


熊田曜子といえば、抜群のプロポーションで人気を集めた元・グラビアアイドル。多くの人を魅了したセクシーショットを見て「こんなスタイルになれたらなあ…」なんて思ったことのある女性も多いのではないでしょうか?
 
今では二人の子どもを産んで、お母さんとしての姿も板についてきた熊田ですが、そのボディラインは健在で、現役のグラビアモデルと比べても遜色がないほどです。それでは熊田は一体どんな方法で、そのスタイルを維持しているのでしょうか。気になる“グラビアアイドル流”の産後ダイエット法を見てみましょう。

産後9カ月で元通りのプロポーションに!

7月11日からグアムで海水浴を満喫していた熊田。12日には自身のInstagramに写真を投稿して、ファンだという“ハローキティ”の柄が入ったビキニの水着姿を披露しました。すると二度の出産を経験しているとは思えない抜群のスタイルに目を奪われる人が続出し、「産後なのに美しすぎる!」「スタイルすごい…日々の努力の賜物なのかな?」と称賛されることに。また、「よく鍛えてるね!」と、腹筋が引き締まったスリムなウエストにも驚きの声が上がっていました。
 


 
2012年に一般人の男性と結婚した熊田は、その年12月に一人目の子どもを出産。そして2015年10月には、二人目を出産しています。それからわずか9カ月ほどでグラビアアイドル顔負けのプロポーションを取り戻したことに驚く人は多く、「出産してそれほど時間経ってないのにこのお腹はすごい」「くびれがあるし、筋肉も鍛えられてるしうらやましい…」「二人も子どもがいる体には見えないね!」といった声が上がっています。
 
また、そうした反響を受けて、翌日13日に熊田はブログを更新。写真を見た友人から「腹筋してるの?」と聞かれたらしく、それに答える形で「腹筋はこの15年間 全くやってないよ」「筋肉質だから やったらすぐシックスパックになると思う」「ほどよく女性の丸みが残ってるのが理想だから 筋肉つけすぎないように気をつけるわ」とコメントしました。これには「どうやったらそんな理想的な体になれるの?」「どうやって産後もスタイル維持してるの!」と疑問に思う人がたくさん現れたようです。
 

グラビアクイーン直伝の産後ダイエット法!

今まで熊田は、ブログで妊娠中の姿を収めた写真“マタニティフォト”を度々公開してきました。そのため出産後にスタイルを取り戻した姿を披露すると、妊娠中とのギャップがよく分かり、大きな反響を呼ぶんですね。第一子を妊娠した際には16キロも体重が増えてしまったという熊田ですが、なんとそれから14キロものダイエットに成功したそうです。彼女が一体どうやって、産後わずかな時間でグラビアアイドル並みのスタイルを取り戻しているのか、気になりませんか?
 

食生活

熊田の心掛けたダイエット法の一つは、食生活を変えること。白米が好きだった彼女はダイエットのために食事を玄米に切り替えて、和食中心の食生活を始めたそうです。玄米とはもみ殻を取り除いた、精米されていないお米のことで、白米よりもたくさんの栄養素が含まれています。とくに食物繊維やビタミンB1、ミネラルが多く含まれていることが特徴で、食物繊維には便秘の解消や体内の毒素を排出するデトックス効果があります。また、ビタミンB1は糖質が脂肪になることを防ぎ、効率よくエネルギーへと変換できるようにしてくれます。さらに玄米は白米と比べて腹持ちがいいとも言われているので、玄米ダイエットは効果抜群なんですね。
 
また、熊田はダイエットをする際にもお母さんとしての自覚を持って、母乳が出やすくなるようニンジンやゴボウといった根菜類を積極的に食べるようにしていたそうです。冬が旬の根菜類にはビタミンやミネラルが多く含まれていて、体を温める効果があります。そのため血流が促進されて母乳がよく出るので、赤ちゃんのためにも良いんですね。また、食物繊維も多いのでダイエットにも効果的で、一石二鳥です。

エクササイズ

熊田は産後、体が落ち着いてから様々なエクササイズに挑戦していました。そこではスクワットやジョギング、バランスボールのほかベリーダンスを試していたようです。ベリーダンスとは中東で発展したダンスで、腰回りを動かすためシェイプアップや、美しいくびれを作るのに有効だと言われています。熊田といえば、引き締まった腹筋も大きなチャームポイント。その秘訣の一つはベリーダンスにあるのかもしれませんね。
 

ベビーヨガ

そのほかにも熊田は、自宅で週に2~3回ベビーヨガを行っていたと言っています。ベビーヨガというのは、産後に赤ちゃんと一緒に行うマタニティーエクササイズの一種。モデルの蛯原友里もマタニティーエクササイズを行っていたことで知られていますよね。
 
ベビーヨガは赤ちゃんとスキンシップしながら、一緒に行う簡単なヨガです。赤ちゃんの体をやさしく動かしながら、ポーズをとらせてあげて腕や足などの筋肉を伸ばしていきます。ベビーヨガを行うことで、赤ちゃんのストレスを解消したり筋肉をつけられるほか、お母さんも子どもの成長を楽しみながら産後ダイエットができてしまうんです。
 


 
 
衰えを知らないプロポーションから、今でも多くのファンがいる熊田曜子。赤ちゃんを産んで幸せな生活を送りつつ、美しい体を保てていることに憧れる人が続出しています。グラビアクイーン直伝の産後ダイエット法を、あなたも参考にしてみてください。

セラピストの関連求人

セラピストになるための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!