美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.08.21

作成:2019.08.20

セラピスト

一度は受けてみたい!人気の【タイ古式マッサージ】の特徴と効果


 

日本にリラクゼーションサロンが数多くある中、タイ古式マッサージを目当てに受けに行く人も多いのではないでしょうか。旅行でタイを訪れた際に、本場のタイ古式マッサージを受けて虜になってしまった人もいるでしょう。仕事帰りに、気軽に疲れた体を癒しに行けるのも人気の理由。

 

何気なく受けている人気の「タイ古式マッサージ」。果たして、どのような特徴があるのでしょうか。また、どのような効果が期待できるのでしょうか。

タイ古式マッサージの特徴


 

タイ古式マッサージは、長い時間をかけてゆっくりと全身の施術をしていくのが特徴です。タイ古式マッサージの歴史は古く、ブッタの主治医だったシヴァカ師が開祖と言われ、約2500年前に仏教とともにタイに伝わり現在まで受け継がれているタイの伝統医学のひとつ。

 

頭の先からつま先までくまなくマッサージを行い、セラピストはヒジやヒザ、足などの体全体を使って筋肉を刺激します。こり固まった筋肉をゆるめることで、血流が促され、人々が持つ免疫力や自然治癒力を高めていく効果があります。

 

タイ古式マッサージと言えば、「痛そう!」といったイメージを持つ人も多いのですが、無理な姿勢を強いられる事はないのでセラピストに体を委ねて良いと言えるでしょう。マッサージを受けている時の脳内はアルファー波で満たされるため、半覚半眠の状態になり精神が安定し、心も体もリラックスしていきます。痛そうなイメージとは違い、大いにリラックス効果を得られるのです。

3つのテクニックを融合

タイ古式マッサージには、どのような技法が取り入れられているのでしょうか。テクニックを3つに分けると下記のとおりです。この3つのテクニックを使って、人々の健康を促進しています。

  • ストレッチ
  • 整体
  • 筋膜リリース

この3種類の技法を使って、部分的にマッサージするのではなく筋膜連結にそって同時に様々な個所にアプローチしていきます。タイ古式マッサージの特徴は、ストレッチ、整体、筋膜リリースといった複数のテクニックを同時に用いることにより、相乗効果を引き出します。

全身へのアプローチ

施術では長い時間をかけて全身をくまなくマッサージします。2~3時間かけて、全体の血液やリンパ液の流れを良くすることで、健康を促進します。痛い部分や凝っている部分だけに着目するのではなく、全体的に施術をして改善を目指して行きます。

 

タイ古式マッサージのひとつとして、肩こり治療には手首や手指の付け根を揉んでいくのですが、このように患部を治療するのではなく人の体を全体で捉えた東洋医学の思想を取り入れてアプローチしています。

瞑想

タイ古式マッサージを受けている時の脳内は、アルファー波で満たされているためリラックスした状態が続き、瞑想に近い状態となります。瞑想法を伴った呼吸法で、圧迫して押すときには息を吐き、緩めるときには息を吸います。

 

最大の特徴として、マッサージする側もされる側も「無我の境地」に近づけることで、自我へのとらわれから解放され、悩みや悪い心などを生じることなく頭の中を真っ白にした状態でマッサージを受ける事が出来るのです。

セラピスト自身の健康

タイ古式マッサージは、「二人ヨガ」とも呼ばれており、お客様だけでなくセラピストの健康にも効果を期待できるのです。一般的にある、「同じ姿勢で同じ方向に圧を加えていく施術」ではセラピストの体に負担がかかりやすくなります。ですが、マットの上で行うタイ古式マッサージはセラピストが様々な姿勢で施術するので、セラピスト自身のストレッチにもなり健康につながります。

 

また、セラピスト側も瞑想により無の境地で施術を行うことで、日々のストレスから解放される時間となります。施術で押すときには息を吐き、緩めるときには息を吸う。この呼吸法は腹式呼吸となり、軽運動も相まってセラピストにとっても健康効果が高いと言えるのです。

タイ古式マッサージの効果


 

気になる効果はどのようなものなのでしょうか。日々の疲れを癒しにタイ古式マッサージを受けに行くという人も多いでしょう。その効果は様々な角度からのアプローチによって促されています。タイ古式マッサージによって期待できる代表的な効果を見ていきましょう。

 

  • 呼吸が安定!
  • 自律神経が整う
  • 関節が動かしやすくなる
  • 歪んだ体が整う

 

呼吸が安定!

タイ古式マッサージは、血液とリンパ液の循環を促し不調となる根本から改善していきます。血液は各器官へ酸素と栄養素を届ける役割をし、リンパ液は体内の老廃物を回収しリンパ節でろ過する役割を担っています。

 

マッサージを受けると、呼吸が長く深くなり半覚半眠の状態でリラックス効果を味わえます。呼吸が浅いと神経機能は鈍化し、筋肉も硬化し、各臓器の働きも低下してしまいますが、ストレッチにより深い呼吸になるので、副交感神経も優位になり体全体の不調を改善していけるのですね。

自律神経が整う

また、自律神経を整えるのに最も効果のあるマッサージと言えるでしょう。体の筋肉が凝り固まっていると自律神経のバランスは崩れ、強いストレスを感じたりするとたちまち交感神経が優位になり、血圧上昇や心拍数増加、筋肉硬直、ホルモンバランスの崩れなどを引き起こします。筋肉を緩め、正しく血液やリンパ液を流してあげることで、自律神経は本来のバランスを取り戻し、副交感神経が優位になります。すると、施術効果によりイライラやストレスの緩和など、精神的な部分までも改善を期待できるのです。

関節が動かしやすくなる

体の筋肉が凝り固まっていると、関節の可動域が狭まります。日頃の生活でつい癖がついてしまった猫背など、自分では意識していないけど姿勢が悪いと言われてしまうなんて事もありますよね。正しくない形で関節が固定され、血液やリンパ液の流れも悪くなっています。そこで、ストレッチや指圧により、筋の拘縮を緩和させ関節の可動域を向上させられます。

歪んだ体が整う

施術によって筋肉が緩まれば、神経や血管、リンパ管の圧迫が解消されるので、日常の不良姿勢(猫背、片側にバッグをかけるなど)やアシンメトリーなスポーツ(ゴルフ、野球など)などで、筋肉のハリや発達、緊張に左右差が生じることで体が歪みます。体が歪むと神経痛、血行障害、内臓の機能低下などの原因になるので、タイ古式マッサージによりあらゆる関節や脊椎などを優しく調整することで左右対称的な体に戻していきます。

 

1度戻せばOKと言うものではなく、あくまでも日頃の生活習慣から見直し改善していかないと癖のついた形へと戻ってしまいます。姿勢など治せるところから気を付けていくと良いですね。あるべき形へ戻し改善していくことが目的ではありますが、様々な効果に期待しつつリラックスして施術を受けてみると良いでしょう。

タイ古式マッサージのよくある質問


 

マッサージは受けた事あるけど、タイ古式マッサージは初めて!という人も多いですよね。タイ古式マッサージを行うサロンがあるのは知っていたけど、なかなか行く勇気がないという人もいるはず。ここでは、よくある質問を紹介していきます。

 
Q.痛みを感じることはあるの?

A.ゆっくりとしたリズムで施術を行うので、強い痛みを感じることなく眠ってしまう人もいます。血液の巡りが悪くなっている部分は痛みを感じることもありますが、老廃物の詰まりを流し施術後にはすっきりと体が軽くなります。

 
Q.服装は何でも良いの?

A.基本的にはサロンで着替えが用意されています。リラックスした状態でタイ古式マッサージを受けられるように、ゆったりとした施術着が多くタイ伝統の「タイパンツ」が用意されていることも。

 
Q.体が硬いけどマッサージを受けられますか?

A.問題ありません。むしろ、体が硬い人ほど効果が期待できるのです。体が硬い人の特徴として関節の可動域が狭まっている事が多いので、マッサージによって筋肉の凝りをほぐし神経や血管、リンパ管の詰まりをなくしていきます。施術を受ける前より、体を動かしやすくなっていることでしょう。

まとめ


 

いかがでしたでしょうか。タイ古式マッサージに興味を持っている人も、是非、受けてみてくださいね。自分ではわからなかった体の不調に気が付くチャンスかもしれません。

 

なんだか調子が良くないなと感じていた人も、施術を受けた後は血行が良くなり体がすっきりするはずです。タイ古式マッサージを取り入れて健康を取り戻しましょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

セラピストの仕事に就くための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!