美容スペシャリストな自分になるために

更新:2021.07.07

作成:2021.07.05

セラピスト

エステサロンや外資系ホテルなどで活躍するスパセラピストのお仕事や資格


 

エステサロンやビューティーサロンだけでなく有名ホテルなどのスパサロンで活躍する「スパセラピスト」。スパセラピストとは一体どのような職業なのでしょうか。ラグジュアリーな店内で働けて非現実的な空間で活躍できる事に憧れを抱く人もいる事でしょう。今回は、スパセラピストのお仕事資格技術習得の場についてご説明します。是非、参考にしてみて下さいね。

 

INDEX
■スパセラピストとは
■スパセラピストのお仕事
■スパセラピストに必要な資格
■スパセラピストのためのスクール
■まとめ

スパセラピストとは


 

スパセラピストとは、一般的なセラピストとは違い美しさを追求するだけでなく健康や癒しに関する知識やスキルを有し、お客さまに施術を提供できる人の事をいいます。また、外資系ホテルなどのスパサロンで働く人を、スパセラピストと呼ぶ事もあるのです。

 

基礎知識を習得できるスクールに通ったりエステサロンで働いたりと方法はいくつかあるものの、知識や技術、経験を必要とするため誰でもなれる職業ではないようですね。

スパセラピストのお仕事

スパセラピストのお仕事は、数あるセラピーの中で「美・健康・癒し」を融合させてボディーマッサージやトリートメントなどを提供します。活躍の場は、エステサロンや外資系ホテルのスパサロンなど非現実的な空間である事がほとんど。中には、五つ星ホテルや豪華客船にサロンがある事もあり、働きながら特別感を得られるのも人気の理由でしょう。また、国内だけでなく海外にサロンを置く事もあるので、海外勤務に憧れる人にとってピッタリなお仕事と言えるでしょう。

 

業務内容としては、カウンセリングを丁寧に行なうことから始まります。スパサロンには癒しを求めて訪れるお客さまも多く、疲れの原因やお悩みまでヒアリングしていくと良いでしょう。また、アロマトリートメントなどのセラピスト業務はもちろんの事、予約管理や受付、顧客管理やお問い合わせ対応まで店舗運営に関する業務を全般的に担当する事もありますよ。スパセラピストのお仕事は、サロンによって資格を持っていなくても働ける場合もあるので全くの未経験からスタートする人も多いのです。

 

スパセラピストに必要な資格

スパセラピストになるために絶対に必要な資格というのはありませんが、「専門的な知識や技術をしっかり習得してから就職したい!」という人も多いのではないでしょうか。ここでは、スパセラピストとして活躍していく上で、役立つ資格があるのでご紹介します。就職のためだけでなく、スキルアップのために資格取得にチャレンジしてみても良いかもしれませんね。

CIBTACが認定する「スパセラピー」


 

イギリスの資格認定機関CIBTACが認定する「スパセラピー」の資格にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。スパセラピーの他にも、ビューティーセラピーや補完療法など多彩なキャリアをサポートする資格が存在します。ライセンスの取得には、認定校での受講が必要になるので知識と技術をしっかり身に付けて資格取得に挑めるのではないでしょうか。

CIDESCOが認定する「Beauty Therapy Diploma」「Aroma Therapy Diploma」「Spa Therapy Diploma」


 

1946年にベルギーで設立されたCIDESCO(シデスコ)は、エステティックの教育機関として世界的に認められた国際団体なので、CIDESCOが認定する資格を取得しておくと技術が身に付くだけでなく、エステティシャンとしての箔がつくのではないでしょうか。「Beauty Therapy Diploma」や「Aroma Therapy Diploma」、「Spa Therapy Diploma」の資格取得に挑戦するのも良いですし、「CIDESCOセラピスト」となるために定められたカリキュラムを受けるか規定の経験年数を積んでいくというのも良いでしょう。

 

スパセラピストのためのスクール

知識や技術を身に付けたいけど、就職したサロンでは細かい事まで教えてもらえない…」などと学習の場を求めている人もいるのではないでしょうか。スパセラピストとして持っていると有利になる資格を取得出来たりスキルアップを目指せたりするスクールをご紹介します。ここで紹介するスクール以外にも、たくさん存在するので目的に合わせて通うスクールを決めていきましょう。

NISPAC日本スパカレッジ


 

日本スパカレッジは国内で唯一「CIBTACスパセラピーディプロマ」を取得できる教育機関です。入学者は18歳から60歳と定められていますが、CIBTACのスパセラピー資格を目指す人にはおすすめ。一人ひとりに合わせたカリキュラムを活用して技術を身に付け、スパセラピーの合格率は99%と高い水準になっています。

 

また、海外でセラピストとして働きたいという人には「CIBTAC 国際スパセラピスト 総合コース」に入学するなど、セラピストが世界で活躍するためのノウハウも学ぶ事ができるのです。このようにセラピストの進路が無数に広がるというのは、可能性を広げる事にも繋がりますね。

タカラ・インターナショナル エステティック カレッジ


 

タカラ・インターナショナル エステティック カレッジは、美容業界大手タカラベルモントが運営する歴史あるスクールです。国内外の主要エステティック団体認定校なので、CIDESCOCIBTAC日本エステティック協会の資格を取得できるというのも良いですよね。スパセラピーやエステティックの技術を極める事ができるので、エステティシャンやセラピスト業務に携わる人々のためのスクールと言えるのです。

 

東京大阪福岡にスクールが存在し、自宅から通える距離であれば検討してみても良いかもしれませんね。また、どのコースで始めるべきか迷っているという場合には、随時行われているスクール見学に行ってみるのもおすすめです。

まとめ


 

美・健康・癒し」を融合させてボディーマッサージやトリートメントなどを提供するスパセラピストについてご紹介しました。リラクゼーションサロンや有名ホテル、リゾートスパなど活躍の場は多くありますが、専門知識や技術が必要なため誰でもできるお仕事ではないようです。

 

しかし、スクールなどに通ってしっかりスキルを習得すれば活躍の機会を増やしていけます。スパセラピストに関する資格には、国際資格もあるので海外で働きたいという人もチャレンジしてみる価値はありそうです。

 

人間の体の仕組みを理解し、癒しを求める人や美しいボディーを手に入れたいという人のサポート役となり、お客さまの信頼を勝ち取れるスパセラピストを目指しましょう!

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

セラピストの仕事に就くための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!