美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.27

セラピスト

アロマセラピストの知識を学ぶために!上手な学校の選び方

女の人

 

アロマセラピストとしての目的を明確にする

アロマセラピストとして資格を取得し知識を得て、どのようなアロマセラピストになりたいのか、どのようなアロマセラピーを行っていきたいか、まずは自分自身の目的やビジョンをしっかりと持ちましょう。

アロマを趣味として楽しみたい・マッサージを中心にサービスを提供していきたい・アロマ販売に生かしたい・講師として活躍したい、目的は人それぞれ違ってくると思います。

コース・内容・特徴・資格

机

 

アロマセラピストとして知識を得て資格を取るために、学校の選び方はとても重要になってきます。まずは、自分自身の目的をはっきりさせたうえで、コース・内容・特徴・取得できる資格などをいくつかの学校を比較するようにしましょう。

自分が学びたいコースがあるか、学びたい内容が合っているか、希望している資格を最終的に取得することができるかどうか、比較し確認するようにしましょう。

比較内容

アロマセラピストとして、どのような知識を得ることができるのか少人数のアットホームなスクールか、大人数で学ぶスクールかアロマセラピー・リラクゼーション・リフレクソロジー・エステ部門など、何が学べるのかどのような認定団体か(アロマセラピストは民間の資格になっており、協会が複数あります)

最終的にどのような資格が取れるのか自分自身の目的に合った学校をしっかり選ぶようにしましょう。

学費・期間・就職先

色鉛筆

 

アロマセラピストとして資格を取得するための学校選びの際、コース内容の他にも、学費・学校へ通う期間・卒業後の就職先などもしっかり比較しておきましょう。

比較内容

  • 入学金や学費はどのくらい掛かるのか、支払い方法はどのような種類があるのか
  • 学校へ通う期間はどのくらいか(3ヶ月、6ヶ月、1年、2年など)
  • 学生・主婦・転職のための昼間のコースはあるのか、仕事をしながらの夜間コースはあるのか
  • 卒業の就職先には、どのようなところがあるのか

アロマセラピストの資格を取るために、上手な学校の選び方をご紹介いたしました。

学校へ通い資格を取る際、事前にきちんと自分自身と向き合い、目的やビジョンを明確にしたうえで、しっかりとスクールを比較しリサーチしてから選ぶようにしましょう。資料やホームページを見ただけでは学校の雰囲気は分かりません。スクール説明会や体験入学を行っている学校もありますので、積極的に参加しましょう。

気になることは質問をして、先生との相性や学校の雰囲気を確認することも大事です。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

セラピストの仕事に就くための情報まとめ

セラピストになるには何が必要? セラピスト志望者向けのスクールや資格について!

人の心や体に働きかけて癒しを与えるセラピストという仕事。ボディケアセラピーやメンタルセラピーなど種類は様々ですが、どれもストレス社会で疲れた人に需要があるという点は同じです。今回はセラピストを目指す人に、方法や必要な資格は何かについて解説していきます。

英語力で収入がアップする!? セラピストに必要な英単語や学び方とは

外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、美容を含めたサービス業全体に“英語での接客”が求められています。セラピストにも英語で接客できる能力が必要とされるだけではなく、実は英語力を身につけることで収入アップにもつながる可能性があるのです!