美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.03.31

作成:2017.03.30

ブライダル

ブライダルプランナーに転職するときに有利な資格は?

ろうそくと花

 

ブライダルプランナーとは

ブーケ

 

ブライダルプランナーとは、式の日取りや予算を確認するところから始まり、新郎新婦の要望を取り入れながら、予算内で希望通りの披露宴にするために、提案やサポートをしていくお仕事です。

ブライダルプランナーの仕事内容は、披露宴をトータル的にプロデュースすること。式の日取りや予算、どのような披露宴にしたいのかなど要望をヒアリングしていきます。式のテーマが決まれば、イメージに合わせて提案し、式場のレイアウト・照明・音響・装花・司会者・BGM・ドレス・料理・プログラム・演出など、式の数ヶ月前から何度も打ち合わせを重ね決定していきます。

ブライダルプランナーの魅力

ドレスの女性とタキシードの男性

 

ブライダルプランナーの魅力とは、一体何なのでしょうか?

ブライダルプランナーの魅力

  • やりがいがある
  • 仕事をやり遂げた後の達成感がある
  • 新郎新婦の喜ぶ顔を見ることができる
  • 新郎新婦から最高の感謝の言葉を受け取ることができる
  • 自分の提案しことがカタチになり、成功する達成感を味わうことができる
  • 新郎新婦のシアワセを1番近くで体感することができる

ブライダルプランナーの魅力は、なんと言っても一生に一度の晴れ舞台のお手伝いができること、また新郎新婦から感謝されることではないでしょうか。

ブライダルプランナーへの転職で有利になるポイント

ブライダルプランナーになるための国家資格はありませんが、ブライダルプランナーへの転職で有利になるポイントは、どういうものがあるのでしょうか。

ブライダルプランナーへの転職で有利になるポイント

  • 転職の場合、社会人経験があるため、一般常識やビジネスマナーが身についている
  • ブライダルプランナーに関する資格を取得している
  • 接客業を長く経験していた(接客業が好き)
  • 営業職に長く携わっていた(営業が好き)
  • コミュニケーション能力が高い
  • 企画力がある

ブライダルプランナーへの転職する際、このようなポイントが重要になってきます。新卒より有利なことも多くありますので、ブライダルプランナーへの道を諦めずに邁進していきましょう。

また、ブライダルプランナーの民間資格には、以下のような資格があります。

全米ブライダルコンサルタント協会

  • ブライダルプランナー検定1級、2級
  • アシスタントブライダルプランナー
  • プロフェッショナルブライダルコンサルタント

日本ブライダル事業振興会

  • アシスタントブライダルコーディネーター
  • BIAブライダルコーディネーター検定

ブライダルプランナーに転職するために、押さえておきたいポイントはいくつかあります。しっかり準備して、転職するようにしましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す