美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.25

ネイリスト

自宅の爪切りどう使う? 正しい“セルフネイルケア”の方法とは

手元全体の美しさは綺麗な爪から。女性ならば誰しも、艶のあるピカピカな爪を保っていたいものですよね。しかし自分でネイルケアをやってみると「爪が割れてしまった!」などトラブルに見舞われてしまうこともしばしば。そこで今回は自宅で出来る正しい“セルフネイルケア”の方法を紹介します。

セルフネイルケアの基本

ネイルケアはまず爪の形を整え、それから甘皮処理を処理するというのが基本的な手順となります。爪の形を整えるのに必要なのは“ヤスリ”と“爪切り”の2つだけ。どこの家庭にもあるような道具ですが、使い方次第でかなり綺麗な爪の形を作ることが出来ます。
 
まずは爪切りでカットしていき爪の形を整えていきます。この時に注意してほしいのは1度にたくさん切らないこと。爪が弱い人の場合は“ひび割れ”の原因となってしまうので、少しずつ端から切っていきましょう。爪を切る前にお湯で爪を柔らかくするのも効果的です。カットする長さは、ヤスリで削る分も考えて1mmほど長めに切ってください。
 
その後はヤスリで角をとっていくのですが、手の甲を上にした時に爪とヤスリの角度が45度になるように傾けて削っていきます。またノコギリのように何度も往復させるのではなく、1つの方向のみに動かしていくとより綺麗な仕上がりに。
 
爪の形を整えたら次は甘皮処理。甘皮とは爪の根本にある薄い膜のことで、しっかり処理してあげると爪が美しく見えます。ここで準備するのは甘皮を処理するための棒状のもの。ウッドスティックなどがあると便利です。やり方は簡単で、お湯で甘皮をふやかしたらスティックで押し上げるように取り除いていくだけ。また甘皮処理の専用リムーバーなども売っているので、利用してみましょう。

形を整えた後は爪をピカピカに!

ここまででも爪のお手入れとしては十分ですが、爪の表面を磨いてあげると光沢が生まれ、さらに綺麗に仕上げることができます。爪を磨く作業のことを一般的には“バッフィング”などと呼び、爪を磨くための道具を“バッファー”と呼びます。このバッファーを使って爪を磨いていくのですが、その後に“シャイナー”で磨いてあげるとより光沢が生まれ効果的。バッファーとシャイナーが1つになっているグッズも販売されており、とても便利なのでオススメです。
 
爪は乾燥に弱いので、最後にネイルオイルを塗るのも忘れずに。また日頃からハンドクリームを爪までしっかり塗ることで、綺麗な爪を保てますよ。日々のお手入れをかかさずに、ネイルアートにも負けない美しい“すっぴん”爪を手に入れてください。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。