美容スペシャリストな自分になるために

面接官もドン引き!? 「信用できない志望動機」「不潔な服装」「書類不備」など転職活動で絶対に避けるべきポイントとは!


社会人として働いていく内、さらに高みを目指したいと思った人は転職を考え始めるもの。また、ブラック企業が取り沙汰されている現代において、「待遇が悪い」「残業が多い」などの理由で転職を決意する人も多いはずです。しかし肝心の面接や書類が中々通らない…と悩んでいる人もいるんじゃないでしょうか?
 
そこで今回は、転職活動中に面接などでやってしまいがちな“絶対にNGな行動”をご紹介。避けるべき志望動機や服装、必要書類の書き方についても取り上げていきます。イージーミスやつい陥ってしまう失敗を回避して、転職活動を成功させましょう。

門前払いになってしまう「志望動機のNG」

学生の時の就職活動などで、もう志望動機の話は聞き飽きているかもしれませんが、社会経験を積んでから行う“転職ならでは”の落とし穴も存在します。転職時の面接でまずNGなのは、「やたらと待遇や就業条件の話をする人」。より良い環境で働くためには条件面を確認しておくことは大切ですが、「この人採用してもすぐ好待遇な別の会社に転職しそう」とも捉えられかねないので要注意です。また同じく「前の会社の待遇が悪かったので」とぶっちゃけてしまうのも、転職を繰り返す“転職人間”と思われるのでやめておきましょう。
 
また、それまで勤めていた会社より小さな会社に転職する時に言ってしまいがちなのが、「大きい会社で出来ないことをやりたい」の様な、どこか上から目線の志望動機。自分ではそうは言ってないつもりでも、会社の規模や仕事の量などの話に触れると、どうしても上から目線の物言いになってしまうので注意が必要です。自分が転職先の企業にとって有益な人材であるという点だけをスマートに伝えましょう。
 

なかなか面接にたどりつけない! 必要書類のNG

転職に失敗する原因として意外に多いのが、「職務経歴書」など必要書類のイージーミス。「自分はそんなミスするはずない!」なんて思っていても、職務経歴書は履歴書と一緒に提出するため、記入漏れがあったり最悪名前欄が空白なんて人もちらほら見かけます。そんな書類は一発でシュレッダー行きなので十分に気を付けましょう。また、必要書類をパソコンで書いている人は、フォントがばらばらになってしまう事にも注意が必要。面接を受ける前から仕事ができない印象を与えてしまうので、提出する前に再度確認を。
 
また、職務経歴が長すぎるのも困りものです。送られてきた書類が小説一本ほどの分量だと読む方もうんざりしてしまいます。結局目を通さずそのまま捨てられてしまう、なんてことも実際にありますので、多くても4枚程度に収めましょう。

社会常識を再確認していざ勝負! 面接のNG

そしてNG行動に一番気を付けなくてはならないのが「面接」です。まずやってしまいがちなのは「やめた会社の悪口を延々と語りだす」こと。当然、転職前の会社を退職した理由は聞かれるわけですが、ここでネガティブに「待遇が悪かった」「やりたいことが出来なかった」と愚痴になってしまうのはNG。また、前の会社を落として転職先の会社を持ち上げる、という意図で悪口を言ってしまう人もいますが、これもプラスの印象は与えられないでしょう。
 
そして当然の事ながら、以前辞めた会社の情報の取り扱いには注意が必要です。情報漏えいは、自分の社会的な立場を脅かす理由になってしまうだけでなく、転職先の相手からも「信用できない人だな」といった印象を持たれてしまいます。事前にどこまでなら話していいかリストアップするなどして、対策しましょう。
 

不潔な格好は絶対ダメ! 服装のNG

良い印象を持たれるためには、見た目の印象ももちろん大事。企業によってドレスコードは様々なので、なるべく事前に把握しておきたいものです。とはいえどのような企業でも共通して言えるのが、不潔な格好やだらしない格好はNGということ。特に気を付けたいのはスーツのサイズ感で、自分の身長に対して大きめだとどうしても不格好な印象を与えてしまいます。そのため、若干タイトなくらいのサイズがオススメです。
 
また、先のとがった靴や派手なネクタイなど、個性的すぎるアイテムも避けるのが無難です。大事なのは見た目よりもやっぱり中身。服装で必要以上に個性を演出する必要はありません。それと手首には必ず腕時計をしましょう。スマートフォンの普及などで時間を確認できるものが増え、腕時計を付けない人も増えていますが、職場によっては社会人=腕時計が常識としてまかり通っているところもあります。逆に腕時計をつけているのがNGな会社はほとんどないので、とりあえず巻いておいたほうが良いでしょう。