美容スペシャリストな自分になるために

旅の充実度を左右する「ツアーコンダクター」とは!? 仕事内容や特徴・スキルに注目


疲れた時やリフレッシュしたいときに、旅に出かけることってありますよね。旅行好きな人も多いので、旅行プランやツアーを扱う旅行代理店の仕事は人気の職業。なかでも最もお客様に接することができるのが「ツアーコンダクター」です。
 
今回はそんなツアーコンダクターの仕事内容に注目。添乗員としてツアーに同行する以外にしなければならないことや、ツアーコンダクターに向いている人の特徴、必要なスキルなどをご紹介します。

ツアーコンダクターの仕事内容とは

ツアーコンダクターとは、旅行会社が企画したツアーパックやプランに同行して、お客様の旅がスムーズに進行するように案内する人のこと。添乗員と呼ばれることもありますね。旅のサポートはもちろん、お客様に喜んでもらえるような案内をするのも仕事のうち。ツアーコンダクターの仕事は大きく3つに分けることができるので、順番に見ていきましょう。

まずは「下準備」からスタート

ツアーコンダクターの仕事は、お客様に同行する旅行の下調べからはじまります。ツアー内容を確認することはもちろん、旅行先や立ち寄る場所についての情報を頭に入れたり、飛行機や鉄道などの時間や旅行客のリストに目を通して問題がないかを確認。また、流れの確認だけではなく、企画内容に沿った準備も重要です。たとえば、観光が目的の場合にはその場所にあわせた歴史や逸話などを知っておく必要がありますし、グルメやショッピング目的の場合はオススメのお店情報を調べておけば、お客様に説明してあげることができますよ。

アドリブ続きの旅行本番

準備がしっかりできたら、いざ旅行に出発! ほとんどが団体行動になるので、タイムスケジュールに遅れないように案内していかなければなりません。当日は空港での出入国や、ホテルでのチェックイン・チェックアウトのやり取り、食事やイベントの準備を行います。お客様を案内しながらこれらの手続きをこなさなければならないため、なにかと大忙し。また、旅行中はケガや体調を崩す人、忘れ物など、トラブルが発生することも少なくありません。不測の事態にもしっかりと対応できるように常に気を配っていることも大切です。

後片付けまでキッチリと

ツアーコンダクターの仕事は旅行から帰ってきたら終わり、と考えている人もいるかもしれません。しかし、旅行後にも仕事はたくさん。必要経費の精算作業や旅行での報告書の作成、トラブルがあった場合にはそれらの原因や対処方法なども報告。下調べ→案内→報告と、オフィスワークと現地での案内をひとりでこなすのがツアーコンダクトの仕事なんですね。
 

ツアーコンダクターに向いている人って?

ここまで見てみると、なんだか大変そうだなという印象が強いですが、辛いことばかりではないんです。仕事とはいっても旅に行くことに変わりはないので、さまざまな場所に行く機会が増えますし、その土地に関する知識も増えるので、旅好きにはたまらないですよね。
 
そして、お客様が楽しいと思える旅行にできるかどうかはツアーコンダクター次第と言っても過言ではありません。お客様がどう感じているかを最も身近に見ることができる職業でもあるので、人と接する仕事がしたいという人にはオススメですよ。
 

ツアーサポートに必要なスキル

ツアーコンダクターの仕事に最も必要なのはリーダーシップ。数人~数十人の団体を時間に遅れることなく案内しなければならないので、お客様をまとめる力が重要なんです。ほかにも、トラブルを未然に防ぐために事前準備の段階で確認が必要な項目や問題点を見つけ出すスキルも必要。ただし、これらの能力は経験で補うこともできるので、“お客様に楽しい旅を送ってもらいたい”“旅の楽しさを味わってもらいたい”という気持ちを持っていること人は、ぜひツアーコンダクターを目指してみてはいかがでしょう?